ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報) おでかけ‐大阪府堺市

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報)

大阪発!旅行やお出かけ、食べ歩きブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ おでかけ‐大阪府堺市

大泉緑地でお花見♪2017.4.9(大阪府堺市金岡町)新金岡

s-P4080121.jpg
4/8(土)は天気予報は雨でしたが、かろうじて午前中は雨が降っていなかったので
さっと帰れる場所を選んで大泉緑地公園へ行ってきました。
写真は中央環状線から見える大泉緑地の案内看板です。
私よく間違えるんですが、だいせんではなく、おおいずみ緑地です。
堺には大仙公園(だいせん)もあるのでややこしいのです。

過去記事
大泉緑地公園 おおいずみ緑地 (2008.05.05)

s-P4080003.jpg
とても大きな公園で、桜の広場ではBBQも可能な為、
いつも週末は満車の状態でしたが、桜が満開だというのにガラガラでした。
天気予報が悪かったからかしら。

第一駐車場から羊の広場、ふれあい庭園、桜の広場と移動します。

s-P4080119.jpg
管理事務所に無料のレンタルサイクルも有ります。
大泉緑地は広いのでこれあると便利ですねー。借りればよかったです。

s-P4080002.jpg
公園内には割と沢山桜の木があり、訪れた時は
いい感じに満開でした。

s-P4080005.jpg
s-P4080007.jpg
ひつじの広場

s-P4080012.jpg
大泉池と桜

s-P4080014.jpg
中央休憩所

左側に軽食が食べられる食堂、右に花と緑の相談室がります。

s-P4080031.jpg
公園内は不必要な段差がなく、バリアフリーになっています。
車いすだけではなく、ベビーカーも助かりますよね。

一昔前までは、意味のない段差が多かったですし。

s-P4080018.jpg
s-P4080020.jpg
おおいずみ池には沢山の鴨が泳いでいました。


ヘタな動画も。。見ます?最後なんかおっちゃんが。。

s-P4080032.jpg
ふれあいの庭へ

ここはペット禁止です。

s-P4080033.jpg
トピアトリー

s-P4080044.jpg
香りの庭

s-P4080039.jpg
色の庭

s-P4080038.jpgs-P4080035.jpg

s-P4080042.jpg
音の庭

車いす、子どもが無理なく水に触る事が
できるようにこうなってるようです。水琴窟もあります。

s-P4080045.jpg
雪柳と猫

s-P4080046.jpg
s-P4080047.jpg
ハクモクレンと椿。
椿が首からぼとっと落ちる感じですね。

s-P4080049.jpg
桜の広場に到着しました。BBQのいい匂いw

s-P4080051.jpg
s-P4080064.jpg
s-P4080060.jpg
一本一本が大きい桜ばかりで、顔より下まで
枝が垂れてる桜が多く、まじまじと花弁を見る事ができます。

ソメイヨシノは本当に綺麗ですね。しかも満開!

s-P4080062.jpg
桜の広場は芝生になっています。

一時的に雨はやんでいるものの、これから雨だと思うと
レジャーシートを敷いてのんびりできなかったのがとても残念です。

s-P4080079.jpg
s-P4080080.jpg
満開の桜の下でお花見ができます。

s-P4080071.jpg
真上を見上げても桜です。ずっとここに居たい気分。^^
天気が悪くて写真が暗いですね。。

s-P4080103.jpg
s-P4080104.jpg
BBQしている方が圧倒的に多いですね。いい匂い。><
ここって売店とか何もないんですよ。。

s-P4080105.jpg
写真の右側は双子山です。
こちらにもソメイヨシノが100本植えられているそうです。

s-P4080110.jpg
公園内には結構猫ちゃんがいます。

s-P4080112.jpg
なんか面倒くさそうだったんだけどw出てきてくれました。
いかつい顔しているけどゴロゴロ言っています。

s-P4080114.jpg
s-P4080115.jpg
雄雌すごく仲が良くて可愛かったです。

過去記事
大泉緑地公園 おおいずみ緑地 (2008.05.05)

大泉緑地公園
大阪府堺市北区金岡町
御堂筋線新金岡駅から1km(徒歩15分)
新金岡駅から南海バス「大泉緑地前」下車すぐ
駐車場:一時間420円。以降1時間毎に100円
ふれあいの庭
入園:無料
開園時間:9:30~17:00
スポンサーサイト

ソフィア堺 天体観察会(大阪府堺市中区深井清水町)

s-PA150089.jpg
ソフィア堺に行ってきました。

土曜日に天文観察会があるとの事でした。
ついでに18時からのプラネタリウムも見たかったのですが、間に合いませんでした。

s-PA150095.jpgs-PA150094.jpg
予約は特に要らないんですって。
直接6Fに上がって受付を済ませるだけでした。
この日は月と冥王星などが見られるとの事でした。

s-PA150096.jpg
屋上からの眺め。

夜空のムコウには・・。曇ってもないけど星なんてみあたりません。
ネオンが綺麗ですね。^^;

s-PA150931.jpg
近くにあるお城のような結婚式場

s-PA150932.jpg
満月の様ですが、翌日でした。

s-PA150102.jpg
この日は火星とペガスス座などを観察しました。
火星は遠いですね。ペガスス座あたりの星がクリスタルの様に
キラキラしていてとても綺麗でした。

s-PA150104.jpg
覗いたものを激写するのは難しく…。写真は月です。
月はまぶしくて太陽を見ているようでした。

s-PA150933.jpg
s-PA150117.jpg
天文台へ

s-PA150120.jpg
こちらで見たのも火星です。
土星はもう沈んでしまって見れませんでした。

天文台の観察会は、毎月第1・3・5週の土曜日と、第2・4週の金曜日に開催しています。

s-PA150093.jpg
プラネタリウムは新作が登場してまた訪れたいと思いました。

過去記事
ソフィア・堺 プラネタリウム~カフェテリアステラ STELLA(2011年07月30日)

ソフィア・堺
堺市中区深井清水町1426番地
プラネタリウム:大人500円、小人250円
天文観察会:無料
駐車場:30分100円

第42回 堺まつり(堺市役所~ザビエル公園)

s-PA170008.jpg
2015年10月17日(土)~18(日)に開催された
第42回堺まつりに行ってきました。

昭和49年から毎年10月に行われるお祭りで
今年は42回目だそうです。

大小路筋シンボルロードでは、
ふとん太鼓やなんばん衣装行列、火縄銃隊などがのパレードがあり、
ザビエル公園ではなんばん市も有ります。

過去記事はこちら
第38回堺まつり NPO法人観濠クルーズSakai 堺のんびりクルーズ(2011年10月31日)

s-PA170001.jpgs-PA170007.jpg
先にトイレを借りに(w堺市役所へ。
屋上は見晴らしのいい展望ロビーになっています。
カフェもありますよ。
堺市役所展望ロビーについてはこちら↓
堺市役所21階展望ロビー (2007.09.14)

s-PA170028.jpgs-PA170029.jpg
市役所の1階ではイベントも開催していました。
三陸のわかめつめ放題(笑)300円というのをやってみます。

s-PA170032.jpg
詰め込んでも詰め込んでも「まだまだ~。」
と言われ、結局この量よりもあふれる程いただきました。

s-PA170034.jpgs-PA170035.jpg
たこやき300円

s-PA170037.jpgs-PA170040.jpg
布団太鼓があっちからこっちから集まってきます。
道路を通行止めにしていないのがすごいなーと思いました。

この日は土曜日でしたが、日曜は鉄砲隊などの
パレードもあったそうです。

s-PA170051.jpgs-PA170052.jpg
ザビエル公園にも行ってきました。

以前ここで包丁買ったんですよね。
はがねが錆びたから、買いなおそうと思ってたのに
結局選べなくて買いませんでした。

s-PA170055.jpg
包丁の作り方を生で見ました。

結構すぐに真っ赤になるんですね。

叩くと火の粉が飛び散りますw
飛び散った火の粉は不純物なんですって。

昔は手で叩いていたけど今は機械が打ってくれるので
下で持ってるだけでいいそうです。

s-PA170056.jpgs-PA170064.jpg
体験もできますけどかなり重たくて全く楽しくありません。w
見てる方が楽しいかもしれませんね。

s-PA170069.jpg
また堺市役所の方まで戻りました。

s-PA170071.jpg
パレードの時は車輪で曳行していただけですが、こちらは担ぎあげいます。
どちらにしても、ずっと「べ~らべ~らべらしょっしょい」と叫んでいるので
頭から離れなくなりました。どういう意味でしょうね。

堺まつり
2015年10月17日(土)~18(日)
ザビエル公園~堺市役所付近
毎年10月に開催

榎並屋勘左衛門屋敷跡(芝辻理右衛門屋敷跡)~堺鉄砲屋敷~鉄砲鍛冶屋敷跡

s-P6061188.jpg
堺市の綾ノ町から鉄砲町にかけて、
榎並屋勘左衛門屋敷跡(芝辻理右衛門屋敷跡)~堺鉄砲屋敷~鉄砲鍛冶屋敷跡
とめぐってきました。

s-P6061189.jpg
この辺りは鉄砲鍛冶屋が沢山ありました。
この建物跡は完全に新しく建て替えられていますね。

堺は大坂夏の陣、大戦時の空襲で2度焼かれ、
大きな道路は戦後昭和30年頃に区画整理された道で
綾ノ町の様に細い道が続く辺りは昔から残っている土地なんですって。

s-P6061187.jpg
徳川家康が大阪城を攻めるための大砲作りを命ぜられたのが
芝辻理右衛門氏で、1611年に国内最大級の大砲を作ったそうです。

堺の鉄砲商人は、武士と同じ程の権力を持っていたようで
豊臣側にも鉄砲を売っていたんですって。
と言うよりも、お金さえ払えばだれにでも売っていたそうです。

s-P6061257.jpg
この大砲は、今は靖国神社の遊就館に保管されているとか。
行った事あるけど、あったかなぁ。
記事: 東京旅行3日目(明治神宮~靖国神社~赤坂サカス)2009年01月19日

s-P6061259.jpg
堺は1586年豊臣秀吉によって環濠を埋め立てられ、
大坂夏の陣(1615年)の際に豊臣側に焼かれた事。
堺の職人を大坂にどんどん連れて行かれ、
ただの物づくりの町と衰退してしまいます。

逆に徳川家は環濠を掘り直し、
堺を復興してくれたという事で、徳川寄りだったんですって。

ちなみに、大阪市の堺筋は、堺の職人を住まわせたから堺筋。
中央区にある平野町は、現平野区の職人が住んでいたからついた地名だそうです。

堺の方が歴史は古い。とのことですが、確かに大阪市は海でしたからね。
今の大阪(市)があるのは、大公さんに、
堺の職人のみなさんのおかげでもあるという事ですね。

石山本願寺→ウィキペディア

関連記事
第38回堺まつり NPO法人環濠クルーズSakai 堺のんびりクルーズ
2011年10月31日

s-P6061191.jpg
綾ノ町の停留所。7つの角があるから七道(?)

s-P6061192.jpg
紀州街道

s-P6061295.jpg
s-P6061296.jpg
鉄砲鍛冶屋敷跡

s-P6061294.jpg
こちらは現在も住民がいるとのことで非公開。
年一回だけ内部の一般公開をしてくださるそうです。

s-P6061251.jpg
堺鉄砲館

入館料は100円です。ガイドさんがとても詳しく教えてくれます。

s-P6061252.jpg
鉄砲屋敷跡が入れないため、ここで色々説明を聞きます。

s-P6061253.jpg
持たせてもらいましたが、とても重いです。
左の長い鉄砲は実際人を打っていませんが、
右の短めの鉄砲は大名用で実際打ったことがあるもの。
(どの玉が命中したかはわからず)

s-P6061254.jpg
江戸の平和な時代に入ると鉄砲も売れなくなり、
模様入りの飾りとして売られるようになります。

s-P6061256.jpg
一番右のは岸和田城岡部氏所有のものだそう。

左の長い鉄砲よりもさらに重いです。

s-P6061261.jpg
弾丸は丸いです。先がとがっていなくても体に入るんですねー。
鉛は体に毒なので、すぐに取り出さないとダメなんですって。
打たれたら、右の小さいものでも顔が吹き飛ぶとか。

s-P6061262.jpg
鉄砲はポルトガル人が種子島に漂流した時に持っていた2丁を
種子島の島主が買取り、鍛冶屋に複製させたのがきっかけで、
国内に一気に広まります。すでに世界一ともいえる数の鉄砲がありました。
鉄砲を売った国はあったけど、それをコピーして作ったのは日本だけらしい。

堺や周辺に鉄が採れる産地はありませんが、
朝鮮半島から人と共に鉄も輸入していたとされています。

作り方は鉄の延べ棒を熱して丸くして、
更に周りを鉄をらせん状に巻きつけます。
これが無いと衝撃で鉄に亀裂が入ってしまうそうです。
なので、持つととても重いのです。

ポルトガルやスペインは昔は凄かったですよね。
侵攻の手口はキリスト教の仮面をかぶったスパイを送ることから始まります。w
フランシスコザビエルが国王に送った手紙に
「日本の軍隊は非常に強力なので軍事での侵略は不可能」と書いたとか。
国内の戦の為の鉄砲が牽制に繋がったてたんですね。

s-P6061255.jpg
刀も包丁も鉄砲も…すべてこれで作ります。

s-P6061260.jpg
長篠の戦い(1575年)

織田信長と武田信玄の戦いでは、戦いに強かった武田信玄が敗北。
新兵器に次々とやれれてしまいます。

この時の鉄砲の数は3000ですが、堺で作られたものです。
当時、鉄砲は近江でも作られていましたが、
近江の場合、殿様等特別な人物用に丁寧に作っていたので数がわずか。
注文があればすぐに納品できるようにしていたのが堺でした。
大阪商人というのも原点は堺だったのでしょうか。

無駄な在庫を抱えないように、いつどこで戦が起きそうか?などの
情報収集に、お茶が栄えたそうです。

茶室って特別天井が低かったり、秘密の小部屋みたいだったのも
納得できますね。

s-P6061263.jpg
s-P6061264.jpg
江戸時代の和泉国の本(本物)

無造作に置かれていて読むことができますが、
値段を聞いているのに長さを応えたりして、
武士をからかっている様子が描かれています。
大阪のお笑いも、堺が原点ではないのかとの事。

江戸も末期となれば平和すぎて武士が貧乏となりましたが、
堺の鍛冶職人は包丁に切り替え、自転車部品と現在に至ります。

お茶に鉄砲に刀に包丁に…話が全部つながりました。

for22-1.jpg
明治維新により大阪よりも巨大な堺県が誕生します。

東京、京都、大阪を府としましたが、何故こんなに大阪府が小さいのか?
府にしては狭小すぎたため、14年後、堺は大阪とくっつきました。

堺がまた繁栄するチャンスだったのですが、
くっつきたくなかった相手とくっついてしまったという事なんですって!
大阪都構想についても、大阪市とくっつけて良かったね?
みたいな上から目線が許せなかったんだとか。^^;
初耳でとてもショッキングでしたが(笑)それは冗談なのか、
一人のガイドさんの意見なのかは分かりませんが、
「そうだったのかぁ。今までごめんね。」と聞いていたのでした。

前記事
堺市立町屋歴史館 山口家住宅(大阪府堺市堺区錦之町東)
堺市立町家歴史館 清学院(大阪府堺市堺区北旅籠)

鉄砲館のガイドさんは話が分かりやすくてとても勉強になりますよ。

堺鉄砲館
11:00~16:00(土・日曜日、祝日のみ開館)
100円 ※武将変身体験100円(別途)

堺市立町家歴史館 清学院(大阪府堺市堺区北旅籠)

s-P6061281.jpg
s-P6061282.jpg
江戸後期から明治初期の寺子屋として使われていた
堺市立町家歴史館 清学院へ。
お寺の様で素通りしかけました。

1689には「山伏清学院」の名の修験道場として
の歴史もあるそうです。

s-P6061279.jpg
中に撮影禁止場所があって、仏様が祀られています。
オモテから見るとこんな感じです。

s-P6061280.jpg
入館料は100円ですが、山口家住宅とセットだと250円です。

s-P6061284.jpg
中は結構狭いです。

寺子屋は家の手伝いをしてから勉強に来るなど
時間に決まりが無かったので、窮屈ではなかったようです。

s-P6061286.jpg
机はほんとに古そうなものと、新しいものが並べてありました。

s-P6061291.jpg
s-P6061292.jpg
年期の入った硯

s-P6061288.jpg
s-P6061293.jpg
庭の井戸は実際に水が出ます。

s-P6061283.jpg
河口慧海(かわぐちえかい)(1866年~1945年)さんのパネル
ガイドさんが詳しく教えてくださります。

日本人で初めてヒマラヤを超えてチベットに行った人物です。
他に何かこの建物についての話題が無かったのか。
ちょっと疑問でした。

前記事
堺市立町屋歴史館 山口家住宅(大阪府堺市堺区錦之町東)

南方熊楠記念館(和歌山県白浜町臨海) (2012.08.07)

堺市立町家歴史館 清学院
堺市堺区北旅籠(きたはたご)町西1丁3-13
ヤシの木PHOTO ALBUM 台湾旅行 (2014.2.19~21) グアム旅行 (2013.05.26~05.30) タイ旅行 (2010.11.10~11.14) グアム旅行 (2010.4.28~5.1) ハワイ旅行 (2008.3.27~4.2) 台湾旅行 (2006.7.1~3) サイパン旅行 (2005.4.22~24) ハワイ旅行 (2004.1.4~13) ハワイ旅行 (2001.9.24~31) ジャンル別まとめ 大阪府 北部・東部の おでかけスポット 大阪府 南部の おでかけスポット 関西 椎茸狩り、いちご狩り、 ブドウ狩り、潮干狩り、みかん狩り 西国三十三霊場 札所まとめ 関西BBQスポット 関西お花見スポット 記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
ブログタイムズ


相互リンク ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
記事検索
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ