ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報) 国内旅行・おでかけ‐奈良県

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報)

大阪発!旅行やお出かけ、食べ歩きブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2018年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 国内旅行・おでかけ‐奈良県

奈良探索(7)春日大社(奈良県奈良市春日野町)

s-P3170292.jpg
最後に春日大社へ。
ここって奈良駅から遠いですよね。
私達は観光しながら最終的に行きついた感じで
ここに来た頃はいつもくたくたな状態になっています。

写真は内侍門です。

s-P3170282.jpg
s-P3170284.jpg
s-P3170287.jpg
鹿に囲まれました。

s-P3170305.jpg
境内案内図

s-P3170297.jpg
s-P3170301.jpg
廻廊

1179年の創建で複廊造りの三棟造りなんだそうです。

s-P3170306.jpg
s-P3170307.jpg
交通守りを購入しました。3つ目です。
3つも車にチャラチャラつけることになります。

s-P3170308.jpg
南門

1179年創建で、春日大社の正門になっています。

s-P3170302.jpg
砂ずりの藤

s-P3170317_201803251310503bb.jpg
着到殿

s-P3170318.jpg
参道の売店。ガチャガチャがすごい。

s-P3170321.jpg
祓戸神社

s-P3170323.jpg
二の鳥居

s-P3170324.jpg
春日大社から近鉄奈良まで歩く気がせず、梅林近くでバスを待ちます。
さっき出たばかりなのに、10分もしない内に次々バスが来るので便利ですよ。

奈良公園 興福寺~東大寺~春日大社 (2008.03.19)

春日大社
奈良県奈良市春日野町160
スポンサーサイト

奈良探索(6)若草山(奈良県奈良市雑司町)

s-P3170248.jpg
登ってみた事のなかった若草山へ登ってみました。

s-P3170258.jpg
こんなに大きなはげ山も珍しいですよね。
標高342mだそうです。

最近ヘタレな私達には程よい高さです。

s-P3170254.jpg
ここってお金がいるんですねー。
通常160円でしたがこの日は無料でした。

s-P3170250.jpg
wakakusa.jpg
写真をお願いしたら遠すぎてワロタ。
でもモンゴルの遊牧民みたい。行ったことないけど。

s-P3170265.jpg
s-P3170268.jpg
フェンスの所まで上ってみました。

s-P3170255_201803251148431b5.jpg
南側か北側から登るんですねー。山頂まで40分程なんだそうですが
もう夕方だったので、また日を改めてハイキングしたいと思います。

s-P3170261.jpg
s-P3170267.jpg
s-P3170266.jpg
s-P3170263.jpg
一番高い所からの眺めです。

s-P3170259.jpg
開放しているからか、中にも鹿がいました。

若草山
奈良県奈良市雑司町
大人(中学生以上)150円  小人(3歳以上)80円
1.開山期間は、3月第3土曜日から12月第2日曜日

奈良探索(5)東大寺 二月堂~手向山八幡宮(奈良県奈良市雑司町)

s-P3170154.jpg
東大寺では訪れた事が無かった二月堂へ行ってみました。

s-P3170162.jpg
東大寺の案内図

s-P3170159.jpg
s-P3170158.jpg
大仏堂

s-P3170155.jpg

s-P3170170.jpgs-P3170171.jpg
俊乗堂

"鐘楼の北側に元禄年間、公慶上人が重源上人の遺徳を讃えて「俊乗堂」を建立。堂内中央に国宝「重源上人坐像」が安置されている。俊乗房重源は、1121年(保安二年)京都に生まれ、父は紀季重。13歳で醍醐寺に入って密教を学び、1167年(仁安2年)入宋し、翌年帰国。1180年(治承4年)平重衡によって大仏殿が焼かれるなど、東大寺の多くの伽藍が焼失したが、翌年60歳を過ぎた彼が造東大寺の大勧進職に任ぜられ、10数年の歳月をかけて東大寺の再興を成し遂げた。再建に当って、大仏様(だいぶつよう)と呼ぶ宋風建築様式を取り入れ、再建の功により大和尚の号を受け、1206年(健永元年)86歳で入滅した。"(HPより)

s-P3170190.jpg
四月堂

"開山良弁(ろうべん)僧正の像を祀るため、良弁堂ともよばれる。内陣中央に八角造の厨子がすえられ、国宝の僧正像が安置されている。良弁が遷化した宝亀4年(773)年から246年後に初めて御忌法要が行われたことから、この堂はその時に創建されたようである。"

s-P3170178.jpgs-P3170179.jpg
鐘楼

s-P3170184.jpg
s-P3170182.jpg
無茶苦茶でかいです。大みそかに行列ができてたのこれですね。

s-P3170173.jpgs-P3170174.jpg
行基堂

s-P3170176.jpgs-P3170171.jpg
念佛堂

s-P3170172.jpg
ラブラブな鹿がいました。どっちもメスですが。

s-P3170192.jpg
s-P3170193.jpg
阿加井屋

お水取りの時に、僧侶が少し残したご飯を阿加井屋めがけて投げるんですって。
すると鳥たちが食べにやってくるそうです。

s-P3170191.jpg
"治承4年(1180年)の平重衡の兵火では焼失をまぬがれ、奈良時代の建物が近世まで存続していたが、寛文7年(1667年)、修二会の最中に失火で焼失。現存する二月堂はそれから1年足らず後の寛文9年(1669年)に将軍徳川家綱の援助で再建されたものである。"(wikipediaより)

s-P3170195.jpg
二月堂は石段を登った丘にあります。

s-P3170199.jpg
s-P3170200.jpg
s-P3170205.jpg
s-P3170203.jpg
二月堂の舞台からの眺め

s-P3170198.jpg
お茶屋さんもあります。

s-P3170209.jpg
s-P3170210.jpgs-P3170213.jpg
二月堂茶所

s-P3170211.jpg
お水取りの松明の杉

検索すると、修二会の大松明ってすごいようですね。
よく火事にならないもんです。

s-P3170212.jpg
1896年製造の湯釜

s-P3170232.jpg
s-P3170231.jpg
法華堂(三月堂)

"東大寺建築のなかで最も古く、寺伝では東大寺創建以前にあった金鍾寺(きんしょうじ)の遺構とされる。752(天平勝宝4)の東大寺山堺四至図(さんかいしいしず)には「羂索堂(けんさくどう)」とあり、不空羂索観音を本尊として祀るためのお堂である。旧暦3月に法華会(ほっけえ)が行われるようになり、法華堂、また三月堂ともよばれるようになった。もとは寄棟(よせむね)造りの正堂(しょうどう)と礼堂(らいどう)が軒を接して建つ配置であったが、鎌倉時代、礼堂を入母屋(いりもや)造りに改築して2棟をつないだ。正堂は天平初期の建築だが、礼堂は大仏様(だいぶつよう)の特色が見られる鎌倉時代の建築。時代の異なる建築が高い技術によって結ばれ、調和の取れた美しい姿を見せる。"

s-P3170235.jpgs-P3170234.jpg
法華堂経庫

s-P3170233.jpg
s-P3170238.jpg
手向山八幡宮

手向山の麓にあります。

"749年東大寺及び大仏を建立するにあたって宇佐八幡宮より東大寺の守護神として勧請された。八幡宮からの分社では第一号である。当初は平城宮南の梨原宮に鎮座し、後に東大寺大仏殿南方の鏡池付近に移座したが、治承4年(1180年)の平重衡による戦火で焼失、建長2年(1250年)に北条時頼が現在地に再建した。創建以来、東大寺に属しその鎮守社とされてきたが、明治の神仏分離の際に東大寺から独立した。"(wikipediaより)

s-P3170236.jpg
楼門

s-P3170237.jpgs-P3170241.jpg
境内

s-P3170243.jpg
奈良人形とか一刀彫ってあるんですね。

s-P3170245.jpg

つづく

東大寺二月堂
奈良県奈良市雑司町406-1
手向山八幡宮
奈良県奈良市雑司町434

奈良探索(4)奈良公園とお辞儀をする奈良の鹿(奈良市登大路町)近鉄奈良

s-P3170101.jpgs-P3170093.jpg
西大寺の後は結局平城京めぐりはせずに
また近鉄電車に乗って奈良へ。奈良駅にもciao pressoがあったので
すこし休んでから奈良公園を探索しました。

s-P3170099.jpg
興福寺北参道

s-P3170100.jpg
奈良公園のマップです。めちゃ広いです。
周辺の興福寺、東大寺、春日大社、奈良国立博物館、なども含めると
東西約4キロメートル、南北約2キロメートルもあるそうです。

s-P3170108.jpg
春日東西両塔跡

"春日大社一の鳥居を入った北側にあたる、東西に並んだ二基の塔跡で、現在その礎石が廻廊や門の部分を含め博物館なら仏像館の南側に残っています。西塔は永久4年(1116)に関白の藤原忠実(ふじわらのただざね)によって、東塔は保延6年(1140)に鳥羽上皇(とばじょうこう)の本願によって建立され、西塔は「殿下の御塔」、東塔は「院の御塔」と称されていました。治承4年(1180)、平重衡(たいらのしげひら)による南都焼き討ちにあって焼失し、その後再建されましたが、応永18年(1411)に落雷によって焼失し、その後は再建されずに今日に及んでいます。東西両塔の規模はともに興福寺五重塔とほぼ同じで、初層の一辺は約8.6メートル、高さ約50メートルだったと推測されています。また、両塔の南正面には複廊、中央には楼門を設け、東・西・北の三方には一辺約70から80メートルの築地(塀)を巡らしていました。往時の偉容は、絵画の春日宮曼荼羅(かすがみやまんだら)などに見ることができます。"(HPより)

s-P3170109.jpg
これが両塔跡…。って鹿に占領されています。

29356917_1641715229242440_6925162314102472704_n.jpg
s-P3170107.jpg
何度も頭を上げ下げするのがお辞儀をしているようで、
こちらもお辞儀をしてみると、鹿も頭を下げます。
つられているだけなのか、芸ができるのか分かりませんが、
外国人観光客が動画を撮ってるのを見ると、やっぱりたまたまではなく、
ちゃんとお辞儀をしてるんですね。
「日本は鹿まで礼儀が正しい。」とか思われてるかもしれませんが
こんなことをするのは奈良の鹿だけで
奈良でシカ見られない光景です。(突っ込み不要)

29258567_1641715175909112_4684821709386153984_n.jpg
29342429_1641715042575792_4295804307816579072_n.jpg
眼が合うと微笑んでくる鹿も結構いました。

大人しくてとても可愛いです。
毛の生え代わり時期でぼさぼさなのもまた可愛い。

ふと、いつから奈良に鹿が居るんだろうと気になったんですが、
1300年前から居るんですね。野生動物なので飼育もしてないんですって。

現在1200頭程いますが、明治維新の時に38頭、第二次世界大戦の時に
79頭まで減ってしまって絶滅の危機があったんですって。

s-P3170114.jpg
この建物は仏像館としてリニューアルしたとか。

s-P3170112.jpg
飛鳥時代初期の石棺。

s-P3170115.jpg
仏像館

"明治27年(1894)に完成した、奈良で最初の本格的洋風建築"だそうです。

表に写真禁止マークがあったので入りませんでしたが
土日祝は20:00まであいてるのが嬉しいですね。

s-P3170118.jpg
s-P3170120.jpg
地下回廊

s-P3170122.jpg
仏像模型

仏像ってこうやって作るんですね。

s-P3170123.jpg
奈良国立博物館はこの日閉館中でした。

s-P3170128.jpg
s-P3170129.jpg
私のマフラーを狙っている鹿。目をそらすと食べる(たぶん)

s-P3170132.jpg
東大寺方面へ

s-P3170135.jpg
南大門

s-P3170139.jpg
東大寺ミュージアムですって。こちらも写真禁止だそうなので
入りませんでした。4月から9月まで休館だそうです。

s-P3170145.jpg
奈良の大仏の実物大の手2.56m

s-P3170141.jpg
カフェ、売店のあるギャラリーのみ入ってみました。

s-P3170143.jpg
大絵馬

s-P3170144.jpg
大仏殿屋根あり、屋根なしですって。
よく考えると、大仏と大仏殿は大仏が先なんですね。

s-P3170152.jpg
東大寺にも鹿が沢山います。

手を後ろ手に組んで立ち止まっていると、
後ろから手をペロッとされます。2度舐められたけど
振り向くときょとんとしていてメチャ可愛かったです。

2018年 初詣 東大寺(2018.01.02)
奈良公園 興福寺~東大寺~春日大社 (2008.03.19)

奈良公園
奈良市登大路町30
奈良国立博物館
奈良市登大路町50番地
奈良公園
東大寺
奈良県奈良市雑司町406-1
4~10月 開門 7:30 閉門 17:30
11~3月 開門 8:00 閉門 17:00
大人600円、小人300円

奈良探索(3)奈良県営競輪場で鍋焼きうどんと高松宮杯(奈良県奈良市秋篠町)

s-P3170085.jpg
秋篠寺参拝後、お腹が空いたので大通りに出ようと思ったら
目の前に県営競輪場がありました。

競輪場の前には2軒昼から飲めるお食事所もありましたが。。

場外日は入場無料らしいので競輪場内で食べることにしました。

29315000_1641717235908906_9098141008230612992_n.jpg
29258676_1641692369244726_8944456405386002432_n.jpg
見つけたお店は2つ。愛ちゃんへ入りました。

29339966_1641717089242254_1038948031942098944_n.jpg
29314546_1641717182575578_3314168465501192192_n.jpg
表にはラーメン専門と書かれていましたが、たこ焼きに
土手焼きにうどんに種類は豊富です。

29250088_1641716972575599_123669064982724608_n.jpg
私は鍋焼きうどん(500円)鍋が良いですねー。

s-P3170089.jpg
鍋焼きうどんは海老天や肉、卵に揚げが入っています。
関西出汁で、つるっとしたうどんで美味しかったです。

s-P3170090.jpg
うな重(1000円)

注文すると思ったんですよね。。なんで競輪場でうな重。

s-P3170091.jpg
豚汁300円

29261731_1641717039242259_3954798275474751488_n.jpg
さて、せっかく競輪場に来たので、今から間に合う6Rに挑戦!
初競輪ですが、直感で。

高松杯なので、四国出身の、1番高知県 浜口選手
7番香川県の大西選手の2人に絞ります。

どっちが一着でもいいように枠連にしました。

9人いるんですが、枠は6つです。
1~3までの枠は1人なのに、4~6には2人なんですね!
私は1-5の2枠複にしましたが、2人に絞っていたので1-7の
2車複にするべきでした。

29261899_1641715385909091_699730643025657856_n.jpg
夫はこの日3月17日だからと3-1-7にしていました。
1-2-6はよく分かりませんが、1-7はちょっと惜しい!

29258490_1641692229244740_6002052801423736832_n.jpg29261376_1641715402575756_4415446347038064640_n.jpg
29261973_1641715459242417_1485669641983361024_n.jpg
外はちょっと寒いので室内に移動。なんと、ドリンクが無料でした。
コーヒー買おうと思ったけど温かいリンゴジュース。

29257569_1641715539242409_6415046926642708480_n.jpg
29339537_1641715615909068_4135578602924146688_n.jpg
7番(枠5)と1番(枠1)が来ました。

29313439_1641715645909065_9127770669050757120_n.jpg
29356792_1641715502575746_9189553601805025280_n.jpg
100円が520円になりました。

帰りは競輪場近くのバス停にすぐにバスが来たので飛び乗ります。
西大寺駅行きのバスですが、奈良けいりん開催日は
競輪場~西大寺間の無料送迎バスがあるようです。

奈良県営競輪場
奈良県奈良市秋篠町98
無料駐車場 1,360台
ヤシの木PHOTO ALBUM 台湾旅行 (2014.2.19~21) グアム旅行 (2013.05.26~05.30) タイ旅行 (2010.11.10~11.14) グアム旅行 (2010.4.28~5.1) ハワイ旅行 (2008.3.27~4.2) 台湾旅行 (2006.7.1~3) サイパン旅行 (2005.4.22~24) ハワイ旅行 (2004.1.4~13) ハワイ旅行 (2001.9.24~31) ジャンル別まとめ 大阪府 北部・東部の おでかけスポット 大阪府 南部の おでかけスポット 関西 椎茸狩り、いちご狩り、 ブドウ狩り、潮干狩り、みかん狩り 西国三十三霊場 札所まとめ 関西BBQスポット 関西お花見スポット 記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
ブログタイムズ


相互リンク
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ