ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報) ‐旅行・おでかけ‐兵庫県阪神間

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報)

大阪発!旅行やお出かけ、食べ歩きブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ‐旅行・おでかけ‐兵庫県阪神間

弥生時代の集落跡 尼崎市立田能資料館 田能遺跡(兵庫県尼崎市田能)

s-P2200013.jpg
s-P2200020.jpg
弥生時代の遺構や遺跡が見られる田能遺跡、田能資料館へ行ってきました。

s-P2200017.jpg
昭和40年建設工事中、1700~2300年前の弥生時代の集落の遺跡が
次々と発見されたそうです。工事を中止せずに調査をしたので、
壊されてしまった土器も多いんですって。

ここには排水ポンプ室が建つ予定でしたが
遺構が発見されたために場所が変更されたそうです。

s-P2200025.jpg
資料館の前は公園になっていてかやぶき屋根の
竪穴式住居などが復元されています。

写真は円形平地式住居です。
この大きさで5~6人は住んでいたそうです。

s-P2200028.jpg
中に入るとセンサーでライトが着きます。

s-P2200030.jpg
凄い厚みです。猪名川にボーボーに伸びてるススキを使用。

s-P2200042.jpg
変えたばかりなのでめっちゃ綺麗です。
茅葺体験私もしたかったなぁ。^^

s-P2200023.jpg
s-P2200024.jpg
s-P2200039.jpg
s-P2200043.jpg
お墓も沢山ありますけど、何故か花壇になっています。

s-P2200045.jpg
s-P2200047.jpg
方形竪穴式住居

室内を一段掘り下げる事で冬暖かくて夏涼しいんですって。

s-P2200048.jpg
高床倉庫

害虫やネズミ、湿気対策です。

s-P2200051.jpg
雨も酷くなってきたので資料館へ。
こちらは入館無料です。駐車場も館内も私達だけでした。

s-P2200052.jpg
田能遺跡から発見された遺物が展示されています。

s-P2200060.jpg
木棺墓から見つかった人骨。本物??

s-P2200068.jpg
弥生土器

壺とカメと鉢があります。
かめ型の土器で煮炊き物作ったら美味しそう。
ここに展示してある土器はどれもデザインがシンプルでした。

s-P2200064.jpg
弥生時代になると今とあまり食生活に変わりがなさそうです。

s-P2200086.jpg
貫頭衣

着て写真撮影してもいいんですって(笑)

s-P2200090.jpg
資料館の目の前にある猪名川です。ススキがボーボーでした。

田能資料館
兵庫県尼崎市田能6丁目5番1号
10時~17時(月曜定休日)
スポンサーサイト

伊丹市立伊丹郷町館・みやのまえ文化の郷(旧岡田家酒造・旧石橋家)

s-P1090029.jpg
伊丹市立伊丹郷町館へ行ってきました。

美術館や酒造などがあります。

関連記事
白雪 ブルワリービレッジ長寿蔵(2012年05月22日)

この辺りは城下町って雰囲気がしますね。

s-P1090032.jpg
s-P1090034.jpg
旧岡田家酒造

江戸時代前期1674年伊丹の酒造家の松屋与兵衛が建て
明治33年に岡田家の所有となった兵庫県内最古の町家だそうです。
全国的に数少ない17世紀の貴重な建物です。

入場は無料。

s-P1090033.jpg
外から中がよく見えます。

s-P1090036.jpg
s-P1090039.jpg
広々とした玄関と店舗が手前にあり、奥に酒造があります。

s-P1090041.jpgs-P1090040.jpg
店舗だった場所

s-P1090045.jpg
洗い場

s-P1090043.jpg
釜屋

初めは石を積んで粘土で固めてあったそうですが、
明治時代に煉瓦に変えられたそうです。

s-P1090049.jpg
酒造

s-P1090059.jpg
外に出るとすぐ隣に旧石橋家住宅というのがあったので入ってみました。

s-P1090060.jpg
とてもお洒落なカウンター。喫茶店(?)

s-P1090067.jpg
s-P1090069.jpg
石橋家

s-P1090062.jpg
s-P1090061.jpg
s-P1090063.jpg
こちらは中に入れます。

s-P1090068.jpg
s-P1090073.jpg
s-P1090072.jpg
二階は展示スペースになっていました。

s-P1090079.jpg
伊丹市立伊丹郷町館は、旧岡田家住宅、石橋住宅、新家住宅と、
向かいには美術館があります。この日美術館(有料)は休館中でした。

伊丹市立伊丹郷町館
兵庫県伊丹市宮ノ前2丁目5−28
10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
入館無料(月曜休館日)
阪急・JR伊丹駅から徒歩5分

荒木村重のお城 有岡城跡(伊丹城跡)有岡公園(兵庫県伊丹市伊丹)

s-P1090011.jpg
黒田勘兵衛も幽閉された、
戦国時代の武将荒木村重の有岡城跡へ行ってきました。

12376597_927496113997692_6841409855286416937_n.jpg
伊丹城と有岡城と城下町です。

荒木村重の前は、摂津三守護の一人伊丹氏が
伊丹市全域を支配していましたが、1574年に荒木村重に攻められます。

町全体を堀と土塁で固めた総がまえの城でした。

s-P1090027.jpg
s-P1090025.jpg
写真はお堀の部分です。
車ではぐるっと回る必要がありますが、
向かいには大きなイオンモール伊丹があります。

s-P1090026.jpg
有岡城跡はアリオ伊丹のすぐ近くにありますよ。

Ario公式サイトに伊丹のアリオが載っていません。
もしかして、Arioって有岡城からネーミングされたんでしょうか?!

s-P1090003.jpg
s-P1090006.jpg
こちらが入口です。

s-P1090004.jpg
有岡城跡の石碑

s-P1090007.jpg
有岡城の戦いは、謀反を起こした荒木村重軍と織田信長軍の戦いです。

約一年籠城中、村重の友人の黒田勘兵衛は監禁されていました。
単身で村重は城を出ましたが、すぐにばれてしまい落城。
信長は、「歴々者ども妻子・兄弟を捨て、
我身一人助かるの由、前代未聞の仕立なり。」
と無抵抗の妻子や家来など670名を見せしめの為に尼崎の七松神社で処刑しました。
記事はこちら→七松神社

JR伊丹駅近くに大きな「有岡城の戦いの忠魂碑」があります。
写真を撮り忘れました。
その後も、逃げ伸びた荒木一族や家臣は処刑され続けます。(怖い)
執拗に追う信長は途中箕面の滝に訪れたり、猟をしたり余裕。

村重は、高野山や毛利氏に匿ってもらい、
本能寺の変で命拾いをしています。
その頃西を攻めていた秀吉にとって村重の謀反はピンチでしたが、
本能寺の変の後、秀吉の茶飲み友達になっていますし
勘兵衛も根に持っていないようですし、怒っていたのは信長だけだったという。。
秀吉はその後陰口を言われたりしても許す^^大人な対応をしています。

s-P1090009.jpg
平城なのに、なかなか落とす事ができなかった有岡城ですが、
城主が不在になるとあっけなく落城しました。
逃げたわけではなく、まだ戦うつもりだったのかもしれません。

家臣や一族を見捨てて生き延びた。ともいえますが
戦国時代とはいえ、信長は残忍すぎて、
同情した(?)武将も多かったのかもしれません(妄想)

s-P1090002.jpg
今も残っている有岡城の一部です。

s-P1090014.jpg
きしの砦

s-P1090013.jpg
s-P1090012.jpg
s-P1090010.jpg
s-P1090016.jpg
井戸跡なども少し残っています。

有岡公園(伊丹城跡)
兵庫県伊丹市伊丹2丁目
JR伊丹駅すぐ
ナビ設定するなら↓こちら
伊丹市伊丹1-10-15
参考資料(笑)はこちら↓

西武庫公園(交通公園)でお花見(兵庫県尼崎市武庫元町)

s-P4020003.jpg
今年は尼崎の交通公園へお花見。

住吉公園や万代池公園より桜がすごい!と
夫が言うので行くことにしました。

s-P4020006.jpg
s-P4020004.jpg
s-P4020005.jpg
出店やライブなどもあり、花見客でにぎわっていましたが
とても広い公園なので、シートを敷いて座れるスペースは沢山ありました。

s-P4020019.jpg
s-P4020007.jpg
s-P4020009.jpg
2016.4.2(土)でしたがほぼ満開。8分咲きって所でした。
空がどんよりしていたのがとても残念です。

でも急に温かくなって、半袖でもいいほどポカポカしていました。

せっかく一眼レフを持って行ったのに、電池切れでした。(悲)
デジカメとi-phoneで。

s-P4020008.jpg
s-P4020010.jpg
私達はこの辺りで…。モンマルシェで買った
お花見弁当をいただきます。

s-P4020018.jpg
桜とお弁当。。私は小さい方を食べたんですが
やっぱり花より団子ですね(笑)

s-P4020020.jpg
西武庫公園は交通公園とも呼ばれていて、
信号や道路があるので、子供の交通の勉強ができる公園です。

s-P4020022.jpg12923110_981790115234958_2437350755778232317_nss.jpg
子供たちが遊びまわる中スケボーの練習をしました。(笑)
楽しいけど…夫の血を見ました。

交通公園
兵庫県尼崎市武庫元町3-14-1
阪急武庫之荘駅から阪神バス西武庫公園
駐車場有り

富松城跡~富松神社(兵庫県尼崎市富松町)

七松神社の続きです。
s-P1010116.jpg
500年前にあったとされる富松城跡へ。

写真は土塁西側の堀部分です。

中世の富松城を守ろう。の看板がありますが、
15年ほど前に競売の危機があったそうです。

s-P1010136.jpg
看板のある柵の部分は堀っぽいですね。
竹藪に飲まれあまりよくわかりませんが。

s-P1010135_20160103003232604.jpg
富松城は1487年11月の「年貢算用状」に書かれているのが初めで
築城時期は1480年代頃とされていますが、
はっきりとした歴史はわかっていないようですね。

平安時代にはこの地一帯に武庫之荘、富松荘という荘園があり、
この地を管理していた薬師寺氏築城の可能性が高いそうです。

s-P1010119.jpg
櫓台跡

s-P1010117.jpg
s-P1010118.jpg
中には入れなくなっているため、富松城はこれだけです。

この富松城跡ですが、上記は東富松城ではないかとされています。
現在の富松神社の場所に、西富松城跡だそうです。

s-P1010120.jpg
s-P1010132_201601030207493ef.jpg
富松神社

富松城跡から歩ける距離にあります。

s-P1010122.jpgs-P1010124_2016010301575341f.jpg
s-P1010121_20160103015755ebd.jpg
丁度元旦という事もあってすごい人でしたよ。
あ、一本だけもみじがとても綺麗でした。

s-P1010127.jpg
s-P1010128.jpg
舞殿(まいどの)

この日は元旦でした。
歳旦祭・能「翁」面掛け式が行われたそうです。
他にも富松一寸豆祭、富松薪能、
とんど行事、節分祭などにも使われています。

s-P1010129_20160103020754293.jpg
s-P1010133_20160103020752c4d.jpg
とても古そうな神社ですね。こちらも創建時期は
明らかではないようでした。

富松城跡
兵庫県尼崎市富松町2丁目13
富松神社
兵庫県尼崎市富松町2丁目23−1
阪急武庫之荘徒歩15分
尼崎市営バス富松城跡下車すぐ

あにあん倶楽部ブロガーキャンペーン参加中!
ヤシの木PHOTO ALBUM 台湾旅行 (2014.2.19~21) グアム旅行 (2013.05.26~05.30) タイ旅行 (2010.11.10~11.14) グアム旅行 (2010.4.28~5.1) ハワイ旅行 (2008.3.27~4.2) 台湾旅行 (2006.7.1~3) サイパン旅行 (2005.4.22~24) ハワイ旅行 (2004.1.4~13) ハワイ旅行 (2001.9.24~31) ジャンル別まとめ 大阪府 北部・東部の おでかけスポット 大阪府 南部の おでかけスポット 関西 椎茸狩り、いちご狩り、 ブドウ狩り、潮干狩り、みかん狩り 西国三十三霊場 札所まとめ 関西BBQスポット 関西お花見スポット 記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
ブログタイムズ


相互リンク ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
記事検索
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ