ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報) ‐旅行・おでかけ‐兵庫県豊岡市

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報)

大阪発!旅行やお出かけ、食べ歩きブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ‐旅行・おでかけ‐兵庫県豊岡市

「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(4)ファーマーズマーケット たじまんま(兵庫県豊岡市八社宮)

s-P1011112.jpg
s-P1011216.jpg
JAたじま隣にあるファーマーズマーケットたじまんまへ
但馬の地産品が格安で買えます。

s-P1011230.jpg
s-P1011231.jpg
但馬牛もありましたよ。但馬地鶏が安くて買いたかったんですが
保冷バックでも持ってくればよかったです。

s-P1011229.jpg
豊岡の卵(とよおかっこ)

s-P1011227.jpgs-P1011226.jpg
s-P1011228.jpgs-P1011223.jpg
沢山売られている中で気になったのは、ずいきに
新温泉町のはたがなる大根や豊岡ピオーネ、梨。

s-P1011234.jpg
電車なので重たくないピオーネとピーマンを購入しました。

s-P1011235_201509211254221b6.jpg
s-P9200130.jpg
コウノトリ米も購入できます。
重くて持って帰れない場合は郵送もできますよ。

s-P1011239.jpgs-P9200126.jpg
コウノトリ育むお米の米粉で作られたバームクーヘンです。

cocoroのバームクーヘンは、ミラノの国際博覧会でも紹介されたんだどうです。

s-P1011237.jpgs-P1011236.jpg
試食させていただきましたが、生地がとてもきめ細かいです。
しっとりとしていて、私の知っているバームクーヘン(パサっとしたもの)
と違うなと思いました。楽天市場からも購入できます。→こちら

s-P9200163.jpg
帰ってからいただきましたが、
ピオーネが甘くて美味しい♪あっという間になくなりました。

つづく

前記事
「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(1)(生き物調査編)
「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(2)(稲刈り編)
「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(3)(コウノトリ米実食編)

ファーマーズマーケット たじまんま
兵庫県豊岡市八社宮490
城崎温泉より車で約20分
9:00~18:00 
0796-22-0300
スポンサーサイト

「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(3)(コウノトリ米実食編)兵庫県豊岡市

s-P1011200.jpg
s-P1011111.jpgs-P1011108.jpg
田んぼの生き物調査、稲刈り体験後はお待ちかねの(笑)実食です。

私達はコープ自然派のイベント
9/20 コウノトリ米 稲刈りと秋の田んぼ 生きものさがし
に参加させていただきました。
定期的にツアーを実施しているようで、もし参加されたい方は
サイトをチェックしてくださいね。会員300円、非会員450円で参加ができます。
兵庫県のイベント大阪のイベント

s-P1011204.jpg
s-P1011199.jpg
釜炊きのコウノトリ育む銀シャリ新米(コシヒカリ)と豊岡の卵(とよおかっこ)

s-P1011202.jpg
秋野菜の煮物です。

s-P1011205.jpg
出汁の入った醤油なのでたっぷりかけてみました。
生卵が苦手な場合はふりかけもあります。

せっかくの新米コシヒカリなのに
私も白ごはんだけで食べればよかったですが。

s-P1011206.jpg
煮物と一緒にいただきます。

s-P1011211.jpg
具沢山な煮物。大鍋で作るとホント美味しいですよねー。
汁まで全部いただきました。

s-P1011209.jpgs-P1011212.jpg
たまごがけ御飯も美味しくてペロッと完食しました。
お茶は何気なく飲んでいたけど、ここで生産された茶葉使用なんですって。

12042785_877039272376710_6174536211267803254_n.jpg
コウノトリ育むお米の特徴です。

粘りの強いお米大好きです。冷めても美味しいからおにぎりに最高なんですよね。

s-P1011238.jpg
美味しくて安全なコウノトリ育むお米ですが、
JAたじまんまでも売られていました。5kg3213円(税込)

無農薬ですので若干高めですが、
楽天市場でも値段はそう変わりません。→こちら
キロ単位でも購入可能です→こちら
玄米や精米、5分引きなども選べますよ。

つづく

前記事
「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(1)(生き物調査編)
「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(2)(稲刈り編)

コウノトリ米 稲刈りと秋の田んぼ 生きものさがし
特別栽培米 兵庫県但馬産こしひかり コウノトリ育むお米

「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(2)(稲刈り編)兵庫県豊岡市

s-P1011192.jpg
生き物調査の後は稲刈り体験です。


s-P1011196.jpg
s-P1011171.jpg
お子様はコンバインの中に実際乗って運転もさせてもらえます。
大人は狭いので、一緒に乗ることはできないようです。


自脱型なので素早く脱穀もできるんですねー。
水分を飛ばす作業もこれでできるのかな?

s-P1011187.jpg
s-P1011184.jpg
昔ながらの手作業で稲刈りしてみました。人生初です。

s-P1011179.jpg
思ったほど力は要りませんね。次々と刈ることができて楽しいです。

s-P1011182a.jpg
s-P1011186.jpgs-P1011188.jpg
初稲刈りはほんと楽しかったです♪田植えもやってみたいなぁ(笑)

s-P1011178.jpg
収穫した稲はしばらく天日干しにして水分を飛ばす必要があります。
お米って食べるまでとても大変な作業で作られてるんですね。
お米一粒一粒大事にしようとおもいました。

s-P1011122.jpg
秋ですねー。彼岸花が沢山咲いていました。

実食偏へつづく

前記事
「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(1)(生き物調査編)

生き物も育む コウノトリ育むお米稲刈り交流

「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(1)(生き物調査編)兵庫県豊岡市

12047114_877041192376518_7487950375359209871_n.jpg12032987_877018969045407_2132966247470697313_n.jpg
兵庫県豊岡市へ、コウノトリ復帰プロジェクト産地体験ツアーに参加してきました。

近代化が進むにつれてコウノトリが激減し、
明治時代には豊岡でしか見られなくなりました。
右写真の様に、田んぼに沢山のコウノトリが居たのです。
品種改良や害虫駆除の為に使っていた農薬や化学肥料が原因で
豊岡に居た最後のコウノトリも1970年に絶滅してしまったそうです。

田んぼには沢山の虫が湧きますが、それを食べる鳥や虫がいて、
また稲刈り後の残った稲も巣に持ち帰ったりと
田んぼは人間以外の生き物の役にも立っていたんですね。

現在ではあまり害のない農薬に変わっているそうですが
農薬や化学肥料に頼らず、無農薬または低農薬で
かつ美味しいお米を作っているのが豊岡で、
そのお米は「コウノトリ育むお米」というネーミングで販売されています。

12020057_877009252379712_2600301673006606092_n.jpg
一般的に田んぼは収穫後春まで水を引きませんよね。
6月ごろ、根を丈夫にするために中干をしますが、
丁度オタマジャクシがカエルに、ヤゴがトンボになるころなんですよね。

12032990_877163829030921_4831665942066018908_n.jpg11998951_877163819030922_2433203932237275030_n.jpg
コウノトリ農法では、中干をできるだけ延長し、
冬場も田んぼに水を貼ることで生き物が減らないようにしています。
除草剤や農薬を使わず、微生物や米ぬかなどを使用し、
人と自然が共生する豊かな環境を目指した自然農法なのです。

s-P1011121.jpg
前置きが長くなりましたが、
コウノトリ米 稲刈りと秋の田んぼ 生きものさがし」生き物偏です。

コウノトリ育む農法では、田んぼにどのような生き物が生息しているかを調査します。
JAたじまさんの裏手にある田んぼへ。

s-P1011128.jpgs-P1011109.jpg
長靴と軍手は持参です。スニーカーの人がいましたが、
ドロドロになっていましたよ。借りる事もできるようです。

s-P1011129.jpgs-P1011130.jpg
網や虫かごは貸してもらえたので私も虫やカエル取りに挑戦しました。

s-P1011131.jpg
収穫後のドロドロとした田んぼの中へ。なるべく稲の絨毯の上を歩きます。

s-P1011134.jpg
s-P1011135.jpg
大きなカマキリ

s-P1011137.jpg
子供のカエルを捕まえました。

s-P1011140.jpg
ケースの外から見ると可愛いですね♪何考えてるんでしょう。

s-P1011150.jpg
私が捕まえたのは土カエルのようです。

s-P1011153.jpg
参加者が30分で捕まえた生き物を種類ごとに集めてみました。
(捕まえた生き物は田んぼへ返します。)

s-P1011155.jpg
色んな種類のカエルが大漁。

s-P1011154.jpg
s-P1011166.jpgs-P1011164.jpg
とてもおとなしいんですよ。されるがままで危機感ゼロ。

こうして子供たちが虫やカエルと触っているのを見ると
私も触りたくなってきました。昔は平気だったんですけどねー。
どうして大人になると怖くなるんでしょうね。

s-P1011168.jpg
私も触ってみました。思った通りぷにぷにしていました。

s-P1011152.jpg
写真は分かりにくいですが、タイコウチなどもいます。

s-P9200120.jpg
今日みつけた生き物です。ほんの30分でこれだけの生物がいました。

稲刈り偏へ続く

JAたじま
兵庫県豊岡市但東町出合108
生き物も育む コウノトリ育むお米稲刈り交流

但馬旅行2日目 兵庫県立コウノトリの郷公園 こうのとりの郷公園(兵庫県豊岡市祥雲寺字二ヶ谷)

P9291763s-.jpg
国の天然記念物。こうのとりが見たくて立ち寄ったのは、

兵庫県立コウノトリの郷公園
香住からまた豊岡まで戻ってきました。
コウノトリを見ることができるのか心配だったんですが、
羽根を切るなりして(?)飛べない状態で飼育、繁殖させているため
必ず見れるんですね。(ほっ)
野生化したこうのとりも増えているそうです。

P9291762s-.jpg
可愛い…。ここから幸せ発信。
コウノトリの郷公園に訪れると子宝に恵まれる…。
紀子様も来られ、その後御懐妊されたとか。

P9291764s-.jpg

入場料は100円です。

コウノトリの折り紙がもらえますが、どこかへ紛失してしまいました。^^


P9291767s-.jpg
P9291766s-.jpg
コウノトリの剥製。
羽根の部分が黒く、目と足が赤いのが特徴。
飛んでいればすぐにわかります。

P9291769s-.jpg
P9291771s-.jpg
コウノトリが居ました。
飛んでる所もみたんですが、写真は撮れず。

P9291770s-.jpg
この写真もかなりズームしていて遠い…。

P9291772s-.jpg
巣はこんな感じだそうです。痛そう。

P9291773s-.jpg
P9291760s-.jpg
売店などもあり、13時過ぎていた事もあって
ついつい食べて行きそうになったけど…。
ここまできてたこ焼きとかは避けたいので次に移動します。
つづく

兵庫県立コウノトリの郷公園
兵庫県豊岡市祥雲寺字二ヶ谷128番地
9:00~17:00
1人100円必要です。駐車場無料
ヤシの木PHOTO ALBUM 台湾旅行 (2014.2.19~21) グアム旅行 (2013.05.26~05.30) タイ旅行 (2010.11.10~11.14) グアム旅行 (2010.4.28~5.1) ハワイ旅行 (2008.3.27~4.2) 台湾旅行 (2006.7.1~3) サイパン旅行 (2005.4.22~24) ハワイ旅行 (2004.1.4~13) ハワイ旅行 (2001.9.24~31) ジャンル別まとめ 大阪府 北部・東部の おでかけスポット 大阪府 南部の おでかけスポット 関西 椎茸狩り、いちご狩り、 ブドウ狩り、潮干狩り、みかん狩り 西国三十三霊場 札所まとめ 関西BBQスポット 関西お花見スポット 記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
ブログタイムズ


相互リンク ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
記事検索
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ