ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報) ■おでかけ‐大阪府大阪市

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報)

大阪発!旅行やお出かけ、食べ歩きブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ■おでかけ‐大阪府大阪市

日本最古! 太閤下水(背割下水)大阪市中央区谷町4丁目

s-P1012573.jpg
ブラタモリの大阪編の2つ太閤下水と真田丸を見ましたが
よくブログを参考にさせていただいていた新之助さんが案内していてびっくり!

上町台地の高低差について、3Dマップと古地図を見ながら実際に
歩いてみるというもので、大変興味深いものでした。

凹凸を楽しむ 大阪「高低差」地形散歩を参考に、
昔を想像できない程、変わり果ててしまった
大阪の古代地形めぐりをしてみたいと思います。

UemachiDaichiss.JPG
上町台地は北が天満橋、南が大和川までの南北に延びる台地の事で
南北は11kmあるのに対し、東西は3km弱しかないため
市内に不自然な高低差が結構あります。
大阪は坂が多いというのはこのことです。

南側は上町台地と言ったり、あびこ台地と呼び分けたり色々あるようですが
あびこ辺りは海抜が15mと低く、天満は35m以上あります。
一番いい場所に大阪城を築いたんですね!

元々は、織田信長が大阪に目をつけていましたが
豊臣秀吉が後を継いで、開発したという事です。

s-P1012577.jpg
この上町台地を東西にまっすぐ区切って町名を決めていたため、
現在でもお隣さんなのに町名が違う場所が多く残っています。

また東西に下水を流すという工事も行いました。

s-P1012574.jpg
さて、今回訪れたのは谷町4丁目。天満橋から続く熊野街道沿いの南江小学校です。

s-P1012585_20170604132908bec.jpg
ここには太閤下水を実際に見学できる施設があります。
張り切って電話で予約をした所、土日は案内できないと言われました。><

s-P1012575.jpg
外からでも窓から見学できますので・・。との事でした。
ブラタモリで見たので知っていましたが。。

太閤下水は現役で使われている日本最古の下水です。
400年前のもので、しかも太閤さんの作った下水が
今も現役で使われているってロマンがありますよね。下水ですが。。

堺筋の日本橋あたりにも確か太閤下水の石碑がありました。
見学できるのはここだけですが、あちこちに太閤下水が通ってるんですね。

s-P1012576.jpg
下水の中はこんな感じなんですね。

s-P1012586_20170604132859fe4.jpg
平日だったらこの扉から降りる事ができるんですって。

ガスが発生するので、ガス量を調整する必要があり、
職員と一緒じゃないと入れないとか。
入りたいような入りたくないような…。

s-P1012578_20170604132838f60.jpg
"豊臣秀吉による大坂城築城の際に原型が造られたと言われている石積の下水溝です。豊臣秀吉が大坂城築城に着手したのは、天正11年(1583年)のことでした。町づくりにあたっては、大阪が、淀川・大和川のデルタ地帯にできた低湿な土地であったので、道路整備と同時に町屋から出る下水を排水するための下水溝が建設されました。東西の横堀川に囲まれた城下町は、大坂城に向かう東西道を軸に碁盤の目に区切られ、その道路に面した建物の背中どうしのところ(裏口)に下水溝が掘られました。この下水溝は「背割下水」、あるいは太閤秀吉にちなんで「太閤下水」と呼ばれています。当時の大阪は、この太閤(背割)下水に挟まれた約40間(72m)四方の区画が町割りの基本となっていました。"
http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000010446.html

s-P1012579_20170604132838a29.jpg
この案内板を見ると切なくなりますが、豊臣時代にまで
さかのぼる事ができず、古くても江戸初期の頃の下水道ではないかと
言う事でした。まあそれでも、江戸時代の下水でも日本最古だそうです。

s-P1012581.jpg
窓が曇っていますが結構肉眼でもよく見えます。
この曇りはガスだとか。。

s-P1012583.jpg
結構流れが速いです。割とというか綺麗です。


動画も見ますか??

s-P1012588_20170604132908c19.jpg
この辺りもブラタモリで歩いていたけど先に何があったのか忘れました。^^;
写真だけ…。

s-P1012589_2017060413290786b.jpg
太閤下水は谷町4丁目から徒歩10分ほどの所にあります。

太閤下水
大阪市中央区農人橋1-3-3(市立南大江小学校西側)
交通:地下鉄中央線・谷町線「谷町四丁目」駅8番出口から徒歩5分

スポンサーサイト

かねふくのめんたいパーク大阪ATC(大阪市住之江区南港北)

s-P1011401.jpg
めんたいぱーく大阪ATCへ行ってきました。

s-P1011403_20170430152835627.jpg
s-P1011407.jpg
三田のめんたいパークに行こうと思っていたんですが
南港にあるならもういいかなぁ~。ATCは、2016年11月にオープンしたそうです。

めんたいパーク大洗
めんたいパークとこなめ
めんたいパーク三田
めんたいぱーく大阪ATC

s-P1011406.jpg
福岡出身だから?氷川きよしさんが宣伝してるんですねー。

s-P1011411_20170430152831287.jpg
s-P1011410_201704301528397c4.jpg
s-P1011417.jpg
初めに明太子の歴史を。。昔の人ってネーミングセンスありますね。
たらこから明太子って「こ」しかあってないし。

たらこも明太子もスケトウダラの卵で辛くしたから明太子。
正真正銘の真鱈の子は皮が黒くてグロテスクです。
昔は真鱈の子がたらこでしたが、
スケトウダラの子を混ぜて問題になったらしい。
でもスケトウダラの子の方が美味しいよね?ってことで
スケトウダラの子がたらこ、真鱈の子はマダラ子になりました。
今はマダラコよりもスケトウダラの子の方が高い状態です。

s-P1011422.jpg
s-P1011423_20170430152900595.jpgs-P1011424_2017043015290296b.jpg
s-P1011425_201704301529038cc.jpgs-P1011421.jpg
トンビが鷹を産む…。恥ずかしながら私が親なんです。
魚と卵の親子関係です。ボラはからすみ、鮭はいくら、チョウザメはキャビア、
ニシンは数の子、トビウオはとびっこです。

s-P1011434_20170430153904ff0.jpg
s-P1011443.jpg
とてもすっきりとした工場内。

s-P1011442_20170430153930745.jpg
s-P1011435_20170430153929856.jpg
形の綺麗なものや大きさなどで選別しています。

s-P1011436_20170430153927a16.jpg
めんたいらぼ

s-P1011445_20170430154208bdc.jpg
一旦冷凍したものをゆっくり解凍するんですねー。
解凍の仕方で味が変わるんですって。

s-P1011462.jpg
試食コーナーもあります。もちろん並びます。

s-P1011464.jpg
試食できるのはコレ!結構辛いけど、
食べ終わるとまた食べたくなる中毒性がありますね。(笑)

s-P1011465_2017043015432571e.jpg
s-P1011463.jpg
目の前ではジャンボおにぎりを次々と作っています。本当にデカい!

s-P1011471_2017043015480134c.jpgs-P1011477_201704301548121ba.jpg
s-P1011468_20170529203457dc6.jpg
お腹が許されれば食べたかったんですが…。
焼きたらこ、明太子、鮭、たらこ鮭が選べます。
他に明太ソフトクリーム、明太子饅もありました。

明太子で喉が渇いたと思ったら…。無料のお茶もあります。

おにぎりにはお茶ですよねぇ。

s-P1011480_20170430154811344.jpg
s-P1011473.jpg
お土産コーナー

s-P1011484_201704301548102ca.jpg
s-P1011483_20170430154806b8c.jpg
家用は1080円でした。

めんたいぱーく大阪ATC
大阪市住之江区南港北二丁目1-10
ATCビルITM棟2階 G-1
11:00~18:30

大阪市立科学館 プラネタリウム(大阪市北区中之島)渡辺橋/肥後橋

s-P1011091.jpg
s-P1011094.jpg
造幣局でお花見の後は、京阪中之島線に乗って、天満橋~渡辺橋へ移動し、
大阪市立科学館へ行ってきました。

過去記事
大阪市立科学館 プラネタリウム/アンドロメダ星雲 (2011.10.16)

サイエンスショーなどもやっていますが
私達はプラネタリウムを見に来ました。

s-P1011098.jpg
プラネタリウムは入れ替え制で大人600円です。
私たちが訪れたのは13:45でした。

s-P1011095.jpg
見えない宇宙のミステリー~謎の光・X線をとらえろ~を見ました。
投影番組はなく、ずっと語りだったのが意外でしたが
X線で見た宇宙と、ブラックホール、木星の話など
とても興味深い内容でした。

いつも見ている夜空には沢山のブラックホールがあるんですね。
白鳥座の近くにもあるんですよ。
肉眼では見えませんが、X線なら見えます。
ブラックホール…。最後に吸い込まれてしまい
生まれ変わる時に似てると思いました。
いやっなんでもありません。^^;

s-P1011101.jpg
s-P1011102.jpg
科学館前の桜の木がとても立派で満開でした。

過去記事
大阪市立科学館 プラネタリウム/アンドロメダ星雲 (2011.10.16)

大阪市立科学館
大阪市北区中之島4-2-1
9:30~17:30
大人:600円 高・大生:450円  中学生以下:300円

造幣局 桜の通り抜け 2017年(大阪市北区天満)天満橋

s-P1011006_20170416173737366.jpg
平成29年4月11日~4月17日
平日10時~21時、土日9時~21時まで開催中の
造幣局桜の通り抜け
に行ってきました。

過去記事
造幣局 造幣博物館 (2017.03.13)
大阪造幣局 桜の通り抜け 2009 (2009.04.17)
大阪造幣局 桜の通り抜け (2008.04.19)

s-P1010996_201704161737302b7.jpg1s-P1011000.jpg
駅から結構な人が造幣局へ向かっています。

s-P1010997.jpg
今年は寒かったせいか、ソメイヨシノも場所によってはまだもってました。
さくらクルーズの船が沢山出ています。1200円と安かったですよ。

s-P1011083.jpg
s-P1011084.jpg
s-P1011085.jpg
大川沿いの桜

1s-P1011001.jpgs-P1011003_2017041617291171f.jpg
造幣局南門(天満橋側)から北門(桜宮橋側)へ
一方通行(距離約560メートル)で通り抜けます。

s-P1011070_201704161816525bb.jpg

s-P1011015.jpg
今年の桜は鬱金(うこん)です。

うっすら黄緑がかった花弁をしていて、
うっすらピンク色の部分もあります。

s-P1011009_20170416172924562.jpg
見頃はが4月12日~18日との事でまだつぼみもありました。

s-P1011013.jpg
林一号と鬱金

s-P1011019_20170416175545fe4.jpg
s-P1011021.jpg
普賢象だそうです。

s-P1011028_20170416180144fba.jpg
紅手毬

s-P1011033.jpg
松月

s-P1011036_20170416175947cc7.jpg
s-P1011038_201704161759508c7.jpg
春日井

s-P1011026_20170416180439db3.jpgs-P1011042_201704161804456ad.jpg
造幣局の貨幣セットも売られています。記念にいかがですか?

s-P1011045.jpg
御衣黄

うこんよりもより、緑色をしています。

s-P1011040.jpg
関山

s-P1011052.jpg
s-P1011055.jpg

s-P1011056_20170416181453d32.jpg
s-P1011060.jpg
紅華

s-P1011071_201704161817150e0.jpg
法明寺

s-P1011075.jpgs-P1011074.jpg
雨が降って来たので私たちは【途中お帰り口】から引き返します。
大川沿いには沢山の屋台が出ています。

お弁当持ってこなくてよかった・・・。
座って食べられそうな場所は無い事も無いけど無いです。

s-P1011077.jpg
でも出店は沢山あって、お腹がいっぱいだけど
見てるだけで楽しめました。

造幣局 造幣博物館 (2017.03.13)
大阪造幣局 桜の通り抜け 2009 (2009.04.17)
大阪造幣局 桜の通り抜け (2008.04.19)

造幣局桜の通り抜け

大阪市北区天満1-1-79
地下鉄・京阪電車 天満橋徒歩10分
毎年4月半ば~下旬

淀川探索(つくし狩りとしじみ狩り)大阪市淀川区十三東

s-P3250091.jpgs-P3250022.jpg
淀川の土手で豚まんきんつばを食べた後は
淀川を探索します。

s-P3250024.jpg17457953_1287730931307540_3135757607711452605_n.jpg
何故か不思議な恰好をしています。
淀川の水に触れたくないので(爆)長靴です。

事前に用意したのは…。100均で園芸用のくまで(?)と
洗濯バサミを入れる駕籠、ゴム手袋です。(笑)

s-P3250025.jpg
目の前は梅田の高層ビルが見えます。

s-P3250057.jpg
鴨が泳いでいます。検索してみるとヒドリガモかホシハジロです。
束になって飛んでいるのを何度も見ました。

s-P3250053.jpg
淀川の水。。綺麗ですね。

大和川は近づくと藻がわさわさしていて水臭いんですが、
淀川は全く水臭くないですね。
まあ私達ここの水飲んでるんですけどね。

s-P3250058.jpg
浅瀬で少し石をどかして熊手で掘るとシジミがいっぱい。
ここは阪急の高架下です。

s-P3250066.jpg
写真はヤマトシジミです。べっこう蜆、淀川しじみとも言うそう。
こんなに小さいのに元気に動き回っていてかわいいです。

カラばかりですが、、だんだん蜆を見る目になってきて(爆)
熊手を使わなくても生きてるしじみを見つけられるようになります。

s-P3250068.jpg
でも、長靴履いているとはいえ、寒くてこれ以上採れませんでした。
出汁にもならない量なので、川に戻します。

暖かくなった時に出直したいと思います。

s-P3250056.jpg
淀川の土手をぶらぶら。4本の橋はどれも阪急です。

s-P3250055.jpgs-P3250059.jpg
s-P3250090.jpgs-P3250093.jpg
次々電車がきてすごい迫力です。
落ちそうで怖いスリル満点。

s-P3250074.jpg
あれはウェイクボードというのでしょうか?(これ?)
楽しそうだけど体力要りそうですね。

s-P3250071.jpgs-P3250072.jpg
NTT専用橋。誰も通れません。
JRの鉄道橋を超え、もう少し歩くと撤去予定の阪神の橋でしたが
かなり遠いので引き返しました。

s-P3250087.jpg
NTT橋土手の道路側に、スギナ発見。

ずっと土手をちらちら見ながら歩きましたが、
つくしを発見できたのはここだけでした。
階段より手前側。

s-P3250082.jpg
s-P3250084.jpg
s-P3250080.jpg
淀川でつくし・・いかがでしょうか?^^

過去記事
土筆狩り (つくしの見つけ方~採れる場所~下準備~レシピ) (2011.03.28)
つくし狩り~土筆の下ごしらえ (2010.04.10)
ヤシの木PHOTO ALBUM 台湾旅行 (2014.2.19~21) グアム旅行 (2013.05.26~05.30) タイ旅行 (2010.11.10~11.14) グアム旅行 (2010.4.28~5.1) ハワイ旅行 (2008.3.27~4.2) 台湾旅行 (2006.7.1~3) サイパン旅行 (2005.4.22~24) ハワイ旅行 (2004.1.4~13) ハワイ旅行 (2001.9.24~31) ジャンル別まとめ 大阪府 北部・東部の おでかけスポット 大阪府 南部の おでかけスポット 関西 椎茸狩り、いちご狩り、 ブドウ狩り、潮干狩り、みかん狩り 西国三十三霊場 札所まとめ 関西BBQスポット 関西お花見スポット 記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
ブログタイムズ


相互リンク ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
記事検索
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ