ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報) ■クルージング

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報)

大阪発!旅行やお出かけ、食べ歩きブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ■クルージング

こたつのあるレトロな御舟♪ かもめ に乗って大阪クルーズ(天満橋~湊町)八軒家浜

15940476_1212944388786195_7909341290971646044_n.jpg
八軒家船着き場から出ている御舟かもめに乗船しました。

s-P1070013.jpg
s-P1070012.jpg
クルージングは色々パターンがあって、八軒家浜~桜宮~大阪城~八軒家のコースと
八軒家浜~湊町の片道コースがあります。

朝ごはんクルーズ
[出発] (1)9:20 (2)10:20 ※八軒家浜発 50分
[料金]大人3,200円 子ども(6-12歳)1,600円

ドボククルーズ
[出発] (1)11:20 八軒家浜発 (2)13:20 湊町発 各110分
[料金]大人4,200円 子ども(6-12歳)2,100円

カフェクルーズ
[出発] (1)15:20 (2)16:20 (3)17:20 ※八軒家浜発 50分
[料金]大人2,100円 子ども(6-12歳)1,000円

バークルーズ Bar time Cruise
[出発] (1)18:20 八軒家浜発 (2)19:20 湊町発 (3) 20:20 八軒家浜発 各50分
[料金]大人2,100円 子ども(6-12歳)1,000円

私達は前日の予約でバークルーズの2020発しか開いてなかったので
寒い中バークルーズを予約しました。

s-P1070054.jpg
おふねかもめの船乗り場はここです。
八軒家浜より実際は駅前のここ↑です。

s-P1070130.jpgs-P1070133.jpg
s-P1070043.jpgs-P1070132.jpg
乗り合いで定員10名。この時私達を入れて7名でした。
8名で限界って感じですね。
期間限定の桜クルーズは大川沿いの桜が楽しめて綺麗だと思います。
乗り合いは金土日祝のみの運航。貸し切ると2万と安いですよ。

s-P1070127.jpg
お舟はこんな感じ。ことごとくピンボケだったので、
この写真は降りた後です。

おこた付きなので寒くても大丈夫。

capture-20170108-172518.jpg
ちなみに舟はこんな感じ。
屋形船を小さくしたような舟ですが、屋形船よりは作りたてで綺麗な感じですね。

s-P1070056.jpgs-P1070073.jpg
s-P1070057.jpg
持ち込みOKなのでコーヒーを持ち込みます。
駄菓子は京阪シティモールで購入。温かいお茶付きでした。

s-P1070101.jpg
ポータブルトイレ付きとの事でしたが、中腰にならないと入れないトイレ…。
ビールを持ち込まなくてよかったです。

s-P1070111.jpg
先頭の一段高い席。ここに人がいると前がよく見えないでしょうね。。

s-P1070104.jpg
たばこも吸えるとの事ですが、先頭で顰蹙かいそう。

capture-20170210-202227.jpg
バークルーズは、中之島から東横堀川を通って道頓堀を目指します。

カフェクルーズだと中之島から土佐堀川を通って桜宮です。
大川から土佐堀川を通らず、途中左(東横堀川)に曲がるのが印象的でした。
バークルーズのコースはこちら

s-P1070092.jpgs-P1070094.jpg
途中水位の違う場所があり、水量の調節をしています。
予約制だそうで、無人に見えますが誰かが操作してます。
水位が同じになったら水門が開きます。

s-P1070113.jpg
道頓堀あたりに来ると、リバークルーズが頻繁に行き来していますね。
通りかかりの人たちは、おふねかもめを珍しそうな目で見てきます。w

s-P1070115.jpg
大阪クルーズができる船は何度も橋の下を通るので
背の低い舟ばかりなんですよ。川の水が近くてスピード感があります。
最近の大阪市内の川は水質が綺麗ですよ!

s-P1070117.jpg
グリコサインを船上から。撮影スポットは停止してくれます。

s-P1070125.jpg
舟は湊町リバープレイスで終了です。電車で来たので
天満橋よりは少し家が近くなってラッキー♪
湊町発の便もありますよ。


ことごとくピンボケだったので、動画の方がマシです。
良かったらご覧くださいね。

関連記事
落語家と行く なにわ探検クルーズ (2008.04.15)
大阪中之島クルーズ (2007.10.10)
とんぼりリバークルーズ/えびすタワー (2007.09.10)

御舟かもめ
八軒家浜 船着場
京阪、地下鉄谷町線「天満橋」駅出てすぐ
湊町 船着場
近鉄・地下鉄「なんば駅」26-C出口から徒歩3分
スポンサーサイト

往復120円のクルージング♪新居浜市営渡海船 おおしま7(黒島~大島)

s-P1010966.jpg
黒島港から出港する船に乗って新居大島へ行ってきました。

s-P1010967.jpg
マリンパーク新居浜発着ではなく、黒島公園手前に乗り場があります。

大島はしまなみ海道の方にも有りますが、
こちらは新居浜市の大島です。

s-P1010991.jpg
乗船料は片道60円、子供は30円。自転車60円、車400円と激安です。

s-P1010970.jpg
車は途中までしか進めないし、軽くらいしか走っていないので
駐車場(300円)に車を停めて人間だけ乗りました。

s-P1010992.jpg
14:30分黒島→大島行きにぎりぎり間に合いました。

s-P1010971.jpg
私達が乗った船はおおしま7。
渡船といっても立派なカーフェリーですね。

s-P1010969.jpg
乗ってる時にどっちが前かなと思っていたんですが、
この船は前後ろが無いですw方向転換しませんでした。

s-P1010972.jpgs-P1010973.jpg
船内はとても綺麗です。

s-P1011051.jpg
2階席

s-P1010980.jpgs-P1011049.jpg
一階は階段を上りたくない人用のバリアフリー席になっています。

s-P1010976_20150911144054124.jpg
クロネコヤマトのチャリ発見。大島ですれ違ったなぁ。

s-P1010983.jpg
s-P1010977.jpg
目の前に見えるのが大島です。

s-P1010989.jpg
15分の船旅でした。

s-P1010988.jpg
左の船はくろしまです。少し小さめですが車も乗せられるようになっています。

つづく

1日目
二人を結ぶ♪ジャンボフェリーこんぴら2(神戸→高松)と肉うどん
特別名勝 栗林公園(りつりん)香川県高松市栗林町
早朝から開いています♪さか枝でモーニングうどん(香川県高松市番町)
別子銅山記念館(愛媛県新居浜市角野新田町)
東洋のマチュピチュ♪マイントピア別子 東平ゾーン(愛媛県新居浜市立川町)
マイントピア別子端出場ゾーン あかがねの里でBBQ~泉寿亭~砂金採り(新居浜市立川町)
別子ふるさと館~銅山川渓谷 保土野渓谷甌穴群(別子渓谷奇岩巨石)新居浜市別子山甲)
料理が美味しい♪オーベルジュゆらぎ宿泊記(愛媛県新居浜市別子山甲)

2日目
別子山森林公園ゆらぎの森(愛媛県新居浜市別子山)
一日楽しめる博物館♪愛媛総合科学博物館(愛媛県新居浜市大生院)
広瀬歴史記念館 旧広瀬邸と庭園(愛媛県新居浜市上原)
新居浜市綜合文化施設あかがねミュージアム(愛媛県新居浜市坂井町)
マリンパーク新居浜 ブラン・ブルーで美味しいランチ(愛媛県新居浜市垣生)

大島・黒島間 市営フェリー

二人を結ぶ♪ジャンボフェリーこんぴら2(神戸→高松)と肉うどん

s-P1010192.jpg
11995963_869625256451445_8812982556269943580_n.jpgs-P1010180.jpg
ジャンボフェリーの深夜便で神戸~うどん県行きに乗船しました。

ジャンボフェリーのHPには高松ではなく
うどん県と書いてあるのがなんだか笑えます。
ネットで予約をして、乗船名簿を持参すると5%引きだそうですが
プリンター壊れていたら無理です。><

s-P1010182.jpg
ジャンボフェリーは一日4便あり、神戸~小豆島~高松を結んでいます。
それが先に高松だったり、小豆島が先だったり直行便だったりします。
私達の深夜便は神戸→高松→小豆島です。

s-P1010181.jpg
乗船料は1990円で、深夜料金が+300円。
この料金で高松まで行けちゃうんですよね。安っ。
三ノ宮駅からの送迎バスも出ていますよ。

11221776_869625229784781_4001334580341772174_n.jpg
私達は車ですので、5290円+深夜料金+300円(ドライバー無料)
と、同乗者は1490円+深夜料金300円で乗船しています。

徒歩で2名だと4580円ですから
向うでレンタカー借りるより車持ち込みが安いんです。

実は、私たちは新居浜に旅行に行くのです。
鳴門自動車道→高松自動車道→松山自動車道を使うと
ジャンボフェリーを使うのとあまり値段が変わりません。
新居浜までフェリーだといいお値段ですし、
オレンジフェリーは以前乗ったことがあるため
片道だけジャンボフェリーを利用しようという事になりました。

過去記事
弾丸フェリー旅行 オレンジフェリー 大阪(南港)~愛媛(東予)2012年06月26日

s-P1010199.jpg
甲板にちょこんと乗用車を停めて…。
殆どトラックとコンテナ車でした。

s-P1010198.jpgs-P1010216.jpg
s-P1010205.jpgs-P1010201.jpg
和室、女性専用、チャイルドルームやリクライニングシートがあります。

s-P1010208.jpgs-P1010210.jpg
ドライバールームとドライバー専用(?)のお風呂。
女子はシャワーがありますが、たぶん女性専用ルーム内だったのかなぁ。

お風呂はちょっと覗いてきてと頼みましたが
人が入っているようでした。残念。

s-P1010206.jpg
s-P1010209.jpg
晩御飯は食べてきたんですが、
一階の売店ではさぬきうどんが食べられるという事で無理をして食べます。
レストランはありませんね。

11999069_869625076451463_4111396361879914427_n_20150906123814d1a.jpg
肉うどんとたこ焼きを食べました。
あっさり出汁でうどんはコシがあるけど軟くて私好みでした。
チンするだけのたこ焼きも美味しかったです。

s-P1010204.jpg
ゲームコーナーもあります。

s-P1010222.jpg
明石海峡大橋を通過しました。

s-P1010202.jpg
和室の方はお酒を飲んでる人で結構騒がしいので
もう一つ上の階に上がるとガラガラでした。

毛布や枕はありません。私たちは100均の枕のみ持参。
一応シングルの個室は+1000円であったんですけどね。
2人で使ったらダメっぽくて
いつも一緒でなければダメな私達には(笑)雑魚寝の方がマシでした。

お連れ様は目をつぶれば3秒でいびき寝息を立てていましたが
眠れたかどうかわからないですって。(笑)
私は一睡もできませんでした。(たぶん)


眠れない時でもさすがにやっと眠くなる時間なんですが、
とても癒される曲が船内に流れます。(右の動画)
なんか、とても気持ちよく起きられるので、
家の目覚ましにでも使いたい曲。「二人を結ぶジャンボフェリー」です。
歌でジャンボフェリーが大好きになってしまいました(爆)

小豆島へ行く人は7:30着なので丁度いい乗船時間ですね。

s-P1010225.jpg
高松港へ到着したのは5時15分でした。

つづく

ジャンボフェリー
乗船料:片道1990円 往復3480円
乗用車+ドライバー:片道4990円 往復9980円
同乗者:片道1490円 往復2980円

     神戸→高松    高松→神戸
1便    0:45→5:00   1:00→5:15
2便   8:00→12:30  6:00 →10:30
3便  11:15→15:45  14:20→19:00
4便  19:45→24:10  16:20→20:55

神戸三宮フェリーターミナル
神戸市中央区新港町3-7神戸港新港第3突堤東港
阪神高速松原線(駒川)~神戸線(京橋IC)すぐ
高松港
うどん県高松市朝日町5-12-1

琵琶湖一周♪雄琴温泉港~沖島~竹生島クルージング(滋賀県近江八幡市沖島町~長浜市竹生島)

11351222_821464841267487_952727036708240130_n.jpg10313382_821464721267499_4228545393620674535_n.jpg
10996952_821464977934140_4925660864213492572_n.jpg
おごと温泉港から沖島、竹生島へ行ってきました。

capture-20150607-133959.png
雄琴温泉は大津市にありますのでかなりの距離です。

11227951_821465031267468_1211236747198387472_n.jpg
船内のアナウンスを聞いていると、世界中で20程しかない古代湖のうち、
バイカル湖、ビクトリア湖の次に、世界で3番目に古い湖が琵琶湖なんですって。

琵琶湖はどんどん拡大していて、その内三方五湖とつながり、
日本海に繋がると言うではありませんかっ。
すごいですねー琵琶湖。

昔は三重県にあった琵琶湖が
少しずつ地殻変動などで今の位置にあるんですって。

11393277_821465024600802_6897956336999906541_n.jpg
琵琶湖大橋

11012764_821465281267443_7792404812152126054_n.jpg
11350434_821465081267463_6027744408944865015_n.jpg
見えてきました。沖島。

唯一琵琶湖に浮かぶ島の内、人が住んでる島です。

11391288_821465231267448_9090301485609931527_n.jpg
11391340_821465131267458_3458743624365113584_n.jpg
沖島に上陸してみました。

11140750_821465154600789_3743492464694450851_n.jpg
11393054_821465111267460_7451047016763121784_n.jpg
沖島にはコンビニやスーパーはありません。
自動販売機が3台設置してあるだけで、
島内は車もスクーターも走っていません。
唯一の行動手段は自転車だそうです。

幼稚園と小学校が一つずつありますが、小学校は今
3名の生徒しか居ないとの事。

11351309_821465167934121_6585070297207365304_n.jpg
写真に写る山はケンケン山です。

11109273_821465241267447_6140011936189517165_n.jpg
滋賀県近江八幡市沖島町に属していて、近江八幡市は目に見える距離にあります。
渡船で訪れる事もできますよ。(堀切港、長命寺港)

11329801_821465261267445_1683732815085432611_n.jpg
沖島の猫

ほかの方のブログを見ると、猫の島なんですって。
私は2匹しか見かけませんでした。

11020752_821465204600784_3482324059072186207_n.jpg
沖島の石碑

もう少し島内をゆっくりしたかった所でしたが、
次は竹生島へ。竹生島については過去詳しく書いたので
良かったらそちらをご覧くださいね。

過去記事
竹生島 宝厳寺(西国三十三観音霊場三十番札所)~竹生島神社(都久夫須麻神社) (2011.12.30)
オーミマリン 竹生島クルーズ 彦根港~竹生島雪高速船 わかあゆ (2011.12.29)

10408916_821465291267442_3109948543705808659_n.jpg
10629883_821465381267433_3125843642000305763_n.jpg
まさか2度目があるとは思わなかった竹生島。
アクセス困難ですもんねぇ。

10476399_821465617934076_632810188379643527_n.jpg
せっかくなので、この長い階段を上ります。^^

11329793_821465591267412_8296625679769685882_n.jpg
瑞祥水

11143725_821465521267419_2499578081883326064_n.jpg
舟廊下

11377343_821465461267425_7569620407820700682_n.jpg
無くしてしまった福小判。夫の分と2枚ゲット。

11329751_821465634600741_8107025704103625583_n.jpg
11020803_821465444600760_207938830271063008_n.jpg
お土産屋さんもあります。

琵琶湖内の島に人が住んでいるという沖島がとても魅力的でした。
今度渡船にのってゆっくり訪れてみたいです。

沖島
滋賀県近江八幡市沖島町
堀切港から渡船(500円)
竹生島 宝厳寺
滋賀県長浜市早崎町1665

渡船で行く無人島 初島漁港~地ノ島 (和歌山県有田市初島)

s-DSCF4009.jpg
今年の海水浴は和歌山県有田市にある地ノ島海水浴場へ。

串本に行きたかったんですが海水浴シーズンの渋滞を想像すると
できるだけ近場で…でも加太よりは遠くに行きたかったのです。

無人島という事なので友が島を思い出し(記事
荒れ果てて汚いんじゃないかと思ったら
検索してみると、とても綺麗な海。しかもBBQがOKとの事でした♪

11181182_854398064640831_5322247061703328492_n.jpg
大阪から湾岸線(高石)~阪和道(泉佐野)~下津~R42
海南市を超え、有田市に入って初島が見えたら、初島(里)交差点を右折。
どうせ阪和道使うなら阪和道(松原)~下津が良かったかもしれません。
帰りはR42~R26~湾岸線(泉佐野)~高石で下りました。

5時出発。渡船に乗ったのが7時半で
渋滞も有りませんでした。

2つの渡船があるようですが、どちらも値段が同じで
どちらを使ったのかも分かりません。
カテゴリを分けたいので、渡船と海水浴は記事を分けます。

s-DSCF4010.jpg
s-DSCF4013.jpg
渡船の料金は往復1000円です。

高く感じますが駐車場が無料です。
受付の右側に、囲いはないシャワーが3台あります。
私は利用せずに光の湯という温泉を利用しましたが。
トイレも有ります。

キャンプもできるんですって。無人島で一泊…。

s-DSCF4012.jpg
荷物のファスナーが開いててすいません。(笑)
渡船に乗って海水浴という事で、最適な鞄を探しましたが
小さいのしかなく(笑)最小限に減らしてこれでした。
でもこれでBBQするんですよ。

s-DSCF4011.jpg
s-DSCF4015.jpg
第七きのくに号に乗り込みます。
早朝から30人程乗船しました。

s-DSCF4018.jpg
s-DSCF4019.jpg
港から10分ほどのクルージングです。
波が結構かかります。と言うより荷物がびちょびちょに(悲)


結構波が荒いです。

s-DSCF4021.jpg
地ノ島が見えてきました。

s-DSCF4026.jpg
降りる時驚いたのは、海に浸からないと乗り降りできません。
降りる時が結構怖いです。
小分けして、しっかりファスナーのついた鞄が逆によかったです。

大きいタープ持ってきてる人とか大変そうでしたが
何とかなるもんですね。

s-DSCF4059.jpg
渡船は頻繁に何度もやってきます。
最終は16:30で、随時乗せてもらえるので私達帰りは貸切でした。

地ノ島海水浴場へ続く

南村渡船
松林渡船
海水浴:大人1,000円、小人500円、幼児300円
キャンプ:大人2,000円、小人1,000円、幼児500円
ヤシの木PHOTO ALBUM 台湾旅行 (2014.2.19~21) グアム旅行 (2013.05.26~05.30) タイ旅行 (2010.11.10~11.14) グアム旅行 (2010.4.28~5.1) ハワイ旅行 (2008.3.27~4.2) 台湾旅行 (2006.7.1~3) サイパン旅行 (2005.4.22~24) ハワイ旅行 (2004.1.4~13) ハワイ旅行 (2001.9.24~31) ジャンル別まとめ 大阪府 北部・東部の おでかけスポット 大阪府 南部の おでかけスポット 関西 椎茸狩り、いちご狩り、 ブドウ狩り、潮干狩り、みかん狩り 西国三十三霊場 札所まとめ 関西BBQスポット 関西お花見スポット 記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
ブログタイムズ


相互リンク ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
記事検索
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ