ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報) ■おでかけ‐大阪府

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報)

大阪発!旅行やお出かけ、食べ歩きブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ■おでかけ‐大阪府

東大阪市立郷土博物館(大阪府東大阪市上四条町)

s-P1015074.jpg
東大阪市立郷土博物館へ行ってきました。

s-P1015076.jpg
車のナビではこれ以上行けない行き止まりにある博物館。
後ろにひっくり返りそうな急斜面を上ります。

この道は生駒山へのハイキングコースの途中だとか。

s-P1015073.jpg
s-P1015075.jpg
何気にすごい景色。夜はネオンキラキラでしょうね。

s-P1014972.jpg
こんな場所に博物館があるのも円墳があるからですね。

s-P1014973.jpg
s-P1014971.jpg
s-P1014975.jpg
この時期少し足を踏み入れるだけで
アブやらすごい!近づく事ができませんでした。^^;

かなりデカくて立ったまま入れる横穴古墳ですが残念!

s-P1015072.jpg
古墳探索はあきらめて博物館へ。入館料は50円です。
手づくりのストラップは無料です。適当すぎる作りで要らなかったんですが。(爆)

s-P1014980.jpg
館内はこんな感じです。

s-P1015014.jpg
s-P1015013.jpg
縄文時代の出土品

s-P1015005.jpg
s-P1015017.jpg
縄文時代より前の旧石器時代の遺跡が結構あります。
こうして見ると新石切駅周辺に集中しているんですね。

s-P1015021.jpg
鬼虎川遺跡から見つかった貝塚

今は無き河内湾で捕れた貝!

s-P1015070.jpg
この辺りは掘れば掘るほど何かが出てくるみたい。
西の辻遺跡の出土品も沢山ありました。
町名は東大阪市弥生町ですって。

s-P1015022.jpg
鬼虎川遺跡の人骨

肋骨部分はどうなってるんでしょう。

s-P1015023.jpg
顔をアップにしてみました。(レプリカです。)

s-P1015067.jpg
s-P1015071.jpg
日下遺骨の人骨

レプリカとは書いていませんが本物でしょうか?
大正時代に33体出土したらしいです。
この遺骨は30代の男性で2500年前に死亡したそうです。

s-P1015011.jpg
2万年前は今より8度程気温が低かったため日本列島は
全部つながっている状態だったのが、6000年前、氷が溶けだし
海面が高くなって河内湾ができました。

大阪市内も海ですが、上町台地と生駒山がある為
より湾になっているのが河内湾です。

縄文時代のこの辺りの人たち(河内人?)は
この湾で捕れた魚や貝を食べて生活していました。

s-P1015031.jpg
昔は大和川も淀川と合流していて、この2つの暴れ川によって
河内湾は淡水化し、河川の堆積物が河口付近に溜って河内湖となります。
とても巨大な湖が大阪にあったというのに今は跡形もありません。
湖というのは長い年月をかけて必ず消滅するもので、
絶対に消えない湖は古代湖とよびます。日本は琵琶湖しかありません。

s-P1015018.jpg
古墳時代には河内潟と呼ばれる干潟ができていました。
深野池、新開池が江戸時代まで残っていた河内湖です。

東大阪は河内国の、河内、若江、渋川に属し、それぞれ
有力な豪族がいたため、豪族の古墳が多いそうです。

s-P1015035.jpg
s-P1015036.jpg
博物館がある場所からは山畑古墳群があります。

s-P1015038.jpg
s-P1015040.jpg
s-P1015042.jpg
東大阪には廃寺跡が沢山あるんですね。

客坊寺は生駒山の山腹、新感寺は生駒山頂にあったそうです。

s-P1015043.jpg
小さな石仏

s-P1015048.jpg
1382年畠山基国氏が築城した若江城。
畠山氏って大阪によく出てきますね。

s-P1015056.jpgs-P1015055.jpg
新しい時代の展示。

蓑笠を被ると田舎ってイメージ。
日本は長い間裸足に藁草履が続いていたけど
足はドロドロだっただろうなぁ。

s-P1015057.jpg
瓢箪山駅

大阪電軌鉄道株式会社とありますが
1899年に開通した大阪鉄道(阿部野橋線?)は別会社で
のちに合併されて近鉄になっています。

s-P1015058.jpg
s-P1015059.jpg
大正時代の路線図

s-P1015061.jpg
関西で一番路線が長いのは近鉄ですね。
伊勢や名古屋まで行けちゃうし。(JR除く)

s-P1014999.jpgs-P1015003.jpg
s-P1015000.jpg
50円でなかなか楽しめました。

東大阪市立郷土博物館
大阪府東大阪市上四条町18−12
9時30分~16時30分
月曜定休日
一般50円、高校・大学生30円、小学生・中学生20円
近鉄奈良線瓢箪山駅より徒歩約20分
駐車場有り
スポンサーサイト

聖徳太子古戦場 大聖勝軍寺(大阪府八尾市太子堂)

s-P1013091.jpg
河内三太子と呼ばれる寺院

河南町 上之太子 叡福寺(えいふくじ)
羽曳野市 中之太子 野中寺(やちゅうじ)
八尾市 下之太子 大聖勝軍寺(だいしょうしょうぐんじ)の内、
太子堂(下の太子)大聖勝軍寺へ立ち寄りました。

八尾の太子堂交差点近くにあります。
18:00まで空いていたので訪れる事ができました。
西から車で来た場合、境内前に駐車スペースがあります。
東から来た場合、図書館にタイムズがありますよ。

s-P1013086.jpg
入口には古戦場の石碑があります。

s-P1013087.jpg
聖徳太子と四天王の像

s-P1013089.jpg
神道派(物部氏)と仏教派(蘇我氏+聖徳太子)の戦いだそです。

s-P1013098.jpg
神妙椋樹

s-P1013100.jpg
平和堂

s-P1013095.jpg
聖徳太子の歌碑

s-P1013102.jpgs-P1013101.jpg
地蔵堂、救世観音菩薩

s-P1013103.jpg
本堂

s-P1013104.jpgs-P1013108.jpg
弘法大師修行尊、毘沙門天堂

s-P1013109.jpgs-P1013112.jpg
大聖不動明王と絵馬

s-P1013106.jpg
古井戸

s-P1013110.jpg
お地蔵さんがかわいい

s-P1013083.jpg
江戸時代から建っている石碑だそうです。
ここは旧奈良街道。国道になっていますがいつも混んでいて
なかなか立ち寄りがたいんですよね。
初めてこの辺りでうろうろしました。

s-P1013115.jpg
s-P1013117.jpg
蘇我馬子、物部氏と戦った跡が近くに点々とありました。
蘇我氏は物部氏を滅ぼしていますが
蘇我氏も滅亡するし、聖徳太子の子も殺されるし
この頃って戦国時代よりドロドロですね。

s-P1013116.jpg
隣には立派な図書館があります。
最近の図書館はDVDレンタルもできるんですね。
週刊誌などもあって、ついつい関西ウォーカーなど見てると
閉館時間になってしまいました。^^;


大聖勝軍寺
大阪府八尾市太子堂3-3-16
6:00~18:00
国道25号線沿い

縄文時代の土器作り体験ができる 発掘ふれあい館 東大阪市立埋蔵文化財センター(大阪府東大阪市南四条町)瓢箪山

s-P1013032.jpg
発掘ふれあい館へ行ってきました。

s-P1013034.jpg
s-P1013037.jpg
東大阪では縄文時代や旧石器時代の遺跡が沢山発掘されていて
所狭しと展示保管されている施設なんですよー。

s-P1013038.jpg
日本の縄文時代はざっくり1万年も続き平和でした。
もしこの頃に文字があれば、もっと色々分かったかもしれませんね。
縄文時代から、日本人は食べ物の変化があまりないような気がします。

どんぐり以外はね。。どんぐりは何故食べなくなったんでしょうね。

s-P1013052.jpg
s-P1013051.jpgs-P1013054.jpg
s-P1013055.jpgs-P1013053.jpg
縄文時代と旧石器時代の土器が沢山展示されています。

s-P1013039.jpg
s-P1013040.jpgs-P1013059.jpg
弥生時代になると村から国へ。古墳時代が終わって寺院が増えます。
日本最古の寺は飛鳥寺か四天王寺。
東大阪では河内寺という廃寺跡があり、その遺跡が沢山発掘されています。
河内寺跡公園として整備しているそうです。
瓢箪山駅から10分という事はここから近い!
グーグルマップを見るとまだ更地のままなので
工事が遅れているのかも(?)しれませんね。

s-P1013056.jpg
えの木塚古墳

s-P1013060.jpgs-P1013061.jpg
収蔵品の展示室にも入ってみました。

地層を見ると縄文時代は貝食べすぎって感じよ。
貝殻は残りやすいだけだけど。

s-P1013066.jpg
s-P1013063.jpgs-P1013065.jpg
旧石器時代から近代までの遺物が所狭しと並んでいます。凄い数でした。

s-P1013077.jpg
外には復元された藁ぶき屋根の竪穴住居があります。

s-P1013080.jpgs-P1013079.jpg
中はひんやりしています。

s-P1013081.jpg
一段高い所はベッドでしょうか。
こういうくらしの方が楽しそうと思うのは私だけでしょうか。

20799440_1435728756507756_5663929435315526797_n.jpg
20708458_1435728779841087_5606136116477819238_n.jpg
縄文人が食べた貝

19225439_1380560638691235_8415332262894776059_n.jpg
発掘ふれあい館では土器づくりなどが格安で体験できます。

ガラス勾玉は要予約です。

土器作りは40円。埴輪を作るには足りないとの事で×4つにしました。
それでも160円と激安です。(2人分)

s-P1013082.jpg
白ねんどと埴輪の赤くなる粘土があり、私は赤土を選びます。

19146063_1380560595357906_3780039252041748373_n.jpg
完成しました。約40分。意外と簡単です。
左が縄文、右が弥生土器です。(笑)

素焼きにした後、2週間以降6カ月以内に取りに行く必要があります。
その時にニスを塗って艶を入れたり色を入れるそうです。



20729574_1435728703174428_3628717973316960049_n.jpg
完成しました!埴輪って感じ。素焼きの方が埴輪らしいし、
ニスを入れるとまた焼いて取りに行く必要があるので
このまま受け取りました。

埴輪は魔除けになるそうで、玄関に飾っておくといそうです。
2つ160円でできました!大人だけで来てる人は私達くらいだったけど(笑)
大人も楽しめますよ。

滑石勾玉(白大) 材料費60円 
滑石勾玉(白小) 材料費45円 
滑石勾玉(黒)  材料費130円 
滑石勾玉(灰)  材料費90円 
滑石勾玉(桃)  材料費90円 
管玉(黒・白・灰・桃) 材料費30円 
ガラス勾玉 材料費400円 要予約
土器づくり 材料費40円~ 
土笛づくり 材料費40円

発掘ふれあい館(東大阪市立埋蔵文化財センター)
大阪府東大阪市南四条町3−33
9時30分~16時30分

瓢形双円墳 史跡金山古墳公園(大阪府南河内郡河南町大字芹生谷)

s-P1013240.jpg
河南町の金山古墳へ行ってきました。
以前も来たことあるのに記事にしてなかったようです。

s-P1013250.jpg
s-P1013251.jpg
北と南に分かれた双円墳(瓢形双円墳)で
北丘が2段、南丘が3段で築かれています。
上から見るとひょうたんのような
形をした全国でも珍しい古墳だそうです。

s-P1013245.jpg
s-P1013246.jpg
金山古墳は6世紀末から7世紀頃の古墳です。
未整備だった頃は墳丘に民家もあったそうなんですが、
1991年頃から調査が行われ、
1995年に史跡金山古墳公園として整備されました。

s-P1013243.jpg
s-P1013252.jpg
段丘へは階段があり上ることができます。

s-P1013257.jpg
石室や石棺の中身はいつの頃なのか盗掘されていて
出土したガラス玉や耳輪、馬具、鉄刀、土器などは
近つ飛鳥の博物館で見られるそうです。

s-P1013254.jpg
s-P1013256.jpg
石棺が2つ見えます。

石室前の通路は実際は後で埋められていたそうですが
石室の部分はイメージしやすいように?埋葬直後の姿に復元したとか。

調査したのは北丘のみ。南丘の方にも横穴式石室が
あるそうですが調査していないそうです。

s-P1013242.jpg
駐車場も整備されていて無料です。トイレはありません。

s-P1013249.jpg
周辺は田植えが終わってのどかでした。

史跡金山古墳公園
大阪府南河内郡河南町大字芹生谷185番地の1

西行法師終焉の地 弘川寺と本坊の庭園 (大阪府南河内郡河南町弘川)

s-P1013265.jpg
s-P1013268.jpgs-P1013259.jpg
通りかかりのたまたまですが、河南町にある
弘川寺へ立ち寄りました。広い駐車場もあります。

石段を上がるといきなり本堂などがあって囲いがありません。
ので、何時でも訪れる事ができるようです。

s-P1013267.jpg
665年役小角によって創建、1189年、西行法師がこの寺を訪問中
病に倒れ、療養中に73歳で没したそうです。
本堂は、1463年河内国畠山氏の兄弟争いに巻き込まれ全焼後
500年後に再建されたそうです。

西行法師は僧侶であって歌人でもあります。
有名なのは、臨終の頃に読んだ
「願はくは、花の下にて春死なむ、そのきさらぎの、望月のころ」

二月の満月の頃、花の下で死にたいものだ。
桜が満開になる前の蕾の時期をさしています。
西行法師は1190年2月16日に亡くなりました。

s-P1013272.jpg
護摩堂

s-P1013275.jpg
御影堂

s-P1013271.jpgs-P1013270.jpg
地蔵堂と鐘楼堂

s-P1013277.jpg
鎮守堂

s-P1013276.jpg
本堂

s-P1013279.jpg
私達は本坊へも訪問しました。
西行記念館もありますが、4月1日~5月10日、
10月1日~11月10日までしか空いていないので
本坊のみの見学です。

s-P1013280.jpg
s-P1013284.jpgs-P1013281.jpg
本坊庭園の拝観料は300円です。
西行記念館も空いている時は500円のようです。
写真は庫裡門。

s-P1013283.jpg
弘川寺で五鈷杵のキーホルダーも購入しました。

s-P1013285.jpg
本坊の入口です。靴を脱いで上がります。

s-P1013286.jpgs-P1013287.jpg
s-P1013290.jpgs-P1013291.jpg
s-P1013293.jpgs-P1013294.jpg
s-P1013302.jpgs-P1013295.jpg
旧○○宅とかに似てると思ってしまった。

s-P1013288.jpg
天然記念物のかいどう

s-P1013300.jpg
渡り廊下

s-P1013298.jpg
s-P1013297.jpg
庭園

s-P1013305.jpg
s-P1013310.jpg
篠峯殿

s-P1013307.jpgs-P1013311.jpg
西行記念館

s-P1013304.jpg
山に囲まれて雰囲気のいいお寺でした。
一通り見学した後はお寺に戻ります。

s-P1013320.jpg
本坊と本堂の間にはハイキングコースがあります。
紅葉谷~桜山を周遊できるみたい。

s-P1013278.jpg
s-P1013321.jpg
本堂脇(本堂と鎮守堂の間)からは、
西行墳、西行堂、似雲墳~桜山の周遊コースもあります。
西行堂、似雲墳までなら徒歩10分程です。

s-P1013325.jpg
s-P1013322.jpg
西行堂

s-P1013327.jpg
s-P1013328.jpg
s-P1013333.jpg
少し山を登ると隠し里のような広場がありすごく神秘的な雰囲気。

s-P1013329.jpg
s-P1013332.jpg
西行墳

s-P1013334.jpg
s-P1013335.jpg
s-P1013337.jpg
似雲墳

s-P1013336.jpg
まだ二手に分かれる山道がありましたが引き返します。

s-P1013339.jpg
西行墳の広場(?)にも桜山周遊コースがあります。

s-P1013266.jpg
この辺りはハイキングコースも整備されています。
この山一帯は桜山で、葛城山とつながっています。

弘川寺
大阪府南河内郡河南町弘川43
本坊庭園10:00~17:00
ヤシの木PHOTO ALBUM 台湾旅行 (2014.2.19~21) グアム旅行 (2013.05.26~05.30) タイ旅行 (2010.11.10~11.14) グアム旅行 (2010.4.28~5.1) ハワイ旅行 (2008.3.27~4.2) 台湾旅行 (2006.7.1~3) サイパン旅行 (2005.4.22~24) ハワイ旅行 (2004.1.4~13) ハワイ旅行 (2001.9.24~31) ジャンル別まとめ 大阪府 北部・東部の おでかけスポット 大阪府 南部の おでかけスポット 関西 椎茸狩り、いちご狩り、 ブドウ狩り、潮干狩り、みかん狩り 西国三十三霊場 札所まとめ 関西BBQスポット 関西お花見スポット 記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
ブログタイムズ


相互リンク ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
記事検索
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ