ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報) 国内旅行‐徳島県

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報)

大阪発!旅行やお出かけ、食べ歩きブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 国内旅行‐徳島県

鳴門公園~徳島県立 渦の道~千畳敷展望台(鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池)

11705248_841795899234381_8540399142445355832_n.jpg
大塚国際美術館の後は鳴門公園まで行ってきました。

過去記事
渦の道~うず潮クルーズ(2008年08月18日)
エスカヒル鳴門~大鳴門橋架橋記念館エディ~渦の茶屋

11695978_841796529234318_4330021741358188388_n.jpg
大塚国際美術館の近くにあった鳥居。
入れなくなっています。

11695319_841795882567716_1082105842797337859_n.jpg
うずしお鑑賞船乗り場

出た所です。次は14時ですって。

11698537_841795932567711_8646918918980453377_n.jpg
鑑賞船乗り場駐車場奥の階段から鳴門公園へ。
この道を使えば歩行者も歩道のある道を通れます。

11707593_841796495900988_5092115996473895127_n.jpg
先ほどの鑑賞船乗り場が遠くに見えます。

11745731_841796449234326_2204880820038359513_n.jpg
11745324_841796422567662_6679047449503811892_n.jpg
やっと着きました渦の道

うだる暑さだったのが、ここに来ると突風が吹き荒れて涼しいです。
入場料は510円です。

11221532_841796229234348_7118737891321527353_n.jpg
11694745_841796395900998_4407866982096493271_n.jpg
450m先まで歩くことができます。
突風がすごくて上のシャツがめくれ上がるほどでした。
この日スカートだと大変だったかも。

11738033_841796202567684_3841997385981327824_n.jpg
11145083_841796275901010_6446065028914267469_n.jpg
落ちないと解っていてもなかなかここに立つのが怖いです。

11738033_841796155901022_1553217665464485792_n.jpg
11738021_841796325901005_5789492652358459661_n.jpg
不思議なうねり方をするので見ていて飽きません。
中から何か出てきそうな動きをします。

11039302_841796369234334_3602675041923917305_n.jpg
写真は飛島です。

11222699_841796165901021_5013242290278700648_n.jpg
写真で分かりにくいですね。
海面が遠くの方までひび入ってるように見えます。

11214367_841796115901026_1829537440209522801_n.jpg
双眼鏡は無料です。

11667483_841796099234361_8373011506680917258_n.jpg
渦のできる仕組み。

11062258_841796309234340_3544373335650211599_n.jpg
ここが行き止まりでした。

11742844_841795949234376_8772288704576738901_n.jpg
その後、渦の道を100m降りた所にある千畳敷へ。

11666113_841795905901047_5525277681418399359_n.jpg
これが千畳敷??と思ったんですが、とても眺めがいいです。

11703146_841795962567708_5000280527037673724_n.jpg
お土産屋さんもありました。

うずしおは何度か見に行きましたが、本当に渦が見れたのは一度だけで
その時の記事をぜひご覧くださいね。
渦の道~うず潮クルーズ(2008年08月18日)

11694030_841797225900915_7840079141132218003_n.jpg
帰りに立ち寄った淡路SA

鳴門市は大阪から近いですねー。日帰りでした。

鳴門公園
徳島県鳴門市鳴門町鳴門公園
渦の道
鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65
9:00~18:00
大人510円・小人250円
中国道(池田)~(西宮山口)~神戸淡路自動車道(布施畑)~(鳴門)
~北神戸線(布施畑)~(西宮山口)~(池田)~阪神池田線
スポンサーサイト

大塚国際美術館(徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池)

11745689_841796549234316_7165345701126406021_n.jpg
大塚国際美術館へ行ってきました。

大阪からは渋滞なしで2.5時間程。淡路島を超えたらすぐの
場所にあるのでアクセス便利な美術館です。

過去記事
大塚国際美術館~鳴門阿波踊り 阿波おどり(徳島県鳴門市)

入場料金は日本一高い3240円。
日本で二番目に大きな美術館です。
ちなみに一番大きいのは東京にある国立新美術館で
そちらは入館料は無料(展覧会など個別で有料)

何一つ本物が無いのですが、展示画は1000以上。
世界の有名な壁画はすべてここで見ることができるのです。
しかも美術館だというのに写真撮影が可能なのが良いです♪

11703170_841797192567585_2199139900413878211_n.jpg
このような長いエスカレーターを上がっていくとなぜかそこはB3階で
そこから2階まであるので実質5階建てと巨大な美術館です。

11703258_841796742567630_356886880304796793_n.jpg
B3にあるミュージアムショップ

首からぶら下げる音声ガイドを借りることができます。
B3にはコインロッカーもあるので身軽で見学できますよ。

11692525_841796579234313_5738938286210626149_n.jpg
アートくん

1510638_841797075900930_5608102448403945103_n.jpg
B3階は環境展示と言って、立体的な展示方法を取っています。

11209405_841795809234390_7864280611754485344_n.jpg
エルグレコの祭壇衝立

広い館内は貸切率高し。ベンチもあちこちあるので
休み休み見学できるのが良いですね。

11222964_841797129234258_1102115274343382744_n.jpg
システィーナ礼拝堂天井画および壁画(ミケランジェロ)

11402997_841797095900928_1274868789246231844_n.jpg
鳥占い師の墓

11703143_841795789234392_1997146264555270269_n.jpg
スクロヴェーニ礼拝堂壁画

11703284_841795872567717_3674984731506874687_n.jpg
青いターバンの少女

11695843_841795772567727_5723107017915707568_n.jpg
秘儀の間

ポンペイの赤という絵具を使用。
火山で剥がれ落ちた壁も忠実に再現しています。

11018348_841796845900953_5875503955533918819_n.jpg11707528_841796585900979_8434957176661152443_n.jpg
B3にあるカフェ テ・ペル・テで休憩・・・。

11015750_841795739234397_1001771311592455030_n.jpg
B2はレオナルドダヴィンチの絵画だけでも5点以上展示してあります。
触ってもいいのが嬉しいですね。

11009344_841795649234406_7095883214546595056_n.jpg11169464_841797022567602_5623256292095624221_n.jpg
レオナルドダヴィンチの最期の晩餐修復前と修復後は
向かい合わせに展示してあります。

11695860_841796952567609_5829486590451557635_n.jpg
11009344_841797049234266_3503442347583046525_n.jpg
B2のモネの大睡蓮

屋根付きのベンチがあります。隣はカフェ・ド・ジヴェルニーという
軽食が食べられるカフェがあります。

11267240_841795415901096_3121578770531573835_n.jpg
B1の皇帝ナポレオン1世と皇后ジョセフィーヌ

11693958_841795352567769_980612553487468138_n.jpg11733821_841795342567770_8976339839874976775_n.jpg
ゴヤの裸のマハと着衣のマハ

はじめこの絵は裸でしたが後で着衣に書き換えられたものが
並べて展示してあります。

11703099_841796895900948_613269340049126586_n.jpg
1F別館にあるレストラン・ガーデンに入りました。

11013279_841796852567619_7944242800456966411_n.jpg
メニューはこんな感じ

11692692_841796822567622_3285421657845852381_n.jpg
愛のランチというのを注文しました。
注文して1分で登場します。

11701029_841796805900957_9098422911599519836_n.jpg
トロットしたソースとその横のカリカリっとしたものは
味もありませんし(爆)どうすればいいのかよくわかりませんでした。

が、バラまで添えてあってお洒落です。

11742705_841796875900950_4752493910368679932_n.jpg
一階にある庭園

ベンチも有ります。ここから鳴門公園へ行く四国の道もあります。
受付でスタンプを押してもらえば再入場可。
鳴門公園へ行く場合、最低2時間は見た方がいいです。
結構遠いです。

11707496_841796762567628_3709019008828937315_n.jpg
1Fはゲルニカやだまし絵など。

11705219_841796782567626_8449916511858271970_n.jpg
2Fはピカソなど展示物は少な目です。

大塚国際美術館
徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1
徳島バス・市バス 大塚国際美術館前
大人3240円・小・中・高校生540円
9:30~17:00(夏期は延長あり)

大鳴門海峡 鳴門の渦潮(渦の道~うず潮クルーズ)徳島県鳴門市

<<エスカヒル鳴門~大鳴門橋架橋記念館エディ~渦の茶屋 の続きです。

徳島県立 渦の道


大鳴門橋には遊歩道があり、渦潮を真上から見る事が出来ます。

この日の見ごろは13:30ですが、私達が行ったのは12時台でした。


明石海峡の歩道橋( 記事 )によく似ていますが、こちらは長さがあります。(450m)


このまま淡路島まで歩けたらいいのになぁ。。

途中で行き止りになっています。


歩道を歩いていると、大鳴門橋を支えている真ん中の2本の柱は、

とても浅い部分(裸島と中瀬島)に建っているのが分かります。


でも、柱と柱の間の水深は100mもあり、
この複雑な地形が更に潮流を早くしているようで、

日本では一番早い海流だそうです。


淡路島と鳴門市の間の海峡は、1.3kmほどしかありません。


鳴門海峡で渦が見れるのは1日2回(干潮、満潮時)あるそうで、

一度目は、太平洋から流れて来た満潮時の海水面が、

狭い鳴門海峡を(橋の右から左に)通る時、瀬戸内海側で渦が出来ます。(干潮)


二度目は鳴門海峡を通りきれなかった海流が

大阪湾→明石海峡→瀬戸内海→播磨灘と、高さを保ったまま

5時間かけて、再び鳴門海峡に戻って来た時だそうです。(橋の左から右へ)


太平洋側(和歌山方面)に浮かぶ飛島


海面から45mの高さの展望台に到着。(船は鳴門観光汽船

この日は小潮でもなかったので、13:00を廻らないと渦潮は見れないと思います。


なんかちょっと、うずうずしていますが、渦になりそうでなりませんでした。


私達が引き返している頃には、遠足(?)のような団体のちびっこが

どっと押し寄せてきていたので、早めに行ってよかったです。^^;


鳴門公園のバス停前の「福池商店」で、さっき買った鳴門若布(650円)が、

3倍以上も入って500円で売っていました。T_T


他にも鳴門金時なども安く、ここで買えばよかったなぁ。


その後、鳴門公園~亀浦港口までバスで移動しました。

徒歩でも行けそうですが、歩道がないので危険です。^^;


ちなみに、路線バスナビ をブックマークに登録しておいたので、

外出先でも有効に、路線バスが使えました。


うずしお汽船

うずしおをまじかで見る事ができる、25分間のクルーズです。


30分間隔で運行していますが、渦潮が見られるのは

干潮と満潮の前後1時間程なので、

潮見表をチェックしてから、乗船した方がいいと思います。


こんな感じのが、渦になって行くんですが、

すぐになくなるので、なかなか上手く撮れませんでした。


中から何か出てくるようでした。

滝のような川のような、凄く不思議な流れ方をします。


やっと撮った一枚です。

かわいい渦ですが、一枚でも撮れてよかったです。^^;


ここで泳ぐ事ってできるのかなぁ。

怒涛の渦に巻き込まれ、ヤバイ事になるんでしょうか?


渦潮は、水中では竜巻のようになってます。

鳴門観光汽船 では、水中から渦巻きを見る事もできるそうです。


あっという間のクルージングでしたが、

渦潮が出来そうな場所を、あちこち移動してくれるのが良かったです。


うずしお汽船 は鳴門山を下りた亀浦港口にあり、

場所は便利だと思うけど、小さい船に人を詰め込みすぎだと思いました。


鳴門観光汽船 は、少し離れた場所に乗り場がありますが、

船が大きいのでゆったり出来ると思います。


淡路島の方からも うずしお観測船 (帆船)があり、

そちらの方が、乗船時間が長いようです。


クルージングの後は、また大塚美術館までバスで戻り、

大塚国際美術館発(15:32)のJR高速バスで、大阪に帰りました。(おわり)


関連記事: マリンピア神戸~明石海峡大橋 海上ブロムナード

徳島県立 渦の道

鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65

9:00~18:00

大人500円・小人250円

うずしお汽船

鳴門市鳴門公園亀浦漁港
(大塚国際美術館裏)

市バス・徳島バス 亀浦口

大人1500円・小人750円

鳴門観光汽船 うずしお観潮船

徳島県鳴門市鳴門公園亀浦観光港

市バス・徳島バス 亀浦観光港

大人1530円・小人770円

エスカヒル鳴門~大鳴門橋架橋記念館エディ~渦の茶屋 (徳島県鳴門市)

<<大塚国際美術館~鳴門阿波踊り の続きです

ホテルをチェックアウトした後は、鳴門公園へ行きました。


鳴門山山頂へ、エスカレーターで上ります。


エスカヒル鳴門 の入り口

全長68mのエスカレーターは、近畿地方(+徳島?)では最長らしいです。


鳴門公園は徳島の端にある山なので、太平洋側も、瀬戸内海も一望できます。


この辺りでは、一番高い場所からの眺めではないでしょうか。


殆どの景色は淡路島ですが、淡路島って、案外大きいんですね。

左に見える丸いのは「大鳴門橋架橋記念館」


左の海は太平洋、右側が内の海です。


今回一度も内の海に行きませんでしたが、魚が沢山釣れるそうで、

また次回行ってみたいと思いました。


ずっと向こうの方に、大毛山、ルネッサンスリゾートナルトが見えます。

割りと遠いんだなぁと思いました。

エスカヒルの4Fから、外に出る事が出来ました。(鳴門山展望台)

鳴門山は、エスカヒルの横の遊歩道から、歩いて登る事もできるようです。(標高99m)

渦潮ビールというのがありました。これ飲みたかったかも。。^^

その後、大鳴門橋架橋記念館エディ へ。


祖谷のかずら橋(揺れる橋)

アーチ橋


実際に渡れるようになっています。


こちらはラーメン橋と言います。


大鳴門橋や、明石海峡大橋は、斜吊橋です。

山口県の、江島大橋 はPCラーメン構造でした。


アドベンチャー・シュミレーター「うず丸」に乗りました。

大人200円・小人100円と安いです。


鳴門海峡を飛んだり泳いだりするんですが、割と楽しかったです。

世界の渦潮の写真が5枚あったんですが、

どの渦潮よりも、鳴門の渦潮が一番綺麗でした。


これは世界遺産に登録されるべきだと思います。^^

その後、鳴門公園のお茶園近くにある「渦見茶屋」に入りました。

鯛めし750円


ホクホクで、とても美味しい鯛めしでした。。

今まで食べた炊き込みご飯の中でも、おそらくこれが一番です。


でも、おかずがワカメって・・・。と思いながらも

ワカメを食べてたんですが、これがまた美味しいんです。

こりこりしていて、とても大きなワカメでした。

鯛茶漬け1000円


わかめがあまりにも美味しかったので、買って帰りました。(鳴門若布)

鳴門って凄いですねぇ。美味しいものがいっぱいです。

ソフトクリームも食べました。写真はびわソフト。


こちらが芋アイスです。どちらもとても美味しかったです。


渦の茶屋の近くにはお茶園展望台がありました。


エスカヒル程ではありませんが、ここから大鳴門橋も、渦潮も見れるし、

潮風が気持ちよくていい場所でした。


>>大鳴門海峡 鳴門の渦潮(渦の道~うず潮クルーズ) につづく

エスカヒル鳴門

徳島県鳴門市鳴門町(鳴門公園内)

8:30~20:00

大人300円・小人100円


大鳴門橋架橋記念館エディ

徳島県鳴門市鳴門町(鳴門公園内)

大人600円・小人250円


渦見茶屋
徳島県 鳴門市鳴門町土佐泊浦福池65
(鳴門公園・お茶園)

大塚国際美術館~鳴門阿波踊り 阿波おどり(徳島県鳴門市)

<<ルネッサンスリゾートナルト プライベートビーチ(大毛海岸) の続きです。


大塚国際美術館

大塚製薬が作った美術館で、世界の有名な美術館190箇所が所蔵する

美術品1000点以上を、特殊技術で複製し、展示しています。


延床面積29,412m²で、日本で2番目に大きな美術館だそうです。


入館料3000円(高~!)


私達が行った日(8/9土)は、上手い具合に“ ゆかたの日”だったらしく、

高い入場料が無料になりました。(ラッキー♪)


しかも駆け込み入場だったのに、今日は21時まで営業との事で

ゆっくり見て廻る事ができました。


館内は、B3~2階まであり、見て廻るのに凄く時間が掛かります。


B3システィーナホールから見て廻りました。


システィーナ礼拝堂

バチカン宮殿内に建てられた礼拝堂の内部を再現しています。


エル・グレコの祭壇衝立復元


ヨハネス・フェルメール 「真珠の耳飾りの少女」(青いターバンの少女)


聖マルタン聖堂には、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」が描かれています。


秘儀の間「ディオニュソス秘儀の絵」


ポンペイの赤という鮮やかな絵の具で描かれています。

欠けているのは、火山噴火が原因です。


鳥占い師の墓


庭園もありました。

ここから、鳴門公園まで続く四国の道もあります。


第九の波濤(第九の怒涛)ロシア


ムンクの叫び


友達と橋を渡っている時に、自然の叫ぶ声が聞こえた気がして

怖くなって耳をふさいでいる様子だそうです。


落ち穂拾い (オルセー美術館・フランス)


ゴッホ


騙し絵


ピカソ ゲルニカ


ゲルニカ空爆をイメージして書かれたそうです。


これ凄いですね。見た人は何を思うのでしょうか。(笑)


“ モナ・リザ ” が、どうしても見つけられませんでした。

後で分かったんですが、B2に展示していたようです。


建物は、本館と南館に分かれていて、途中かなり疲れてきます。


全部レプリカですが、世界中の美術館を一気に廻れるので(笑)

とても価値のある美術館だと思いました。


美術館の前には、大塚製薬の保養所 「 潮騒荘 」 があります。

表にはプールがあり、地元の子供に解放していました。


ここ泊まりたいなーー♪


その後、徳島バスでJR鳴門駅まで向かい、徳島で一番初めに開催される

鳴門市の阿波踊りを見て来ました。


はじめは観覧席の外で見物してたんですが、

観覧席から出ると踊るのを辞めてしまうので

これは観覧席に座らなければ・・・。と思いました。(爆)


“JR鳴門駅裏通り ”の隣にある、“ 大道銀店街 ”に行けば

立ち見が出来るそうです。

西桟敷南側のチケット(800円)を購入しました。

入り口付近に座ったんですが、真ん中より少し奥が一番いい席だと思います。

でも、目の前で見る阿波踊りはとても迫力がありました。


女性は上品に、男性は豪快に踊ります。

「エライヤッチャエライヤッチャ・・・。」は、あまり聞きませんでしたが

「ヤットサー」という掛け声はよく聞きました。


腰を低くして踊る、「男踊り」は、女性が踊っている場合もあります。

男性が、「女踊り」をするのはタブーだそうです。


このグループ(連?)は、色白で美人ぞろいでした。

網笠で目元が見えないのがこれまたセクシィ♪


阿呆連


踊る阿呆に見る阿呆・・・。って、阿波踊りの事だったんですね。(知りませんでした。)

とても面白い踊りを見る事ができました。

でも、写真が上手く撮れなかったので、阿呆さが伝わりません。。

レディース連?? 


鳴門市は、毎年8月9日~11日の19:00~22:00まで

JR鳴門駅周辺で阿波踊りを開催しています。


私達は1時間半程でホテルに戻ったんですが、

全部見たかったなぁ。こんなに楽しいとは思いませんでした。


>>エスカヒル鳴門~大鳴門橋架橋記念館エディ~渦の茶屋 につづく


大塚国際美術館

徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1

徳島バス・市バス 大塚国際美術館前

大人3150円・小・中・高校生525円

9:30~17:00(夏期は延長あり)


鳴門市阿波踊り

JR鳴門駅 西側特設演舞場・駅周辺 19:30~22:00

毎年8月9日~11日

ヤシの木PHOTO ALBUM 台湾旅行 (2014.2.19~21) グアム旅行 (2013.05.26~05.30) タイ旅行 (2010.11.10~11.14) グアム旅行 (2010.4.28~5.1) ハワイ旅行 (2008.3.27~4.2) 台湾旅行 (2006.7.1~3) サイパン旅行 (2005.4.22~24) ハワイ旅行 (2004.1.4~13) ハワイ旅行 (2001.9.24~31) ジャンル別まとめ 大阪府 北部・東部の おでかけスポット 大阪府 南部の おでかけスポット 関西 椎茸狩り、いちご狩り、 ブドウ狩り、潮干狩り、みかん狩り 西国三十三霊場 札所まとめ 関西BBQスポット 関西お花見スポット 記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
ブログタイムズ


相互リンク ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
記事検索
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ