ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報) 国内旅行・おでかけ‐和歌山
FC2ブログ

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報)

大阪発!旅行やお出かけ、食べ歩きブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 国内旅行・おでかけ‐和歌山

和歌山県世界遺産センターと大斎原の大鳥居~熊野本宮(和歌山県田辺市本宮町本宮)

s-P8110277.jpg
s-P8110257.jpg
瀞峡の後、熊野本宮前を通ると凄く綺麗な街並みに変わっていて
ちょっとしたお土産屋さん外になっていました。
大きな建物もあったので入ってみました。
和歌山県世界遺産センター(展示&交流空間)だそうです。

s-P8110211.jpg
s-P8110212.jpg
s-P8110215.jpg
展示&交流空間“Kii Spirit”は南館と北館があります。写真は南館です。

廻廊ゾーンは高野山、熊野三山の自然観を表現しています。

s-P8110216.jpgs-P8110217.jpg
s-P8110218.jpgs-P8110219.jpg
s-P8110220.jpgs-P8110231.jpg
北館です。日本のサッカーのマークってやっぱり
八咫烏なんですねー。

s-P8110235.jpg
大鳥居(大斎原)へ行ってみます。

s-P8110239.jpg
s-P8110241.jpg
大鳥居

夜はライトアップもするみたいです。
この時17:00過ぎていましたが、熊野本宮大社は19時まで空いてて
助かりました。

s-P8110247.jpg
s-P8110249.jpg
明治の水害で、12の社殿が流されてしまったそうです。
それで、丘(?)上の熊野本宮へ、被害を逃れた3社は移動したとか。

s-P8110248.jpg
大斎原は草原のようになっていて、今は何もありませんでした。

s-P8110258.jpg
次は熊野本宮大社へ。
全国に3000社以上ある熊野神社の総本宮です。
2050年前の創建ですよ!すごい!

ここっていつ来たかなーと思ったらまだ娘が子供でした。

過去記事
川湯温泉 木魂の里キャンプ場(2005年09月20日)

s-P8110262.jpg
この階段を見て嫌気がさしましたが頑張ります。

s-P8110265.jpg
手水舎

s-P8110266.jpg
s-P8110267.jpg
本当は大斎原にあった熊野本宮大社のイメージです。

s-P8110269.jpg
御朱印所もまだ開いていました。

s-P8110271.jpg
立派な社殿がありますが、ここから先は撮影禁止でした。

和歌山県世界遺産センター(展示&交流空間)
和歌山県田辺市本宮町本宮100
9:00~17:00(駐車場無料)

熊野本宮大社
和歌山県田辺市本宮町本宮1110
6:00~19:00
スポンサーサイト

日米修交記念館~海金剛~阿野木展望台(和歌山県東牟婁郡串本町樫野)

s-P7210234.jpg
串本では日米修交記念館へも立ち寄りました。
1975年に建てられた博物館です。

s-P7210239.jpg
トルコ記念館とセットで600円でした。

s-P7210240.jpg
こじんまりとしていてこのフロアのみです。
展示物も乏しくてほぼパネルのみ。
屋上に展望広場があるそうですが木で何も見えないとの事でした。

s-P7210258.jpg
あまり知られていませんが、ペリーの黒船来航より
62年も前に、アメリカの2隻の商船が
串本(紀伊大島)に上陸していたそうです。

公文書に記録のある日米間の接触は初めてだそうです。
トルコの軍艦遭難より100年も前です。

s-P7210242.jpg
日本ではこの来航は偶然の「漂着」に過ぎないと史実が隠蔽されてきた。
これは、当時の江戸幕府の統治下、よりによって江戸幕府の御三家であり、
絶大な権力を持っていた紀州藩が外国と密に接触するようなことが表沙汰になり、
幕府の信用が失墜することを恐れたためであり、
紀州藩も武士を大島に派遣し、掃討する計画を実行していた。 (wikipedia

s-P7210246.jpg
琉球到着

1791年ボストン船籍の「レディ・ワシントン号」(ケンドリック船長)と
ニューヨーク船籍「グレイス号」(ダグラス船長)は、
中国からの帰路、ラッコの毛皮を交易しようと南日本の港に入港。

石垣島と西表島では現地の人に騙されかけたと書いてあります。
招かれていたのか罠なのか、危険を察して逃げたので上陸はしていません。

s-P7210247.jpg
串本到着

漂着したと装って寄港したとwikipediaにはあります。

この頃の日本は鎖国をしていたので、
いかなる場合でも、異国船を上陸させるわけにはいきませんでした。
大島の村長はすぐに和歌山城に知らせを送り、異国船には
大勢で小舟で近づいては手を振ったりしたそうで、
「近づくな、と言っているようだが、我々を恐れているようだ。」と
アメリカ側の記録にあります。

日本側文献
寛政3年3月26日夕、南海道紀伊国大嶋浦へ
蛮船2隻漂着、右大嶋浦は口熊野の内也
小舟をおろし魁主は赤将束緋羅紗の由十四五人端船にて
磯部乗廻り、小鳥銃にて鳶鳥を十五六打申候
この後大嶋の水有之所にて水を取申候、
水源より木綿桶にて端船へ水を招きやり候由、
漁船を招き一怪書を贈り申候、本船主紅毛有之候得共、
紅毛とは不相見へ、ムスコヒヤヲロシヤの類と相見へ、
横文字を有之候、去年本船はアメリカ記し…略(HPより)

s-P7210248.jpg
大島上陸

日本では毛皮を羽織るのは野蛮であり、
全く価値が無い事を知り、交易する意欲はまるで失せたそうです。
水を得るため、複数のボートで大島に上陸し、その後すぐに船に戻りましたが
天気も荒れていたので船は停泊したままでした。

翌日もまた森に入り、水を汲んで木を切ったそうで、
日本側の記録には、鉄砲で足元を撃たれたと書かれていますが
アメリカ側に記録はないそうです。

日本側の警戒を解くため、一緒に乗船していた中国人に
中国語の手紙を書いてもらい渡したそうです。

「貴国を通過するつもりはなかったが、嵐で漂流した。
5日以上滞在することはない、風が良ければすぐに立ち去る。」
と書かれていたそうです。

s-P7210250.jpg
敵意が無いと知った日本側は、異国船に乗り込み、
薪や米を贈ったとあります。

s-P7210251.jpg
s-P7210252.jpg
s-P7210253.jpg
幸い、紀州藩の追手も悪天候で足止めされたため、
御用とならずに出航。10日間も停泊していたそうです。

s-P7210254.jpg
s-P7210255.jpg
この2隻のアメリカ商船が上陸して以降、
異国船が何度もやってきましたが、日本は拒み続け
長崎以外での親書の受け取りはしなかったそうです。

s-P7210261.jpg
日米修好館の奥には遊歩道があります。

s-P7210264.jpg
海金剛

s-P7210267.jpg
休憩所

s-P7210275.jpg
s-P7210268.jpg
海は荒れ荒れです。漂着するのも分かりますねー。

s-P7210272.jpg
泡だっていて、サイダーの様でした。



日米修好記念館
和歌山県東牟婁郡串本町樫野1033
JR紀勢本線串本駅よりバス35分 
串本町コミュニティーバス大島・出雲線「樫野口」下車、タクシー20分
定休日・営業時間年中無休・09:00~17:00
入場料:250円(小学生以下120円)/駐車場:あり(無料 )40台・

トルコ記念館~トルコ軍官遭難慰霊碑~灯台旧官舎~アタテュリュク像~樫野埼灯台(和歌山県東牟婁郡串本町樫野)

s-P7210139.jpg
以前から行ってみたかったトルコ記念館へ行ってきました。

s-P7210136.jpg
駐車場から灯台までの道にはトルコ記念館、
トルコのお店、トルコ軍官遭難慰霊碑、
魚見台、灯台旧官舎、アタテュリュク像、樫野埼灯台があります。

s-P7210147.jpg
トルコ軍官遭難慰霊碑

ここは明治時代、トルコ軍艦「エルトゥールル号」が座礁した地です。
オスマン海軍少将以下587名が殉職、、
69名が大島樫野村民により救助されました。
引き揚げられた遺体は、遭難現場である「船甲羅岩礁」を真下に見下ろす
樫野埼の丘に埋葬され、明治24年、墓碑と追悼碑が建立され、
トルコ記念館は、トルコ国との友好の証として建設されました。

s-P7210156.jpgs-P7210159.jpg
アタテュリュク像(トルコ初代大統領)と三頭三角点

s-P7210140_20180729181934405.jpgs-P7210148.jpg
トルコアイスのお店があります。

s-P7210142.jpg
ちらっと見える海はとても荒々しくいかついです。

s-P7210161.jpg
s-P7210165.jpg
樫野崎灯台

江戸時代(1866年)に建った灯台です。

s-P7210166.jpg
s-P7210168.jpg
灯台に上ってみました。日陰に入ると涼しいです。

s-P7210169.jpgs-P7210170.jpg
s-P7210171.jpg
灯台からの景色です。眺めも最高でした。

s-P7210167.jpgs-P7210163.jpg
灯台の官舎

イギリス人が設計した古い建物で、文化財に指定されているとかで
写真撮影禁止でした。入館料100円いります。

エアコンなしで汗がボトボト落ちました。
早口なスタッフが館内を案内してくれますが
とにかくすごく暑かったです。💦
それを察しているのかすごく早口でした。

遭難したトルコの船員は、50mほどあった崖を這いあがってきて
ここで助けを求め、島民一丸となって救助したそうです。
船は水蒸気爆発したため、助かった人たちも血まみれだったとか。

言葉が分からず、国旗一覧を見せるとトルコ国旗を指さしたそうです。

s-P7210137.jpg
トルコ記念館

入館料は大人500円ですが、
日米修好館とセットだと600円でした。

s-P7210183.jpgs-P7210182.jpg
ここでは、遭難したエルトゥールル号が日本にやって来た経緯や
事故の様子など詳しく知ることができます。

s-P7210185.jpg
船はこんな感じの木造でした。

s-P7210189.jpg
明治22年(1890年)、トルコ(当時はオスマン帝国)は
オスマン・パシャ特派大使海軍少将を特派使節として日本に派遣。
巡洋艦「エルトゥールル号」は明治23年6月7日に横浜港に到着。
1年くらいかかっています。(?)
オスマン帝国の使節団は明治天皇に拝謁し、
後は帰るだけでしたが、コレラなどの病気にかかってしまったため、
3か月日本に滞在しました。

s-P7210208.jpgs-P7210204.jpg
s-P7210209.jpg
事故現場

明治23年9月14日、日本は台風が多いので、もう少し滞在したほうがいいと
助言をしたそうですが、オスマン帝国の情勢が危うく、
急いで帰る必要があったそうです。
明治23年9月16日、エルトゥールル号は熊野灘に差しかかり、
樫野埼灯台下の岩礁「船甲羅」へ乗り上げ座礁します。

s-P7210194.jpg
s-P7210191.jpg
大島島民による救助活動

s-P7210215.jpgs-P7210213.jpg
海から回収した遺品。
まだ引き上げられないまま海に沈んでいる
遺品が次々見つかるそうで、数人が行方不明のままです。

s-P7210225.jpg
約100年後、イランイラク戦争中の1985年3月17日、サダム・フセインが
「今から48時間後、イラン上空を飛ぶ飛行機すべてを打ち落とす」
と世界に布告。各国は、自国民の救出に救援機を出しましたが
日本は救援機を出しませんでした。9条にひっかるのかな?

駐イラン野村大使は、各国に空席があったら
日本人を乗せて欲しいと頼んでいた所、
困難な情勢の中で、トルコのオザル首相は自国民よりも在留邦人216人を
最優先して救出する事を決断し、2機の救援機を出して
日本人を助けてくれました。取り残されたトルコ人もいて陸路で帰ったそうです。

後に駐日トルコ大使のネジアティ・ウトカン氏が、
「エルトゥールル号の事故に際して、日本人がなしてくださった
献身的な救助活動を、今もトルコの人たちは忘れていません。
私も小学生の頃、歴史教科書で学びました。
トルコでは子どもたちでさえ、エルトゥールル号の事を知っています。
今の日本人が知らないだけです。
それで、テヘランで困っている日本人を助けようと、
トルコ航空機が飛んだのです。」

この2つの出来事はwikipediaでも見れますが、
「海難1890」という映画で見ることができます。
舞台は串本とトルコです。アマゾンプライムで見れますよ。

s-P7210224.jpg
最近トルコ航空機の当時の復刻版が登場し、
「kushimoto」の文字が刻まれているそうです。

トルコ記念館
入場料:500円(高校生以下250円)
和歌山県東牟婁郡串本町樫野1025-25
交通・アクセスJR紀勢本線串本駅よりバス37分 
串本町コミュニティーバス大島・出雲線「樫野灯台口」下車、タクシー20分
定休日・営業時間年中無休・09:00~17:00
駐車場:無料84台あり 

本州最南端の潮岬と潮岬観光タワー(和歌山県東牟婁郡串本町潮岬)

s-P7210094.jpg
本州最南端の潮岬へ行ってきました。

s-P7210111.jpg
s-20180721_014820000_iOS.jpg
和歌山県の串本町にある半島で、台風観測で有名な所です。
四国や九州の方が南にありますが、潮岬は本州で最南端です。

s-P7210046.jpg
s-P7210071.jpgs-P7210077.jpg
売店前には本州最南端のポストがあります。
観光タワーが近いですが、先に本州最南端へ。

駐車場から結構歩きます。うだる暑さできついです。

s-P7210079.jpg
本州最南端 潮風の休憩所

s-P7210083.jpgs-P7210088.jpg
s-P7210085.jpgs-P7210087.jpg
s-P7210089_20180722215931d49.jpgs-P7210090.jpg
中は冷房が効いていて快適です。畳の席もあって眺めがいいです。

s-P7210091.jpg
本州最南端の石碑

s-P7210092.jpg
ここが最南端からの眺めです。降りる事はできません。

s-20180721_015414000_iOS.jpg
本州最南端にいる私

s-P7210095.jpg
s-P7210097.jpg
また来た道を戻ります。最南端から見た潮岬観光タワーと、
左側は2階がレストラン、1階にお土産屋さん、トイレがあります。

s-P7210098.jpg
s-P7210101.jpg
観光タワーの1Fはエルトゥールル号館

s-P7210099_20180722232655fe2.jpg
s-P7210100_2018072223265670f.jpg
海難1890という映画で使われたセットのエルトゥールル号が展示してあります。

この映画はAmazonプライムで見れます。

ここはエアコンが無いので汗が吹き出します。

s-P7210107.jpg
入館料は大人300円です。
隣のレストランで、タワーバーガーを食べると1枚入場券が付くので
1人分で済みました。

s-P7210115.jpg
エレベーターで7階へ行き、8階までは階段を上ります。

s-P7210114.jpg
s-P7210119.jpg
高野山方面のみ山でした。

s-P7210116.jpg
本州最南端方面です。

s-P7210117.jpgs-P7210121.jpg
望楼の芝生左側と右側。地球が丸い事を確認できる展望台でした。

s-P7210118.jpg
望楼の芝生のさらに左側には無料(?)のキャンプ場があります。

s-P7210120.jpg
s-P7210122.jpg
とても長めのいい展望台でした。
潮岬に来たらぜひ登りたい展望台ですね。

s-P7210076.jpg
電車とバスで来る勇気はないけど、
コミュニティバスも出てるんですね。

潮岬観光タワー
和歌山県東牟婁郡串本町潮岬2706-26
08:30~16:30
入場料:大人300円 小・中 100円 / 駐車場:無料100台

国の名勝・天然記念物「橋杭岩」と道の駅くしもと橋杭岩で車中泊(和歌山県東牟婁郡串本町)

s-P7210016.jpg
s-P7210003.jpg
夜中の3時に起きて大阪から串本へ行ってきました。

田辺IC~すさみICは紀勢道。無料道路です。
トンネルばかりの新しい道で渋滞もなく
海水浴シーズンでも混みそうな時間でも快適でした。

朝の5時頃着いたので、すでに明るかったのですが
道の駅くしもと橋杭岩で車中泊しました。(次記事に分けます。)

8時に起きる予定が、起きたら9時半と寝坊!
外に出たらすでにカンカン照りでした。^^;

s-P7210025.jpg
目の前が橋杭岩という、、まさに絶景の道の駅でした。

でも夜だと怖いので、5時着でよかったです。

s-P7210004.jpg
橋杭岩(はしぐいいわ)

マグマの上昇と波の浸食で出来た岩で横900mもあります。

s-P7210005.jpg
s-P7210008.jpg
道の駅のお店はすでに営業中です。

朝からサザエのつぼ焼きとかあるんですねー。
まぐろカツバーガーなども売られていました。

s-P7210006.jpg
オーシャンビューの売店

s-P7210007.jpg
道路の向かいにもお店があって、もう営業中。
たばこの自販機がありました。

s-P7210009.jpg
売店の裏から海へ出られます。潮がかなり引いてます。

s-P7210002.jpg
岩まで歩いて行けそうなくらい引き潮でした。
行きたかったんですが、外に居られない程暑くて(7/21)断念しました。
写真では涼しそうですね。

s-P7210013.jpg
s-P7210010.jpg

s-P7210012.jpg
小さい魚が泳いでいます。

s-P7210014.jpg
ここでは泳げませんが、すぐ隣には橋杭海水浴場もあります。

s-P7210017.jpg
私達は潮岬と、紀伊大島を目指しました。

つづく

道の駅くしもと橋杭岩
和歌山県東牟婁郡串本町鬮野川1549-8
大型:6台 普通車:49(身障者用2)台
9:00~18:00(10~3月は17:00まで)
ヤシの木PHOTO ALBUM 台湾旅行 (2014.2.19~21) グアム旅行 (2013.05.26~05.30) タイ旅行 (2010.11.10~11.14) グアム旅行 (2010.4.28~5.1) ハワイ旅行 (2008.3.27~4.2) 台湾旅行 (2006.7.1~3) サイパン旅行 (2005.4.22~24) ハワイ旅行 (2004.1.4~13) ハワイ旅行 (2001.9.24~31) ジャンル別まとめ 大阪府 北部・東部の おでかけスポット 大阪府 南部の おでかけスポット 関西 椎茸狩り、いちご狩り、 ブドウ狩り、潮干狩り、みかん狩り 西国三十三霊場 札所まとめ 関西BBQスポット 関西お花見スポット 記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
ブログタイムズ


相互リンク
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ