ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報) おでかけ‐大阪府八尾市

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報)

大阪発!旅行やお出かけ、食べ歩きブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ おでかけ‐大阪府八尾市

聖徳太子古戦場 大聖勝軍寺(大阪府八尾市太子堂)

s-P1013091.jpg
河内三太子と呼ばれる寺院

河南町 上之太子 叡福寺(えいふくじ)
羽曳野市 中之太子 野中寺(やちゅうじ)
八尾市 下之太子 大聖勝軍寺(だいしょうしょうぐんじ)の内、
太子堂(下の太子)大聖勝軍寺へ立ち寄りました。

八尾の太子堂交差点近くにあります。
18:00まで空いていたので訪れる事ができました。
西から車で来た場合、境内前に駐車スペースがあります。
東から来た場合、図書館にタイムズがありますよ。

s-P1013086.jpg
入口には古戦場の石碑があります。

s-P1013087.jpg
聖徳太子と四天王の像

s-P1013089.jpg
神道派(物部氏)と仏教派(蘇我氏+聖徳太子)の戦いだそです。

s-P1013098.jpg
神妙椋樹

s-P1013100.jpg
平和堂

s-P1013095.jpg
聖徳太子の歌碑

s-P1013102.jpgs-P1013101.jpg
地蔵堂、救世観音菩薩

s-P1013103.jpg
本堂

s-P1013104.jpgs-P1013108.jpg
弘法大師修行尊、毘沙門天堂

s-P1013109.jpgs-P1013112.jpg
大聖不動明王と絵馬

s-P1013106.jpg
古井戸

s-P1013110.jpg
お地蔵さんがかわいい

s-P1013083.jpg
江戸時代から建っている石碑だそうです。
ここは旧奈良街道。国道になっていますがいつも混んでいて
なかなか立ち寄りがたいんですよね。
初めてこの辺りでうろうろしました。

s-P1013115.jpg
s-P1013117.jpg
蘇我馬子、物部氏と戦った跡が近くに点々とありました。
蘇我氏は物部氏を滅ぼしていますが
蘇我氏も滅亡するし、聖徳太子の子も殺されるし
この頃って戦国時代よりドロドロですね。

s-P1013116.jpg
隣には立派な図書館があります。
最近の図書館はDVDレンタルもできるんですね。
週刊誌などもあって、ついつい関西ウォーカーなど見てると
閉館時間になってしまいました。^^;


大聖勝軍寺
大阪府八尾市太子堂3-3-16
6:00~18:00
国道25号線沿い
スポンサーサイト

大阪産野菜 おんぢ若葉の会の八尾若ごぼう料理と子どもたちの「八尾若ごぼう」掘り取会

s-P1010107_20170220190840104.jpg
八尾若ごぼうの収穫と八尾若ごぼうを使った料理を
園児たちに振る舞う会に行ってきました。

場所は八尾市大字都塚。大阪に大字があるなんて!
と気になって調べたら大阪府内に結構字があるじゃない。。
方向的に逆を示すナビを何度も逆らったら道が無くなっていたり
ぐるっとUターンだったりほっそい道で大変でした!

s-P1010106_20170220190750d2a.jpg
八尾若ごぼうは9月中旬に種まきを始め、
初めの芽吹いた葉茎は12月ごろに刈り取り、根だけを残した状態で
再び葉茎が伸びた2月上旬から4月上旬に刈り取りをするそうで
春を告げる季節野菜との事。

この日も突風が吹き荒れる割には暖かく、春一番って感じでしたが
ニュースでも4年ぶりの春一番を観測と出てましたね。

ハウス栽培の場合は2月上旬から下旬
露地栽培の場合は3月上旬から4月上旬の収穫だとか。
八尾若ごぼうの収穫が終わったら、八尾えだまめ、葱を植えて
年中何かを栽培しているそうです。

s-P1010101_20170220190816e5b.jpg
私ごぼうは根っこしか見たことが無く、ごぼうの葉を初めてみました。
スーパーで見た事があるかもしれませんが…。
全国でも栽培されている葉ごぼうは、一度葉茎を刈り取る事をしないんだそうです。

江戸時代、主に大阪市内の上町台地で多く栽培されていた若ごぼうは
大正の頃に現在の八尾市域に広まったそうです。

大阪産の伝統野菜は大阪市内が多く残っていますが
ごぼうは廃れてしまったんでしょうか。

若ごぼうは根を食べる普通のごぼうとはちがって
根っこはもちろん、軸や葉まで捨てるところがありません。
鉄分、食物繊維、カルシウムが豊富で
葉には高血圧、動脈硬化を防ぐルチンが多く含まれているそうです。

s-P1010097.jpg
あぐりん

農業を意味していて松原市・東大阪市名産のトマトの顔、
八尾市名産のエダマメと柏原市名産のブドウの首飾り、
おしりには八尾市名産若ごぼうの尻尾が生えています。

s-P1010091.jpg
園児たちの収穫の様子。
すっと抜けてる気がしましたが、結構根が張り付いてるようです。
でも根っこがそれほど長くないから園児でも大丈夫。
葉ごぼうを手に持って歩く園児がかわいい。

s-P1010108.jpg
収穫時期を迎えた葉ごぼう。今年はあまり伸びなかったそうです。

s-P1010103.jpg
s-P1010105_20170220190839906.jpg
昔の人は何故これを食べてみようと思ったんでしょうね。
言われなきゃ、ごぼうだと解らない。(私は)

s-P1010085_201702201908027db.jpg
おんぢ若葉の会の方が振る舞って下さった
若ごぼうを作った料理です。

あく抜きや下処理を間違うと大失敗しそうですよね。レシピはこちら↓
農家直伝 八尾若ごぼうの下処理(葉)
農家直伝 八尾若ごぼうの下処理(軸・根)
農家直伝 八尾若ごぼうのかき揚げ
農家直伝 八尾若ごぼうの炊き込みご飯

s-P1010089_201702201908020e1.jpg
すっかり冷めてしまったかき揚げだけど、めちゃ美味しい!
揚げたてだったらどれだけ美味しいでしょうね。

s-P1010090_20170220190803d86.jpg
こちらは葉を炒めたんでしょうか?ご飯によく合うんですよね。
何で味付けしたのかこちらのレシピも欲しい所でした。^^

s-P1010110.jpg
s-P1010116_20170220190845fcf.jpg
炊き込みご飯には軸が入っていて、軸が美味しいですね。
筋も無くて柔らかくていくらでも食べられそうでした。

s-P1010099.jpgs-P1010102.jpg
八尾若ごぼう…。地元のスーパーでは見かけませんが、
八尾の直売所や飲食店で食べる事ができるそうです。
一袋結構長くて400円程ですが、直売所なら300円前後だそうです。
残念ながら畑の近くに直売所が無くて買えませんでした。

とりあえず食べてみたいという場合、3/26(土)の八尾バルで!
今回のテーマは「八尾若ごぼう+α」だそうですよ。

16683885_1258660570881243_4956231444208108039_n.jpg
直売所はこちら

八尾ごぼう
八尾市農業啓発推進協議会
JA大阪中河内
ヤシの木PHOTO ALBUM 台湾旅行 (2014.2.19~21) グアム旅行 (2013.05.26~05.30) タイ旅行 (2010.11.10~11.14) グアム旅行 (2010.4.28~5.1) ハワイ旅行 (2008.3.27~4.2) 台湾旅行 (2006.7.1~3) サイパン旅行 (2005.4.22~24) ハワイ旅行 (2004.1.4~13) ハワイ旅行 (2001.9.24~31) ジャンル別まとめ 大阪府 北部・東部の おでかけスポット 大阪府 南部の おでかけスポット 関西 椎茸狩り、いちご狩り、 ブドウ狩り、潮干狩り、みかん狩り 西国三十三霊場 札所まとめ 関西BBQスポット 関西お花見スポット 記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
ブログタイムズ


相互リンク ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
記事検索
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ