ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報) 登山・山登り‐兵庫県

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報)

大阪発!旅行やお出かけ、食べ歩きブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 登山・山登り‐兵庫県

篠山を巡る旅(1)丹波富士(高城山) 八上城跡ハイキング462m(兵庫県篠山市八上)

s-P8220006.jpg
朝5時45分に家を出発して兵庫県篠山市を巡ってきました。
目の前に写る丹波富士とも呼ばれる高城山で、
山頂には八上城跡があります。

11951327_861911400556164_2087970334484175174_n.jpg
西紀SAで一度目の(?)朝ごはんのつもりが
西紀SAの前に高速を降りたのでミニストップで朝ごはん。

s-P8220009.jpg
八上城跡のハイキングコースへは、道が結構ややこしいです。(7:10)
春日神社を目標にすると、篠山城近くにも春日神社が。。
ナビも登山口まで案内してくれません。^^;

s-P8220008.jpgs-P8220010.jpg
国道372号線の、八上下ー八上内交差点の間、
どちらかと言うと、八上内交差点近くの名もなき路地。
向かいに喫茶「みちくさ」がある辺りの路地を入っていくと、
写真2枚目の「重兵衛茶屋」が右手にあるのが目印です。

s-P8220014.jpg
こんな所に道があるのか?と言う感じですが、
写真の「国宝堂古美術」というお店の奥が
「春日神社口」登山道です。

s-P8220018.jpg
春日神社の鳥居です。右が国宝堂古美術。
ここから八上城跡ハイキングをします。

s-P8220020.jpgs-P8220019.jpg
トイレ前に車を停めるスペース有り。
写真2枚目のスペースには縁石のようなものが角にあって注意。

s-P8220007.jpg
八上城(丹波最大の古戦場跡)は460mの山城です。

1508年波多野氏の築城で、1579年6月明智光秀の攻撃で落城しました。
戦国時代は攻められないように山頂に建てられたお城が多いのですが、
八上城も過去何度も戦がありました。

明智光秀は、織田信長から丹波攻めを命じられたものの山の形状からか?苦戦し
八上城の波多野秀治、秀尚、秀香3兄弟が激しく抵抗します。

光秀は母親を人質に送り八上城を開城しますが、
安土に送られた波多野三兄弟は信長が勝手に磔刑してしまいます。
波多野軍の家臣は光秀の母を松の木に磔殺害してしまいました。
(この話は後世の創作かもしれません)

s-P8220027.jpgs-P8220025.jpg
s-P8220028.jpgs-P8220029.jpg
登山口にある春日神社です。人気はありません。
とても古びた雰囲気のする神社です。

s-P8220023.jpgs-P8220030.jpg
7:49に登山を開始します。

s-P8220032.jpgs-P8220033.jpg
主膳屋敷跡(7:50)

屋敷跡らしきものは何もありません。
それだけ時が流れたという事ですね。

s-P8220034.jpg
奥には春日大社のお堂が見えます。

木が生い茂っていましたが、ここに屋敷があったのですね。

s-P8220035.jpg
すぐ近くにある前田主膳正供養塔。

八上藩藩主 (1602年 - 1608年)前田茂勝
熱心なキリシタンであったために幕府に危険視され、
終には発狂して多くの家臣を切腹させたために幕府から改易を申し渡され、
甥の堀尾忠晴に身柄を預けられた。
改易後はキリシタンとして真面目な生活を送ったと言われている。
元和7年(1621年)に40歳で死去。


s-P8220038.jpgs-P8220039_201508232234035d8.jpg
伝 鴻の巣(8:00)

西からの敵に備えた番所。木と木の間から少し覗いてみました。

s-P8220041.jpgs-P8220042.jpg
伝 下の茶屋丸(8:04)

西からの敵に備えた陣地跡とあります。
ここは展望が良いですね。ベンチなどはありませんが。

s-P8220043.jpg
伝 上の茶屋丸(8:10)

下の茶屋丸から徒歩2分とのことですが、そんな時間で登れませんよ…。
結構急こう配でかなりきついです。
4時に寝て5時起きというと寝不足なのかお酒が残っているのか?(爆)
この辺りからめまいが止まらず休み休み。(汗だく)

s-P8220044.jpg
右衛門丸跡(8:30)

ようやく、城跡らしい所に到着しました。
崩れ落ちそうですが、石垣が残っています。
山全体の連絡や指揮にあたった地だそうです。

s-P8220045.jpg
三の丸跡(8:32)

重要防備陣地跡だそうです。
少しスペースがありますが、この辺りに生えた木は伐採されるんですね。
引っかかってこけそうになります。

s-P8220047.jpg
二の丸跡(8:33)

最も重要な任務を担当した場所らしい。

この辺りから虫(アブ)などに威嚇されるようになります。
が、夏登山の割には虫が少なかったなぁ。

s-P8220052.jpg
本丸跡(8:35)に到着しました。
登山口から45分と案内通りです。

s-P8220049.jpgs-P8220050.jpg
八上城趾碑、波多野秀治公表忠碑があります。

s-P8220051.jpg
展望はこんな感じです。ここまで来てやっとベンチを発見。
山頂でコーヒーとサンドイッチと思って作ってきたのに
虫が多いので、お茶だけ飲んで降りることにしました。

ここから、明智光秀の母(人質)を張り付けたという松の木跡に行くには
藤ノ木コースへ行く必要がありましたが、私たちは来た道を戻ります。

s-P8220054.jpg
春日神社口(9:10)到着しました。

下りもきつく、膝がガクガクです。
朝早めに登ったというのに全身汗だくなので、
山登りファッションからホットパンツ等に着替え、
食べ損ねたサンドイッチをキンキンに冷えた車内で食べました。

ルートと所要時間(1時間20分)
春日神社登山口(7:49)~主膳屋敷跡(7:50)~伝 鴻の巣(8:00)
~伝 下の茶屋丸(8:04)~伝 上の茶屋丸(8:10)~右衛門丸跡(8:30)
~三の丸跡(8:32)~本丸跡(8:35)~春日神社口(9:10)

つづく

八上城
兵庫県篠山市八上内字高城山
阪神高速松原線(駒川)~中国道(池田)~舞鶴道(丹南篠山口IC)
~国道372号~八上下と八上内差点間→春日大社口登山道
スポンサーサイト

六甲全山縦走路 鉄拐山~おらが山~高倉山~栂尾山~横尾山~須磨アルプス~東山~妙法寺

須磨浦山上遊園 須磨浦公園~鉢伏山~旗振山~鉄拐山 の後、

私達が通ったルートです。


須磨浦公園(11:45)~リフト、カーレーターで旗振山へ(12:00)

~旗振山山頂(12:30)~鉄拐山山頂(13:40)~おらが茶屋(14:00)

~高倉台(14:10)~高倉住宅街(14:20)~階段(14:20~33)

~栂尾山山頂(14:48)~横尾山山頂(15:08)

~須磨アルプス(15:12)~馬の背(15:35)~東山(15:10)

~神戸市営交通 妙法寺駅(16:26)~山陽電鉄 板宿

~山陽電鉄 須磨浦公園駅(17:00)


須磨浦山上遊園の噴水広場から

旗振山まで戻り、全山縦走路 高倉台、横尾山方面へ進みました。


3月に、凄い突風が吹き荒れていた日がありましたよね。。

その日に私達は山登りをしていたんですが(爆)

山の上では、自分も飛ばされそうな程の爆風が吹いていました。(汗)


そのせいか、公園を離れると急に人がいなくなりました。


急こう配でしんどい山道が続き、↑こんな感じの分かれ道へ出ます。


須磨アルプスへ行くには、右側の六甲縦走路 鉄拐山方面へ進みます。


鉄拐山山頂到着 (13:40)


標高は234m 鉄拐山は、三等三角点でした。

おらが茶屋到着(14:00)


険しい道から整備された道へ。

ここへば車でも来られるようで、駐車場もあります。


レストランの中に入ろうとすると、BBQでもしてるかのような匂い…。


ちらっと覗くと、自衛隊のような方たちが

電気も点けずに、カレーでも作ってるように見えたんですが、

この日ボヤを起こしてたようで、消防や警察がいっぱい来ていました。


「火事ですか??」と、

後ろからジロジロ見てしまってスイマセン。

(しかも激写までしちゃいました。)


高倉山(高倉台)到着(14:10)

その後、山を下りて高倉住宅街を歩きました。

スーパーもあるので、買い出しも可能です。


ニュータウンといった感じの住宅街で、人も沢山いるんですが、

ここはどこなんだろう??と、迷子にでもなったような不安な気持ちになりました。


栂尾山、横尾山方面 の看板


あちこちに、六甲縦横の案内板があるのが親切。

おかげで道に迷う事はありませんでした。

須磨アルプスへ続く階段到着。(14:20~33)


何段あるのか分かりませんが、凄く長い階段です。

13分掛けて登りました。^^;


突風で、一歩足を上げる度に

手すりのない左側に飛ばされそうで、とても怖かったです。


階段を上り終えた所からの景色。


今まで歩いて来た山が、遠くに見えます。


しばらく道なりを歩くと、須磨浦離宮公園への分岐点がありました。

須磨離宮公園から登った方が、だいぶ近かったようです。


須磨アルプスへ行くには、栂尾山、横尾山、高取山方面へ進みます。


栂尾山山頂到着(14:48)


展望台のようなものがありました。標高274mです。

景色がよかったのかな??


突風のため展望台には上らず、そのまま先へ進むと、

だんだん風化が激しく、もろい地形に変わっていました。

横尾山 山頂到着(15:08)


尾根沿いに歩いているので、一日で沢山の山頂を目指す事ができます。


横尾山を過ぎればすぐに須磨アルプスは見えてきます。


ここから須磨アルプスを横断します。

この道をずっと渡って行くんですが、柵もないのでちょっと怖かったです。


ゆっくり歩かないと、ホント飛ばされそうです。

(実際は、写真で見るほど怖くはありません。)


名勝 馬の背(15:35)


馬の背を、振り返ってみてみました。



東山山頂到着。(15:10)


東山山頂から、須磨アルプスの眺め。



その後、今来た道を戻る気にもなれず、往復で買ってしまったリフトは諦めて、

神戸市営交通 妙法寺駅~板宿(乗り換え)

~山陽電鉄で、須磨浦公園へ電車で戻りました。(17:00)


六甲全山縦走路(鉄拐山~栂尾山~横尾山~須磨アルプス~東山ルート)

山陽電鉄 須磨浦公園(駐車場:1時間400円+、以降1時間200円)

山陽電鉄須磨離宮公園すぐ(駐車場:1日500円)

神戸市営交通 妙法寺

甲山森林公園~甲山ハイキング


甲山(かぶとやま)へ、ハイキングに行ってきました。


私達が通ったルート(赤く引いたライン)は、

正面入口(11:00)~時計広場~愛の像霧噴水~展望台~甲山自然学習館

~甲山自然の家~湿原観測園~甲山キャンプ場~甲山自然観測池~

甲山山頂(12:50)~軽登山道~神呪寺~市道~梅林~展望台~彫刻の道~

時計広場~駐車場(14:30)


下山後また公園を通ってるのは、そのまま“地滑り資料館”に行こうと

思ったんですが、抜け道がわからず断念したからです。^^;


甲山には第一駐車場と第二駐車場があり(無料)

私達は、第一駐車場に車を止めて、

甲山森林公園を探索してから、甲山を上りました。



目の前にあるぽこんとした山が甲山(309.4m)です。

可愛いけど、死火山で、1200万年前に噴火があったそうです。


甲山の前にある“愛の像”は、土台が赤御影石、像が白大理石でできているそうです。



愛情の像(左)のある広場は、梅林になっていました。




数本しか植えられていませんでしたが、丁度見ごろでした。

小ぶりの梅で可愛かったです。



展望台


見晴らしのいい展望台で、関空まで見えます。

天気が悪くて、写真には上手く撮れませんでした。



甲山山頂へは、軽登山道を通るコース(階段が多い)と、

北山貯水池側から上るコース神呪寺から上るコースともうひとつ、

絶壁コース(?)のような登山道があったと思います。(多分)


私達は、その絶壁コースに行きたかったんですが、

結局上ったのは、北山貯水池側から上るコースでした。



甲山湿原観測園(左)


第1~第5まであり、中に入って観測する事ができます。

時期的に、何も咲いていませんでした。


モリアオガエル観測池(右)


ぱっと見た感じ、カエルもオタマジャクシもいないようでした。



キャンプ場の方からずっと歩いていると、北山貯水池、仁川河原、甲山山頂の

分岐点があり、ここから甲山山頂を目指しました。


この道は急こう配の続く山道で、山登りって感じでした。



甲山山頂到着


山頂はとても広く、子供たちが鬼ごっこをしていました。



二等三角点でした。


甲山古墳銅貨


古墳のような場所は、青銅器でできた銅貨が発見された場所だそうです。



12:50 昼食タイム


若乃花の鴨出汁醤油うどんに、白菜、しめじ、えりんぎ、豚肉ロース、

豆腐を追加しました。


食後はマグボトルにコーヒーを追加。

マグボトルは、いつまでも冷めないので重宝しています。



山頂からの眺め


ぼんやりと、遠くの方に梅田のビル群が見えました。




帰りの登山道は、階段で一気に下り、途中で神呪寺 経由の登山道でした。


仁川百合野地すべり資料館 へ続く


甲山森林公園

兵庫県西宮市甲山町43

阪急甲陽園駅から徒歩2km

阪神西宮駅~阪神バス(鷲林寺循環線)甲山森林公園前

武庫川渓谷紅葉狩り 福知山線廃線ハイキング~武田尾温泉 元湯旅館 (兵庫県西宮市)

旧福知山線の廃線ハイキングに行ってきました。

生瀬か名塩からいけますが、私達は宝塚線の西宮名塩駅から出発しました。


ちなみにここは旦那さん家の最寄り駅なんですが、

ここが西宮??と思う程、のどかな風景が広がっています。


意外と知られていませんが、紅葉が凄く綺麗で、

冬になると山がオレンジや黄色、赤色に染まり、紅葉がとても綺麗です。


ひっそりしていて落ち着きますし、

この辺りはハイキングコースも沢山あります。


廃線の入り口が少し変わっていたので、地図を見ながら歩きます。こちら

右に右に、ゆるいカーブを真っ直ぐ行くと、写真(右)のような道があります。

この道の先が、廃線の入り口です。(ワンちゃんに注意)


入り口到着


以前の入り口は、コンクリートで塗り固められて居たんですが、

この日ちらっと見てみると、ショベルカーで壊している最中でした。


入り口からすぐに絶景が広がっています。


176号線からずっと続いている武庫川も、この辺りから

渓谷に変わり、大きくて綺麗な奇岩が見物です。


旧福知山線の生瀬~武田尾間は、

ほぼ武庫川に沿って走っていたため、廃線後は

絶好のハイキングコースとなっています。(?)


以前、「ハイキングコースではありません。」と書かれたJRの看板と、

「武庫川渓谷へようこそ」の看板に戸惑ったものですが、


今回行ってみると、「落石注意」 の看板しか見当たりませんでした。


JRはともかく、西宮側は一応認めてないので、立ち入り禁止なんですけどね。^^;

宝塚側は、ハイキングコースとして整備しています。


高座岩


この辺りがダム建設予定地です。(ダム建設計画は中断しているようです。)


一つ目のトンネル


兵庫登山会の立派な看板は、あと5枚程立てられていました。

いい言葉ですね。^^;


昔は木の枕木が当たり前でしたが、こうしてみると懐かしいですね。

人が歩いて風化して、どんどん磨り減っていました。


2つ目のトンネル


このトンネルが一番長いような気がします。

中はひんやりしていて、視界は“0”なので、ここは絶対に懐中電灯が必要です。

LEDの白い光は、全然役に立ちませんでした。^^;


人面岩(?)


どれが人面岩か分かりませんでしたが、動物や人間の顔が

あちこちにあるそうです。


第二武庫川橋梁


この辺りから急に山深くなり、紅葉がとても綺麗でした。


武田尾は、秋は紅葉、春はさくらの名所でもあるんですよねぇ。

そういえば、夏か冬にしか来た事がありませんでした。T_T


親水広場の紅葉


ハイキングも、殆ど終盤の地点(武田尾から1km)は、

沢山のもみじが紅葉していました。


あまりにも綺麗で感動しました。


他のおばさんたちも感動して、鼻歌まで歌い出だしていたのが

とても面白かったです。(笑)


桜の園へは、この階段を登ります。

秋なので行きませんでしたが、桜が満開の時にまた行ってみたいと思います。


これ以上進むと民家に入ってしまうので、この辺りで、お昼ごはんにする事にしました。


このハイキングコースには、武田尾側に2つ、バイオトイレと水道があります。

今日は鍋と焼きおにぎりです。


鍋焼きうどんの大を購入して、

後から白菜や具を足しててんこ盛りにしています。(汁はうどんの汁です。)

生から火を掛けたんですが、15分もあれば食べ頃になります。


うどんの汁とは思えない程、鶏肉の出汁がでていて、

汁まで飲み干すほど、とても美味しかったです。


ゆっくりペースでも、1時間半のハイキングだったので、

ちょっと物足りませんでした。



ハイキングの後は、武田尾温泉へ。


武田尾温泉までの道に、名塩・武田尾ハイキング道があります。


読売ゴルフをぐるっと廻るコースなんですが、かなりしんどそうですね。

でも、綺麗に整備されている道なら行って見たい気もします。

2004年の台風で崩壊後、立て直した武田尾橋。

朱色ではなく、真っ赤だったのがとても印象的でした。

マルキ旅館


以前ここのお風呂に入った事があります。

外湯1000円でしたが、今でも日帰り入浴をしているのかは分かりません。


洞窟風呂が有名だそうですが、

私が入ったのは、家のお風呂を少し大きくしたような、小さい湯船でした。


最近別館が建ったようで、とても綺麗になっていました。


マルキ旅館は、庭の紅葉がとても綺麗でした。
庭では川と紅葉を見ながらの、BBQと温泉セットがあるようです。


河鹿荘


かなり年期の入った温泉宿でした。HPで見た河鹿荘と大違い(笑)

ここも興味深々でしたが、更に奥に進む事にしました。

一番奥にあって分かりにくいのが、元湯旅館

車も沢山とまってるので、ただの民家に見えます。


犬鳴温泉( 記事 )のように鄙びた温泉。

こういう雰囲気大好きです。^^


パンフレットをもらったんですが、国鉄時代のままのパンフレットで

とても面白かったです。


国鉄時代の福知山線は、生瀬~武田尾までで、

西宮名塩駅がまだ出来てなかったんですね。


今でこそ快速が止まるようになりましたが、

10年前は、携帯も繋がらないし、電車の本数も少なくて、

かなり不便な場所だったんですよねぇ。。


川の向こう側(宝塚側)には、紅葉館 別庭あざれ が建設中でした。(12/12オープン)

とても大きな温泉旅館が完成すると思います。


オープンしたら是非行ってみたいです。

その後、武田尾橋を通り、JR武田尾駅~西宮名塩まで電車で戻りました。


関連記事:

蓬莱峡 ハイキング 上流コース ( 2008-01-06 )


武庫川渓谷

JR宝塚線 武田尾から徒歩10分

生瀬・名塩側からはこちら


元湯旅館

兵庫県西宮市塩瀬町名塩4205-1 0797-61-0234

日帰り入浴1000円

河鹿荘

兵庫県西宮市塩瀬町名塩5313-33 0797-61-0331

日帰り入浴可

マルキ旅館

兵庫県西宮市塩瀬町名塩5313-35 0797-61-0221

紅葉館 別庭あざれ

兵庫県宝塚市玉瀬字出灰(イヅリハ)1-47 0797-91-0131

日帰り入浴1800円

蓬莱峡 ハイキング 上流コース

旦那さんの実家近くに、『 蓬莱峡 』 という峡谷があります。

存在を知ったのはサスペンス劇場なんですが(笑)

映っていたバス停に見覚えがあり、

「これ実家の近くじゃない??」と思ったのがきっかけです。^^


やっと行く事ができました。


阪急バスでいうと、『 知るべ岩 』停留所近くに、車も止められる空き地がありました。

止めてもいいのかはわかりませんが、不法投棄が凄かったです。


その駐車場(?)の先に、『 蓬莱峡堰堤 』という綺麗に整備された橋があり、

そこから「蓬莱峡 上流コース 」は続いていました。

川の水はとても透き通っていて、土は粘土でどろどろしています。


鉄分を多く含んでいるんでしょうね。石も赤茶けています。


「おにぎり持ってきたらよかったね。」と、皆口々に言っていました。(笑)

人もまったく来ないし、鍋を囲んでいたりしても、じろじろ見られる心配もなさそうです。^^

おにぎりを買いに行きたい気持ちもありましたが(笑)、更に先に進みました。


炊事場や暖炉、トイレなどがあり、かつてはここで、

ログハウスでもやっていたのかな??と思わせる、残骸が沢山ありました。


道はもう荒れていて、目を細めて歩かないと木の枝が目に刺さりそうです。


集落跡なのか、15軒くらいの廃墟があり、中にはお風呂、トイレ、6畳の和室がありました。

不気味なんですが、こういうの好きでだったりします。(爆)

テレビでも時々“ 滅びた村 ”なんて特集やってますよね。。私大好きなんです。(笑)



何か出てきそうでしょ。

こんな感じの廃墟が沢山立ち並んでいるんです。

勝手に色々想像をして、話が盛り上がりました。(笑)

その後、少し場所を移しました。阪急バスの 『 蓬莱峡 』 バス停です。

このフェンスの右側から階段で下まで降りる事ができます。

ここから見た蓬莱峡は、屏風岩なんかも見られて綺麗だと思います。

私たちは車だったため断念。


六甲は岩盤の堅い山ですが、花崗岩が風化すると、逆にもろくなるようですね。

山肌むき出しの白水峡などは、石材の採集の為、剥げているものだと思っていました。

お弁当を買って出直し・・・。とはいかず、コープ店内で食べてしまいました。(笑)

蓬莱峡は、全貌をまだ見てないので、また行きたいと思います。


その後、義理親が散歩中見つけたという、

“ くろやぎのはっちゃん”に会いにいきました。

R176沿いの新天上橋(有馬川)を渡った所の、兵庫石材さんの敷地内です。


バッファローか??って思う程大きくてワイルドなヤギです。

頭突きをするので、フェンスはぼろぼろ(笑)

大根の葉が大好きで、食べながら「ウォゥウォ~。」と、念仏を唱えながら

喜んでいます。^^


はっちゃんのお庭は結構広いのですが、退屈だろうな~と思います。

えさを持って(?)遊びに行ってあげてください。*^^*

(雑草は食べません。)


蓬莱峡堰堤( MAP

阪急バス しるべ岩、または座頭谷口下車


はっちゃんの居場所(笑)

西宮市山口町下山口3-3-7 ( MAP

ヤシの木PHOTO ALBUM 台湾旅行 (2014.2.19~21) グアム旅行 (2013.05.26~05.30) タイ旅行 (2010.11.10~11.14) グアム旅行 (2010.4.28~5.1) ハワイ旅行 (2008.3.27~4.2) 台湾旅行 (2006.7.1~3) サイパン旅行 (2005.4.22~24) ハワイ旅行 (2004.1.4~13) ハワイ旅行 (2001.9.24~31) ジャンル別まとめ 大阪府 北部・東部の おでかけスポット 大阪府 南部の おでかけスポット 関西 椎茸狩り、いちご狩り、 ブドウ狩り、潮干狩り、みかん狩り 西国三十三霊場 札所まとめ 関西BBQスポット 関西お花見スポット 記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
ブログタイムズ


相互リンク ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
記事検索
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ