ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメおでかけ情報) 2006年07月

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメおでかけ情報)

大阪発旅行やお出かけ、食べ歩き中心のブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2006年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2006年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2006年07月
ARCHIVE ≫ 2006年07月

台湾旅行3・4日目(永康街・西門町)鼎泰豊~群香品~冰館

台湾旅行の日記を一気にアップします^^

1日目(関空・一楽園大飯店)  2日目(市内観光・士林夜市)

2日目(変身写真)  3日目(九イ分・台北101)  

3・4日目(永康街・西門町)


台北101の後、永康街へ食べ歩きに行きました。

(↑ちなみに、隣は友達の子)

台北101から丁度まっすぐ行った所に永康街がありますが、
距離的に歩けないと判断し、タクシーに乗ることにしました。

永康街までは一方通行のため、遠回りをしなければいけませんが、
それでも145元で着きました。


鼎泰豊はいつも行列ができてるそうなので、17時ごろ早めに行きました。


3階まであるのでゆったりしたテーブルに落ち着いて座れます。


私たちは、小籠包(170元)と牛肉麺(180元)を注文。
注文用紙があるので、注文する時も楽ちんでした。

注文してすぐに小籠包が運ばれました。



ここの小籠包は、(→ิܫ←ิ)ホントおいしい~

台湾で食べたものの中で、一番美味しかった。 感動!


小籠包はペロッと食べてしまい、追加したいくらいでしたが我慢。


牛肉麺の方は、スープも麺も見ての通り、味がない。

(おすましの中ににソーメンって感じ)
肉はぱさぱさ。


食べ歩きをする予定なので、無理に胃に通すのはやめてすぐに退散。



鼎泰豊本店は、ここ のクーポンを持っていけば、

小籠包ストラップがもらえます。


鼎泰豊を出て左に進み、一つ目の角を左に曲がれば永康街。

ピングァン(冰館)などもこの通りにあります。


2軒目に行ったのは群香品(チュンシャンピン)


小籠包120元と、海老餃子、豚肉のチャーハンを注文。
合計400元で、10%引きクーポン を使った。

チャーハンがおいしかった。

小籠包は、少し脂っこくて、味がないような気がした。

私は小籠包は鼎泰豊の方がおいしいと思ったけど、友達は
群香品の方がおいしいと言っていた。人それぞれ。

群香品を出てそのまま進むと、大阪にもある冰館があります。
凄い人だった。

練乳入りのアイスが食べたかったけど、

期間限定で普通の氷しか注文できない。



私はマンゴーとキウイ、イチゴ、マンゴーアイスの乗った5番(120元)を注文。


皿に入れられるより、紙皿の方がいいかな。。となんとなく

「to go」と言ってもなかなか通じませんでした。。

仕舞に日本語のできる定員が現れて、「お持ち帰りですか?」と聞かれる。(涙)

持ち帰り用のアイスは最悪でした。

皆これでもか~。って位マンゴー乗せまくりのカキ氷を食べているのに、
私のはこれ↑。(泣)

普通に製氷機から出て来た氷を使っていて、

氷はじゃりじゃりしていておいしくなかった。



雨がまた強くなり、一旦ホテルのある西門町へ戻り、

ホテル周辺をうろちょろした。


本当は食べ歩きの続きをする予定でしたが、

胃が許してくれませんでした。(泣)


西門は、結構華やいでいて台湾の原宿と言われてるらしい。


台北牛乳王で何か注文したかったんだけど、

おなかが一杯すぎて注文できなかった。(涙)
もっとうろちょろしたかったんだけど、

お金が底をついたのであきらめてホテルへ。


次の日、起きたのは4時(日本時間5時)5時10分ピックアップ。
なんでこんな早朝から帰らなくちゃいけないの~><


と思っていたんだけど、台風4号が台湾通過中で、

もう少しで延泊になる所だった。(汗)

午後の便は欠航になってたりしてたので
運がよかったかも。(延泊したかった気もするけど・・・。)

台湾では食べ物に困らないと聞いていたのに

困りまくりでしたが、楽しかったです。


2日目のツアーも九分ツアーも、4日間ずっと
三普旅行社の「王」さんというガイドさんだった。

とても親切でフレンドリーな人でした。

「次来た時は、王さん指名しますね。」と言って、お別れしました。


台北のホテル検索・一覧

関空発・台北ツアー検索

関連記事
スポンサーサイト

台湾旅行3日目(九イ分・台北101)山鶏王

2日目 の続き。


3日目の午前中は九イ分へ行きました。

自力で行こうと思うと結構大変なので、私たちはツアーで行くことに。。


実際行ってみるとかなり距離があり、ツアー にして正解でした。


早朝発、軽食(山鶏王)付き4000円。(または1200元)

あんなに沢山いるタクシーも、九イ分では全然見かけませんでした。
タクシーで行くと、運転手に待っててもらわないと帰るの大変。


それと、九イ分では昼食を取る所は2軒くらいしかありません。

ガイドさんにも、「食べ物はまずいから、食べないほうがいい。」

と言われていたので何も食べませんでした。


市バスで行く方法はこちら


これが九イ分ツアーのバス。
自分のホテルまで迎えに来てくれます。


一楽園大飯店(パラダイスホテル)は、早くピックアップされるので
7:45ロビー集合だった。参加者は15人くらい。


2歳以上4000円だったので子供の分払おうとしたら、
子供(4歳)を内緒で無料にしてくれた。(昼食なし)


バスの中で、手数料なしで円を元に両替してくれるのが嬉しい。


10:30頃九イ分到着。

九イ分は山に囲まれていて、真夏でもひんやりしていました。



一度頂上まで上がったら、自由行動1時間15分。
もうあと15分程時間が欲しい所だったけど、まあこんなもんかな。


“九イ分秋風印舗”で、印鑑を二つ購入。

その場で彫ってくれて、2つで5分もかからなかった。
ケース付き。とても気に入ってます。もっと買えばよかった。


字体が日本と違って沢山あり、選ぶの大変だった。一つ300元。


こんな物買って、何に使うの??って思う物ばかり衝動買い。

このよだれかけ(?)を買う時、「サンプルしかないけどいい?」
と台湾語で言われたけど、まったく判りませんでいた。^^;


店員さんは、筆談なら通じるかも?と思ったのか、

紙に書いてくれたけど、日本語にはない漢字が並んでいて、

知ってる漢字は「様用」だけだった。でも意味不明。

同じ漢字の国なのに、ちょっとがっかり。

九イ分探索後、台北市内へ戻り昼食。


ガイドさんお勧めの“山鶏王”へ。


ガイドさんがお勧めのものを注文して席まで持ってきてくれました。

メニューを見ると、どれも安そう。(10元~35元)


持ってきてくれたのは、魯肉飯(ルーローハン)30元・青菜

鶏としいたけのスープ・麻婆豆腐は2人で1つ。


魯肉飯(チャーシュー丼)がすごくおいしかった。


台湾に来て初めて美味しいものを食べました。感動!!

場所をチェックしておけばよかったなぁ。。


麻婆豆腐は、香草がきつくて苦手でした。。

スープ、青菜にも香辛料が入っていたけど、苦手な私でも許せる範囲だったかな。。

昼食が終わったら、希望の場所で下ろしてくれる。

と言っても、台北101で降りたかったので


「ハイアットホテル」を希望したら、“台北駅”で降ろされてしまい、

そこからMRTの乗り方など教えてもらった。


MRT 台北駅から板南線に乗って、市政駅まで20元。(70円くらい)
切符を買う時は、先に金額のボタンを押してからお金を入れる。


切符を買うのも、改札通るのも戸惑ってかっこ悪い(゜ー゜;A


磁気カードを改札口に入れて、自分で押しながら通ります。
(初めてなので、ちょっと緊張した。)


昆陽行きの電車(3番ホーム)に乗り込みます。

電車の椅子はベンチの椅子のようにつるつるで、

ブレーキを踏まれるとつるっと滑ってしまう。(爆)


駅を降りて右手には、バス乗り場が沢山あります。



台北101行きシャトル(無料)は、

10分毎に運行していて、一番乗る人が多いバスなので、

どのバスかすぐわかる。


5分ほどで台北101 に到着。

すごい大きさです。510mくらいあるので、

真下からでは全景が入りきりません。

このガラスはとても頑丈で、飛行機でドイツまで飛ばして

割れなかったガラスを使ってるそうです。


一階から4階までは、ブティックになっています。


B1はフードコートで、清潔そうなお店がいっぱい。


パイナップルケーキ(順成蛋糕 )がおいしかったので

45個も購入した。カロリーメイトを甘くしたような味。


ここは一人鍋のお店。(130元くらい)

大勢で囲む鍋くらい大きいお鍋。痩せてる女性が普通に

一人で食べていました。



マンゴーヨーグルト 85元


ヨーグルトと、生のマンゴーをミキサーにかけてくれます。
おいしかったです。ちょっと高めです。(円=×3.5)

ハワイに行くと、和食がとても恋しくなるんですが

台湾だと何故か、マクドナルドに行きたくなったり

コーラーが飲みたくなっていました。

マクドナルドや、ケンタッキー、屋台などはとても安いです。


高いと思う物や、安すぎる!と思うものなど、色々。。



5階の中央に台北101展望台へのチケット売り場がありました。

大人350元、子供320元
子供は100cm以上で取られてしまいます。(高~)


持ち物は、かばん以外持込禁止で、ロッカーに預けます。(無料)

展望台は日本語完璧なスタッフがいました。


エレベーターは平日だからか、待たずにすぐ乗れました。
展望台は89階なのに、高速エレベーターですぐ展望台に着きます。

(時速60.6km)

東芝製で、乗ってても耳が痛くならない最新のエレベーターだそうです。



展望台からの眺めは、まるで航空写真のようです。


一時雨が降ってすぐやんだので、虹ができていました。。
最後までつながっている虹を見るのは初めてです。


記念に、トランプ(100元)、マグカップ(180元)を購入。


3日目の午後(永康街・西門町)に続く


台北のホテル検索・一覧

関空発・台北ツアー検索

関連記事

台湾旅行2日目(市内観光・士林夜市)

台湾旅行1日目  の続き。


2日目は朝早くから市内観光なので、早めに起きました。

2時間くらいしか寝てません。。


クーポンを渡して朝食を食べている人が殆どだったけど、
HISの激安ツアーでは、朝食なしでした。


ホテル周辺はぱっと見た感じ、朝食が食べられそうなお店はなさそう。
朝からうろうろしている時間もないので、適当に済ますしかなく、
恐る恐る一楽園大飯店B1のビュッフェレストランへ行きました。。



大人190元(720円位)

品数が少なくまずい。ポテトフライ・ナゲット・いり卵は食べられたけど
シュウマイもタロイモ饅頭も水っぽくて気持ち悪かったです。

同じテーブルに座ってきた親子に話しかけられたんですが

「ザポネゼ?」が何言ってるのか分からず、3度聞き直してやっと判りました。



私は、「I'm ジャ・パ・にぃず」と答え、

反対に国を聞き返すと、ニコニコしながらうなずかれます。(汗)

まあいいや。。と思っていたら、「香港から来た。」と、

中国語で教えてくれました。

日本人の発音と、中国人の発音は大分違うみたいで、

お互い聞き取れませんでした。(泣)


台湾は、香港からきた中国人が多かったです。(日本人の方が多いけど)


朝食を済ませてロビーに行くと、同じHISのツアー客が沢山集まっていました。


一楽園ホテル(パラダイスホテル)は、早くピックアップされるので
7:45ロビー集合。参加者は100人くらいもいて、5台に分かれて移動します。

あまりにも多いので、最後の方のバスは、

集合時間も解散時間も遅くなっていました。


これが市内観光(ナルワントツアー )のバス。
大きいけど15人くらいしか乗ってなくて快適。


でも台湾って暑いからか、どこ行っても冷房がんがん。

バスの中はとても寒かった。外は地獄のように暑いんです。


保安宮

保安宮では線香を供え、おみくじを引くだけですが、
入って右手にある“服務所”で、


請給我免費的護身符


と紙に書いて渡すと、無料のお守りをもらうことができます。
線香は本当は20元だけど、全部ツアーについています。


孔子廟

保安宮のすぐ横にあるので、歩いて移動します。
ここには学問の神様がいるらしい。


お茶セミナー“大山茶芸”


日本語ぺらぺらの、台北で3人しかいないというお茶の先生が
ウーロン茶の入れ方を教えてくれます。



安物のウーロン茶をまず試飲。

日本で飲むウーロン茶と同じだった。


上等のウーロン茶は色が緑だそうで、味がしなかった。



その後ジャスミンティを試飲後、物品販売。

無理な勧誘はなかったけど、叩き売り状態。

おばちゃんはこういうのに弱い。(笑)



私は写真に写っていない、安物の4つ1000円のウーロン茶を購入。


総統府

ここは入ることができないので車窓のみ。
日本統治時代に日本人が立てたそうで、風水に逆らった場所に立ってるらしい。

見た目は東京駅をもっと立派にした感じ。
とても大きくて、夜はライトアップされて綺麗です。


中正記念堂

蒋介石総統を記念した建物。


この中にも動かない衛兵が・・・。でも扇風機を当ててもらって、
指が若干動いていたりとか気になった。(^▽^;)


土日には、太極拳などをこの広場で見ることができるらしいです。


ショッピング(金龍芸品有限公司)

長春路にある“金龍芸品有限公司”にてショッピング
初めての買い物だったので、思わず沢山買いそうになったけど、
割高なので、沢山買わなくてよかった。


パイナップルビスケットはおいしかったので一つ購入。

30個入り210元


12:00梅子餐廰(メイズツァンティン)にて昼食

ツアーで一緒の人達と円卓を囲み、和気藹々と食べて、楽しかったです。
一人で来ていた男性が、ビールをご馳走してくれました。


夫婦で着ていた旦那さんは、小柄なのにご飯を2回お替りし、
私が食べなかったご飯も食べてもらいました。

3人組のおばちゃんとも仲良くなり、話が盛り上がります。

皆HISのワールドかっぽうキャンペーンで、NWA。帰る日まで一緒。
一人で着ていたおっちゃんだけ、静岡からエバー航空だった。


味はその時はまあまあだと思ったんですが、

今思えば日本人の口に合ってて結構いける。


台湾牡蠣の炒め物、オムレツ、豚肉はちょっと臭みがあり、

私は食べませんでした。


なんか、中華がすごく食べたいんですが、

中華を食べたって気がしませんでした。


忠烈祠

一時間ごとに、衛兵の交代が行われます。13:00前だったので、
最初から最後まで全部見れました。
この時かなり暑くてじめじめしていたので、見てるほうも汗だく。

衛兵はヘルメットの上からぼとぼと汗が落ちていました。
制服もびちょびちょ。


一時間、目を閉じることもできないそうですが、

目に汗が入りそうになったり、おハナが出そうになった場合は、

手にもってる銃でトンっってやると、拭きに来るそうです。

動かないと言っても、やっぱり目は動いてますね。泳いでるというか。 。


後で知ったんですが、完全に交代が終わった衛兵とは

一緒に記念写真が取れたり、握手してくれるらしい。


交代に入ってすでに30分も立っていたので、私たちは途中で退散してしまいました。

故宮博物院

国民党が追われ、台湾に逃げ込んだ時、一緒に持ち込んだ宝が

60万点以上保存されています。


いずれ北京に返還される時がくるかもしれません。


入場料は65元ですが、これもツアーに含まれていました。
この時かなり暑く、1時間半も自由時間があって、もてあましました。


滋和堂(足つぼマッサージ・漢方)

足・肩30分700元(別料金)
マッサージをしない人は、上の階にあがって漢方の話を聞きます。

ここで、熱した棒を握って火傷を負った手にタイガーバームを塗る。という

実演販売がはじまる。のかな??(私たちは途中で退散しました。)


個人的に行く場合は、送迎付き足つぼ3000円のツアー があります。

「故宮博物院」に行くだけのツアーで6000円。


この市内観光 私たちは付いていましたが、付いていない場合

4000円で申し込むことができます。

昼食10品付きだし、九分観光よりお得だと思う。だけど、1日連れ回されます。(汗)


足つぼの後、DFS 晶華酒店(リージェントホテル)にて解散ですが、
私たちは足つぼのあたりで退散し、士林夜市へ行ったので、

結局DFS晶華酒店には一度もいけず。。


DFS晶華酒店で両替するのが、一番レートいいみたいです。


士林夜市は色んな屋台が出ていて、雑貨の店も沢山ありました。

私は覚えてきた中国語「トオシャオシェン」(←how mach)と
張り切って使ってみたら、店員さんに、早口の中国語で

「いーりゅーぱー◎△×・・・・」と言われ、ちんぷんかんぷんでした。


以降、下手に中国語を話すのはやめました。(爆)



どれも美味しそうというよりは、得体が分からず、そそられません。

漢字とはいえ、まったく想像も付かない漢字だったり、日本にない漢字。


店を構えていない屋台は、ポリバケツに張った水で器を

ゆすぐだけしかしていないので、衛生的にもちょっと不安になりました。


また、『 臭豆腐 』と言う、悪臭を放つ食べ物が売っていて、

屋台の前を歩くことができない位、強烈、激臭。

こんなに臭いものは他にないと思う。


空腹なのに食欲も出ず、雨も降ってきたので

ホテルのある「西門町に戻ろうか。」と

言っていた頃に、たまたまチェックしていた“阿宋麺線”を見つけました。


1杯35元だったかな。春雨スープの春雨がそうめんになったような感じ。

パクチーを取り除いても、ちょっと癖があり、少し食べると嫌になる味でした。

3日目に続く。


台北のホテル検索・一覧

関空発・台北ツアー検索

関連記事

台湾旅行初日(関空・一楽園大飯店)

HISの“ワールド闊歩キャンペーン 150組300名様限定 台北4日間”

という、激安24800円(二日目市内観光付き)ツアーに行ってきました。

実際は、燃料代やら込みで36410円。

現地では6万くらい使ってしまったけど。。


搭乗時刻の2時間前に関空に付き、タバコやホットドックなどを買いました。


タバコは今1カートン2900円なのに、関空で買えば1600円。
友達にも頼んで4カートン×2も購入。

19:45関空発台北行き。ノースウエスト便に乗りました。

家族と行く時はやたらと早く行って、いつも一番乗り状態だというのに
私たちはアナウンスまでされて、急ぐように言われてしまった。(^▽^;)

一組くらいこういう人っていますよね。

まさか自分がなるとは・・・。(汗)

これは帰りの機内食。(朝食です。)炒空心菜は、花の茎を

食べてるような代わった食感でした。


行きは塩焼きそばの上にチキンが乗ったものでした。(撮り損ね)

チョイスできず一種類なんですが、

最近のJAL機内食に比べたらずっとおいしい。


席は比較的いい席に座れました。でもたった3時間。


20時ごろ飛び立って、中正国際空港に着いたのは23:30。(現地時刻22:30)
こんな時間でも両替所も開いていました。

関空で両替すると、1元=4.03円ほどだったけど、
台湾で両替すると、1元=3.65円ほどで、あっちで替えるほうがお得でした。


もし銀行がしまっていても、ツアーバスのガイドさんが手数料なしで両替してくれます。

ガイドさんに両替してもらったレートは1元=3.63円

(手数料は1万円につき20元なので、手数料も入れた計算。)


私たちが泊まった、一番安いグレードのホテルは 一楽園ホテル (パラダイス)


期待以上に綺麗なホテルで、フロントは全員日本語の話せる人で安心でした。

外観や、フロントは西洋風のイメージ。


部屋も結構広く、セミダブルのベット2つと、簡易ベット1つ。
ドレッサーやソファーも着いていて、格安ツアーの割りには

すごくいいホテルだったと思います。


台湾は排水溝が細く、溶けないトイレットペーパを使っているらしいので、
使用済みのティッシュはゴミ箱の中へ入れるのが常識。

だけど、習慣って恐ろしく、判っていてもつい便器にティッシュを流してしまいます。(汗)

私は日本から、溶けるティッシュを持ってきたので大丈夫かな??
こまめに流しながら、溶けるティッシュを流しました。<(_ _)>


もう23時を回っていたけど、結構遅くまであいてる店が多かったです。
私たちは一楽園ホテルの斜め向いにあるお店で流麺などを食べる。

ビールは置いてないそうなので、7イレブンで買ってきました。(32元)

味は、お碗に入った麻婆麺(?)はいける。
流麺は同じような味だけど、にんにくがすごい。

にんにくと、ゴマの味。癖のある味が苦手な日本人にも合う味だと思う。

流麺35元 麻婆麺30元


7イレブンで台湾ビールを購入。

町並みは古汚い建物と、新しい建物が入り混じってて

変わっていました。あと、残飯かなんかの悪臭・・・。


4日間、楽しい旅行になるのかちょっぴり不安な初日でした。


2日目に続く


台北のホテル検索・一覧

関空発・台北ツアー検索

関連記事
ヤシの木PHOTO ALBUM 台湾旅行 (2014.2.19~21) グアム旅行 (2013.05.26~05.30) タイ旅行 (2010.11.10~11.14) グアム旅行 (2010.4.28~5.1) ハワイ旅行 (2008.3.27~4.2) 台湾旅行 (2006.7.1~3) サイパン旅行 (2005.4.22~24) ハワイ旅行 (2004.1.4~13) ハワイ旅行 (2001.9.24~31) ジャンル別まとめ 大阪府 北部・東部の おでかけスポット 大阪府 南部の おでかけスポット 関西 椎茸狩り、いちご狩り、 ブドウ狩り、潮干狩り、みかん狩り 西国三十三霊場 札所まとめ 関西BBQスポット 関西お花見スポット 記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
ブログタイムズ


相互リンク ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
記事検索
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ