ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報) ‐旅行・おでかけ‐兵庫県篠山市

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報)

大阪発!旅行やお出かけ、食べ歩きブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ‐旅行・おでかけ‐兵庫県篠山市

篠山旅行(22)河原町妻入商家群 散策(兵庫県篠山市河原町)本篠山

s-P1018083.jpg
王地山陶器所からは歩いて本篠山バス停留所へ。
徒歩10分程でした。上立町停留所の方が実は近いけど、
そちらは歩いても何もないとの事でした。

s-P1018078.jpg
1620年に商家の町として栄えたそうで
国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

s-P1018068.jpg
切妻屋根とは日本によくあるΛ←こんな屋根の事で
妻入商家群は間口は狭く奥行きが長く建てられています。
間口で税金が決まっていたためそういう造りになったんだとか。

s-P1018057.jpg
s-P1018064.jpg
少し歩くと昔の街並みが見えてきました。
停留所名が本篠山と言うだけあって、
かつてはこの辺りが篠山の中心部だったんでしょうか。

s-P1018060.jpg
s-P1018061.jpg
高田家住宅

s-P1018063.jpg
s-P1018059.jpg
古民家を利用したお土産屋さんや飲食店もあります。

s-P1018062.jpg
年期を感じるけどちょっと洋風の建物

s-P1018065.jpg
能楽資料館

s-P1018067.jpg
s-P1018066.jpg
小林家住宅

s-P1018072.jpg
s-P1018069.jpg
s-P1018070.jpg
丹波古陶館

s-P1018073.jpgs-P1018074.jpg
丹波焼のギャラリー

s-P1018075.jpg
s-P1018077.jpg
鳳凰苑

s-P1018079.jpg
中は公園になっていました。

s-P1018081.jpg
s-P1018082.jpg
下河原町の鉾山(鳳凰山)

s-P1018089.jpg
この日はお祭りの為、沢山の人が居ました。
鉾山の後ろの方なのかしら。見逃しました。

s-P1018088.jpg
天然酵母パンのお店。黒豆パンも売られています。

s-P1018090.jpg
園篠線発祥之地の石碑

えんじょう線は、園部~篠山口を結ぶバスの事です。

s-P1018087.jpgs-P1018085.jpg
今は神姫グリーンバスが来ます。

s-P1018086.jpg
本篠山~城下町~篠山口を結ぶ重要なバス。
この日はお祭りの為城下町には止まらず迂回していましたが
電車での散策にも困りませんね。本篠山~篠山口間は290円でした。



河原町妻入商家群
能楽資料館
兵庫県篠山市河原町175
午前9時~午後5時(月曜定休日)
大人 500円 大学・高校生400円 中学・小学生 200円
丹波古陶館
兵庫県篠山市河原町185
スポンサーサイト

篠山旅行(21)王地山焼陶芸所(兵庫県篠山市河原町)

s-P1018034.jpg
s-P1018032.jpg
まけきらい神社の近くには王地山焼きの陶器所があります。

陶芸教室もありますが、予約制。
何時に到着するか見当がつかず予約しませんでしたが
ここに着いたのは13時だったので行けた…。><
見学だけさせていただきました。

s-P1018035.jpg
王地山焼きは、4代篠山藩主青山忠裕が築いた藩窯です。
1869年に廃窯し1988年に復興させたそうです。

s-P1018039.jpg
丹波篠山といえば丹波焼…。でも王地山焼きも知られています。

篠山藩の藩窯だったので、一般にはあまり出回ることはなく、
廃藩置県と共に消滅。江戸時代のものは貴重なんだそう。

s-P1018036.jpgs-P1018040.jpg
s-P1018037.jpgs-P1018038.jpg
元は京都の陶工欽古堂亀祐(きんこどうかめすけ、1765-1873)を
招いて始めたもので、江戸末期には三田でも指導したんだそうです。
そのため、王地山焼きと三田青磁は作風は似ています。

s-P1018044.jpgs-P1018042.jpg
s-P1018041.jpgs-P1018045.jpg
沢山の王地山焼きが売られていました。
高いイメージがありましたが、意外と安いですね。

s-P1018047.jpg
作業場を見せていただきました。
こちらは売り物の(プロの)作業場です。
王地山焼きは型に押し付けて作るんですね。

s-P1018049.jpg
s-P1018048.jpg
以外にも普通の土に見えましたが、京都で取れる
磁器土を使っているそうです。

s-P1018050.jpg
普段はこちらの窯で焼いているそうです。

s-P1018046.jpg
王地山焼きの作り方手順

陶芸体験の場合、焼いて釉薬で色付けなどは
全てやってくれるんだそうです。すべて自分でという場合は
本格的に陶芸教室ですね。

s-P1018051.jpg
登り窯は使われていませんが、
年に一度は炭入れをしているんだそうです。

s-P1018052.jpg
陶芸教室はこちら

s-P1018053.jpg
s-P1018054.jpg
s-P1018055.jpg
青磁器作ってみたかったのですが、また改めたいと思います。


王地山焼き陶器所
兵庫県篠山市河原町431
福知山線「篠山口駅」より神姫グリーンバス篠山営業所行
「本篠山」バス停下車→徒歩約5分
車…舞鶴若狭自動車道 丹南篠山口ICより15分  無料駐車場17台
体験教室:てびねり2000円じっくり体験コース5000円

篠山旅行(20)王地山公園 王地山平左衛門稲荷神社(まけきらい稲荷)

s-P1017965.jpg
ささやま荘で昼食後は王地山公園をブラブラ。
段々傘が必要な程雨が。。
晴れ女と言ってもそろそろ限界です。(10/15)
さっと立ち寄ったら帰る事にします。

↑この階段を上って左へ進みます。

s-P1017985.jpg
s-P1017988.jpg
まけきらいの道

11月下旬くらいだったら紅葉が綺麗だったかも。
歩いていると毬栗がゴロゴロ落ちていました。

s-P1017993.jpgs-P1017994.jpg
s-P1017990.jpgs-P1018002.jpg
s-P1017995.jpg
境内はこんな感じ。ひっそりしています。

s-P1018007.jpg
妙見宮

s-P1017998.jpg
平左衛門稲荷

s-P1018003.jpg
日車天皇

s-P1018001.jpg
拝殿

s-P1017996.jpg
鳥居型の絵馬

s-P1018017.jpg
まけきらい稲荷は、第4代篠山藩 青山忠裕
(1768年6月22日~1836年5月12日)の時代、
お稲荷さんが力士に化けて、将軍上覧の大相撲で
優勝をしたことに感謝して奉られた神社だそうです。

まけぎらい稲荷の民話はこちら

大地山平左衛門、波賀野山源之丞、飛の山三四郎、
黒田山兵衛、曽地山左近、小田中清五郎、須知山道観、頼尊又史郎
という8人の力士が居たそうですが、お稲荷さんだったんですね。

変わった名前だと思ったら、負け嫌いかー。

s-P1018005.jpg
s-P1018010.jpg
迷いましたが鳥居を降ります。

s-P1018012.jpg
鳥居の途中にある平吉稲荷

s-P1018013.jpg
s-P1018015.jpg
降りてる最中に振り返った写真です。

s-P1018014.jpg
ちなみに鳥居を降りて左へ行くと河原町、王地山焼き陶器所へ
道が繋がっています。

s-P1018018.jpg
階段を下りました。

s-P1018021.jpg
s-P1018023.jpg
横から見た鳥居です。伏見稲荷程ではありませんが、
連なる鳥居が圧巻でした。

王地山平左衛門稲荷神社(まけきらい稲荷)
兵庫県篠山市河原町92
JR篠山口駅→神姫バス篠山営業所行きで25分、バス停:本篠山下車、徒歩3分
車: 舞鶴若狭道丹南篠山口ICから県道306号経由7km10分

篠山旅行(18)篠山市立歴史美術館(兵庫県篠山市呉服町)

s-P1017944.jpg
ガイドツアー最後は篠山市立歴史美術館へ。

s-P1017948.jpg
s-P1017946.jpg
こちらの建物は、1891年に建てられた旧篠山地方裁判所です。
日本最古の木造裁判所だそうです。入館料は大人300円。

s-P1017952.jpg
第一~第五展示室は撮影禁止ですが、武具、漆芸、絵画、
蒔絵、王地山焼や古代の埋蔵文化財が展示されていて、
定期的に展示物は変っています。

今回見た時はとても大きな日本地図の屏風が印象的でいた。

s-P1017951.jpg
旧篠山地方裁判所法廷

s-P1017950.jpg
裁判官の羽織は徒歩で案内してくださった
ガイドさんの手づくりなんですって。

s-P1017957.jpg
s-P1017953.jpg
昭和56年までは裁判所として使われてきたそうです。
こちらには以前も来ていますので、過去記事をご覧くださいね。
過去記事
篠山市立歴史美術館 旧篠山地方裁判所(2015.08.27)

s-P1017947.jpg
歴史美術館ではレンタルサイクルもあります。

つづく

篠山市立歴史美術館
兵庫県篠山市呉服町53
9時~16時30分(休館日月曜日祝祭日はその翌日)
入館料大人300円 大学・高校生200円 中学・小学生100円
4館共通入館券
歴史美術館・篠山城大書院・武家屋敷安間家史料館・青山歴史村
大人600円 大学・高校生300円 中学・小学生150円

篠山旅行(17)丹波篠山春日神社 秋祭り(兵庫県篠山市黒岡)

s-P1017920.jpg
10月14日と15日は春日神社が秋祭りでした。

春日神社は元々奈良の春日大社から876年に分霊されたのが
起源とされています。

s-P1017936.jpg
鳥居

s-P1017921.jpg
15日は屋台も出ていました。

s-P1017922.jpg
髄身門

s-P1017923.jpg
右大臣 菅原道真と書かれていました。
左大神は藤原時平でした。

s-P1017924.jpg
境内

s-P1017931.jpg
青山忠良公 顕彰碑

s-P1017925.jpg
愛宕神社

s-P1017928.jpg
s-P1017929.jpg
1694年、1779年に寄進されたもので、秋祭り(10月第3土・日)には
4基の神輿と9基の山鉾(やまぼこ)が城下町を練り歩きます。

4基は天児屋根命(あまのこやねのみこと)、武甕槌命(たけみかつちのみこと)
経津主命(ふつぬしのみこと)比売神(ひめのおおかみ)なんだそうです。

s-P1017930.jpg
本殿

s-P1017932.jpg
s-P1017933.jpg
絵馬殿

s-P1017935.jpg
絵馬はとても古いものです。
黒神馬(くろしんめ)と、大森彦七の絵馬。

s-P1017926.jpg
s-P1017927.jpg
13代藩主青山忠良によって1861年に建てられた能舞台。

22549864_1496567277090570_8602388211557087582_n.jpg
22554775_1496567267090571_610856095513421623_n.jpg
9基の内、2台を見ることができました。
山鉾は
上町4台:三笠山(上河原町)、鳳凰山(下河原町)、
孔雀山(上立町)、高砂山(下立町)
下町5台:剣鉾山(呉服町)、猩々山(上二階町)、
諫鼓山(下二階町)、蘇鉄山(魚屋町)、鏡山(西町)
があります。

s-P1017938.jpg
s-P1017940.jpg
鏡山(西町)

s-P1017941.jpg
s-P1017943.jpg
鉾山巡行 蘇鉄山(魚屋町)

つづく

丹波篠山春日神社 秋祭り
兵庫県篠山市黒岡75
2017年10月14日16:30~15日0:00~
ヤシの木PHOTO ALBUM 台湾旅行 (2014.2.19~21) グアム旅行 (2013.05.26~05.30) タイ旅行 (2010.11.10~11.14) グアム旅行 (2010.4.28~5.1) ハワイ旅行 (2008.3.27~4.2) 台湾旅行 (2006.7.1~3) サイパン旅行 (2005.4.22~24) ハワイ旅行 (2004.1.4~13) ハワイ旅行 (2001.9.24~31) ジャンル別まとめ 大阪府 北部・東部の おでかけスポット 大阪府 南部の おでかけスポット 関西 椎茸狩り、いちご狩り、 ブドウ狩り、潮干狩り、みかん狩り 西国三十三霊場 札所まとめ 関西BBQスポット 関西お花見スポット 記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
ブログタイムズ


相互リンク ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
記事検索
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ