ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメおでかけ情報) 2015年09月

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメおでかけ情報)

大阪発旅行やお出かけ、食べ歩き中心のブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2015年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2015年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年09月
ARCHIVE ≫ 2015年09月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2015年09月  | 翌月 ≫

バーベナが綺麗でした♪ あわじ花さじき(兵庫県淡路市楠本)

1610812_831645456916092_1049130491834972028_n.jpg
またまた淡路に上陸しました。
この橋ができてからホント淡路はアクセスしやすいですね。

s-P6240143.jpg
ハイウェイオアシスの淡路島公園へ立ち寄りました。

s-P6240144.jpg
s-P6240145.jpg
ハイウェイオアシスは何度か来たことがありましたが、
このオアシス館だけ入った事なかったんですよねえ。

こんなにいい雰囲気だったとは知りませんでした。

s-P6240138.jpg
その後はあわじ花さじきへ。

3度目ですが、今回は6月という事で、違う景色が見られました。

過去記事
淡路島日帰りツアー(4)アルファガーデン~あわじ花さじき(2015年03月15日)
あわじ花さじき~野島断層保存館(2010年03月27日)

s-P6240140.jpg


s-P6240122.jpg
花の小径

ここは春が綺麗なんですね。何もありません。

s-P6240128.jpg
天空の小径

色とりどりの花が咲いています。

s-P6240123.jpg
ストック

s-P6240124.jpg
s-P6240137.jpg
サルビアでしょうか?

s-P6240126.jpg
s-P6240125.jpg
ダリアかな?(すいません札が何もなくて…)

s-P6240133.jpg
バーベナ

s-P6240129.jpg
s-P6240135.jpg
展望台からの眺め。遠くの方まで見渡せます。

淡路花さじきは季節によって色んな花が咲いているので
何度でも来たくなる場所ですね。無料ですし。^^

あわじ花さじき
兵庫県立あわじ花さじき
兵庫県淡路市楠本2865-4
8:00~17:00 入場無料
関連記事
スポンサーサイト

明石海峡大橋 舞子海上プロムナード(兵庫県神戸市垂水区東舞子町)

s-P6230052.jpg
明石海峡の端っこにある舞子公園に行ってきました。
行った事はあるんですけどね…。^^;

過去記事
マリンピア神戸~明石海峡大橋 海上ブロムナード(2008年02月22日)

s-P6230049.jpg
目の前に淡路島が見えます。

s-P6230050.jpg
橋の下からの眺め。8階ほどの高さのあるアンカレイジには
展望台があるので行ってみました。

s-P6230068.jpg
明石海峡大橋(パールブリッジ)です。

支間吊橋としては世界一大きな橋です。
主塔の高さは297m。東京タワーは333m。

過去記事
マリンピア神戸~明石海峡大橋 海上ブロムナード (2008.02.22)

s-P6230051.jpg
舞子海上プロムナードの入場料は大人300円です。
最近はどこに行っても外国人観光客を見かけます。
良い事ですね。

入るとすぐにエレベーターがあるので、
1階から8階へ一気に上がります。

s-P6230054.jpg
徳島側のうずの駅程ではないものの、
明石海峡を散策できるようになっています。
海面からの高さは約47m、陸地から約150m、遊歩道は約317mあります。

s-P6230056.jpg
s-P6230057.jpg
車が通るので結構揺れます。

s-P6230055.jpg
s-P6230060.jpg
結構な高さですね。

s-P6230063.jpg
海上47mの丸木橋

s-P6230065.jpg
これは怖いです(笑)遊歩道の真ん中にあるので、
ガラスを踏まない様に端っこを歩きます。

s-P6230059.jpg
8階にはレストラン、売店も有ります。

s-P6230067.jpg
橋の科学館

s-P6230069.jpg
旧武藤山治邸

s-P6230071.jpg
移情閣(孫文記念館)

時間が無くて行けませんでしたが、舞子公園にはほかにも
施設が沢山あります。

舞子海上プロムナード
兵庫県神戸市垂水区東舞子町2051
078-785-5090
通年9:30~18:00
ゴールデンウィーク・夏休み9:30~19:00
大人 土日祝300円、平日240円
高校生土日祝150円、平日120円
高齢者土日祝150円平日120円
中学生以下土日祝、平日、無料
舞子海上プロムナード・移情閣・橋の科学館3館共通券大人 720円
関連記事

白鶴酒造資料館(兵庫県神戸市東灘区住吉南町)

s-P6230001.jpg
s-P6230002.jpg
白鶴酒造資料館に行ってきました。

入場料は無料です。広々とした駐車場あり。
近くに白鶴美術館もありますが、そちらはまた次回訪れたいと思います。

s-P6230005.jpg
s-P6230006.jpg
創業は1743年ですか。白鶴資料館は大正初期に建造、
昭和44年3月まで本店1号蔵として稼働していたそうですが、
外も中もとても綺麗です。

酒造をそのまま資料館にしているとのことです。

s-P6230004.jpg
杉の木で作られた仕込み用大桶
2階までつながっています。

実際に使っていたものを残して、人形を置いた感じなんですけねぇ。

s-P6230010.jpg
二階に上がってみました。
誰もいない…。ように見えますが、きき酒と売店は結構人がいましたよ。

s-P6230016.jpg
阿弥陀車(大桶を持ち上げるための滑車)

s-P6230009.jpg
s-P6230011.jpg
甑から出した蒸した米を冷ましています。
六甲おろしの寒風を受けるように建てられているそうです。

s-P6230013.jpg
s-P6230017.jpg
麹と蒸米をかきまぜ、酒母を作る作業を行っている様子。

s-P6230018.jpg
s-P6230023.jpg
s-P6230025.jpg
s-P6230019.jpg
その他色々道具など…(笑)

s-P6230036.jpg
一階の売店は賑わっていました。

s-P6230037.jpg
大正初期から昭和44年頃までの蔵人の食事風景

牛鍋などを食べていたそうですが、当時は食事つきで住み込みだったのかしら。

s-P6230038.jpg
利き酒コーナー

s-P6230039.jpg
sake.jpg
梅のお酒を飲んでみました。美味しかったです。

s-P6240148.jpg
お土産は、フローズンのお酒と甘酒にしました。

白鶴酒造資料館
兵庫県神戸市東灘区住吉南町4−5−5
078-822-8907
9:30~16:30
無料駐車場有、見学無料
関連記事

ピリ辛のあっさり豚骨ラーメン♪一蘭 泉大津店(大阪府泉大津市豊中町)

s-P6270002.jpg
泉大津にある一蘭に行ってきました。

13:30頃でしたが、6組ほどお待ちでした。
駐車場も私達が停めたら満車で人気のお店です。

s-P6270003.jpg
先に食券を買って待つんですね。

s-P6270004.jpg
待ってる間に好みの味を書いておきます。
私は少しこってりで、秘伝ソース入りにしました。

s-P6270005.jpg
全席おひとり様用のボッチ席です。
3人以上のお客さんだと、なかなか近くの席で座るの大変そうです。

仕切りは外すこともできます。

s-P6270008.jpg
前ののれんが開いていますけど、あちらにスタッフが居ます。
料理を出し終わったらのれんを下してくれるシステム。

11665753_833891736691464_7011554364426795374_n.jpg
こってりの量は自分で変えられますので、私は少しこってりですが、
あっさりした豚骨で美味しいです♪

赤いピリ辛のソースも加わって絶妙な味。

s-P6270013.jpg
麺の硬さも自分で選べるんですが、私は普通でよかったです。
麺が細くてスープとよく絡みます。

ここって麺が少ないですね。
最後にギブアップしてしまうので、少な目は嬉しい。

11209534_833891753358129_2716106046611905237_n.jpg
ここまで飲んで、替え玉だとどうなるんでしょうね。
スープまで美味しくて2人とも全汁完食しました。

一蘭 泉大津店
昼総合点★★★★ 4.0
大阪府泉大津市豊中町2丁目7−10
0725-32-1877
関連記事

「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(6)コウノトリ米100%のカステラ 「メシテラ」 カタシマ養父本店 KATASHIMA(兵庫県養父市上野)

s-P1011262.jpg
最後に訪れたのは養父市にあるパティスリーカタシマです。

2015年ミラノ国際博覧会に出展した
コウノトリ育むお米100%で作ったカステラ「メシテラ」を食べに訪れました。

s-P1011263.jpg
とてもお洒落な広い店内で、16:00頃でしたが
1階はほぼ満席状態。流行っているようでしたよ。
写真は2階席です。

s-P1011264.jpg
s-P1011279.jpg
但馬のブランド米「コウノトリ育むお米の米粉100%使用した
カステラ「メシテラ」をもちろんいただきます。

小麦粉不使用なので、アレルギーの方も安心ですね。

s-P1011267.jpg
期間限定で販売されていたメシテラのケーキセットをいただきました。

s-P1011269.jpg
巨峰の紅茶

ほんのり巨峰の香りがする上品なお味。

s-P1011272.jpg
米粉100%のカステラはとても弾力性があってもっちりしています。

手前にある氷砂糖のようなお菓子はカリッとしていて
中はゼリーの様になっています。
甘くなくてほんのりお酒の味。

s-P1011275.jpg
氷ノ山どぶろくジェラート「どぶロック」

こちらもほんのり日本酒の味のするジェラートで
メシテラと一緒に食べると違った味が楽しめます。

s-P1011283.jpgs-P1011280.jpg
s-P1011286.jpg
店内ではケーキの他にもランチメニューも有ります。
美味しそう♪

s-P1011274.jpg
楽しいひと時を過ごせました。

載せきれなかった写真はフォト蔵にアップしているので
良かったらご覧くださいね。
豊岡日帰り2015
豊岡日帰り2015 by (C)mahina

前記事
「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(1)(生き物調査編)
「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(2)(稲刈り編)
「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(3)(コウノトリ米実食編)
「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(4)ファーマーズマーケット たじまんま
「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(5)兵庫県立コウノトリの郷公園 

パティスリーカタシマ
兵庫県養父市上野1156-1
Tel 079-664-0351
営業時間 AM9:00~PM8:00
関連記事

「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(5)兵庫県立コウノトリの郷公園 豊岡私立コウノトリ文化館(兵庫県豊岡市祥雲寺)

s-P1011243.jpg
お次は兵庫県立コウノトリの郷公園へ。

国の特別天然記念物に指定されている
「コウノトリ」の野生復帰を目指している施設で
公園内で保護繁殖後、野生復帰の為に放鳥をしています。

前回訪れた時は空を飛んでるコウノトリは見られなかったんですよね。

前記事
兵庫県立コウノトリの郷公園(2013年10月09日)

s-P1011251.jpg
可愛いゆるキャラがいました。

s-P1011244.jpg
売店もありますが、私はコウノトリ文化館の方へ。

s-P1011252.jpg
入口のコウノトリの剥製です。

体長は約1m、羽根を広げると2mもある大きな鳥で
但馬地方では「ツル」とも呼ばれているそうです。

目の周りが赤く、魚やどじょう、カエルなどを餌にしています。

s-P1011253.jpg
コウノトリは頭を海老ぞりにして背中につける癖(?)があって
その姿がとても可愛いです。

前回は館内を見学しただけですが、今回はツアーでしたので、
コウノトリが絶滅し、その後復活に向けた取り組みなど
DVDも交えて説明を聞きました。

s-P9200146.jpg
コウノトリは肉食で、豊かな自然が無ければ生きて行けず、
世界中でも2000羽ほどしかいない絶滅危惧種に指定されているそうです。

写真は明治時代、日本では豊岡でしか見られなくなった光景で、
最後のコウノトリは昭和46年に姿を消してしまいました。

s-P9200143.jpg
昭和40年から人口飼育に取り組みましたが、残念ながら
日本にいたコウノトリは絶滅。ソ連から贈られた健康なコウノトリを
人工飼育し、25年目にようやくひなが生まれ、
現在では120羽を超えているそうです。

初めての放鳥は平成17年で、遠くは韓国で目撃情報が報告されています。
大体2日で韓国に到着するんですって。

s-P9200135.jpg
コウノトリの巣

枝などの上に拾ってきた稲を積み重ねています。
痛くないんでしょうかね。雨の日も吹き曝しです。

s-P9200139.jpg
s-P9200134.jpg
公園にも行ってみました。

飼育中のコウノトリや、放鳥したコウノトリが戻ってきたりしていました。

s-P9200137.jpg
とても空高く飛ぶんですね。ズーム最大でこれです。^^
パラグライダーの様に飛んでいてとても気持ちがよさそうです。


動画も撮ったのでよかったらご覧くださいね。

s-P9200132.jpg
遠いですが…。自然に帰ったコウノトリも確認できました。

つづく

前記事
「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(1)(生き物調査編)
「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(2)(稲刈り編)
「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(3)(コウノトリ米実食編)
「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(4)ファーマーズマーケット たじまんま

兵庫県立コウノトリの郷公園
兵庫県豊岡市祥雲寺128
0796-23-5666
9:00~17:00
月曜定休日(休日の場合その翌日と12月28日~1月4日)
和田山IC~国道312号線(和田山ICから約1時間)
関連記事

「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(4)ファーマーズマーケット たじまんま(兵庫県豊岡市八社宮)

s-P1011112.jpg
s-P1011216.jpg
JAたじま隣にあるファーマーズマーケットたじまんまへ
但馬の地産品が格安で買えます。

s-P1011230.jpg
s-P1011231.jpg
但馬牛もありましたよ。但馬地鶏が安くて買いたかったんですが
保冷バックでも持ってくればよかったです。

s-P1011229.jpg
豊岡の卵(とよおかっこ)

s-P1011227.jpgs-P1011226.jpg
s-P1011228.jpgs-P1011223.jpg
沢山売られている中で気になったのは、ずいきに
新温泉町のはたがなる大根や豊岡ピオーネ、梨。

s-P1011234.jpg
電車なので重たくないピオーネとピーマンを購入しました。

s-P1011235_201509211254221b6.jpg
s-P9200130.jpg
コウノトリ米も購入できます。
重くて持って帰れない場合は郵送もできますよ。

s-P1011239.jpgs-P9200126.jpg
コウノトリ育むお米の米粉で作られたバームクーヘンです。

cocoroのバームクーヘンは、ミラノの国際博覧会でも紹介されたんだどうです。

s-P1011237.jpgs-P1011236.jpg
試食させていただきましたが、生地がとてもきめ細かいです。
しっとりとしていて、私の知っているバームクーヘン(パサっとしたもの)
と違うなと思いました。楽天市場からも購入できます。→こちら

s-P9200163.jpg
帰ってからいただきましたが、
ピオーネが甘くて美味しい♪あっという間になくなりました。

つづく

前記事
「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(1)(生き物調査編)
「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(2)(稲刈り編)
「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(3)(コウノトリ米実食編)

ファーマーズマーケット たじまんま
兵庫県豊岡市八社宮490
城崎温泉より車で約20分
9:00~18:00 
0796-22-0300
関連記事

「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(3)(コウノトリ米実食編)兵庫県豊岡市

s-P1011200.jpg
s-P1011111.jpgs-P1011108.jpg
田んぼの生き物調査、稲刈り体験後はお待ちかねの(笑)実食です。

私達はコープ自然派のイベント
9/20 コウノトリ米 稲刈りと秋の田んぼ 生きものさがし
に参加させていただきました。
定期的にツアーを実施しているようで、もし参加されたい方は
サイトをチェックしてくださいね。会員300円、非会員450円で参加ができます。
兵庫県のイベント大阪のイベント

s-P1011204.jpg
s-P1011199.jpg
釜炊きのコウノトリ育む銀シャリ新米(コシヒカリ)と豊岡の卵(とよおかっこ)

s-P1011202.jpg
秋野菜の煮物です。

s-P1011205.jpg
出汁の入った醤油なのでたっぷりかけてみました。
生卵が苦手な場合はふりかけもあります。

せっかくの新米コシヒカリなのに
私も白ごはんだけで食べればよかったですが。

s-P1011206.jpg
煮物と一緒にいただきます。

s-P1011211.jpg
具沢山な煮物。大鍋で作るとホント美味しいですよねー。
汁まで全部いただきました。

s-P1011209.jpgs-P1011212.jpg
たまごがけ御飯も美味しくてペロッと完食しました。
お茶は何気なく飲んでいたけど、ここで生産された茶葉使用なんですって。

12042785_877039272376710_6174536211267803254_n.jpg
コウノトリ育むお米の特徴です。

粘りの強いお米大好きです。冷めても美味しいからおにぎりに最高なんですよね。

s-P1011238.jpg
美味しくて安全なコウノトリ育むお米ですが、
JAたじまんまでも売られていました。5kg3213円(税込)

無農薬ですので若干高めですが、
楽天市場でも値段はそう変わりません。→こちら
キロ単位でも購入可能です→こちら
玄米や精米、5分引きなども選べますよ。

つづく

前記事
「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(1)(生き物調査編)
「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(2)(稲刈り編)

コウノトリ米 稲刈りと秋の田んぼ 生きものさがし
特別栽培米 兵庫県但馬産こしひかり コウノトリ育むお米
関連記事

「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(2)(稲刈り編)兵庫県豊岡市

s-P1011192.jpg
生き物調査の後は稲刈り体験です。


s-P1011196.jpg
s-P1011171.jpg
お子様はコンバインの中に実際乗って運転もさせてもらえます。
大人は狭いので、一緒に乗ることはできないようです。


自脱型なので素早く脱穀もできるんですねー。
水分を飛ばす作業もこれでできるのかな?

s-P1011187.jpg
s-P1011184.jpg
昔ながらの手作業で稲刈りしてみました。人生初です。

s-P1011179.jpg
思ったほど力は要りませんね。次々と刈ることができて楽しいです。

s-P1011182a.jpg
s-P1011186.jpgs-P1011188.jpg
初稲刈りはほんと楽しかったです♪田植えもやってみたいなぁ(笑)

s-P1011178.jpg
収穫した稲はしばらく天日干しにして水分を飛ばす必要があります。
お米って食べるまでとても大変な作業で作られてるんですね。
お米一粒一粒大事にしようとおもいました。

s-P1011122.jpg
秋ですねー。彼岸花が沢山咲いていました。

実食偏へつづく

前記事
「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(1)(生き物調査編)

生き物も育む コウノトリ育むお米稲刈り交流
関連記事

「コウノトリ育むお米」産地体験ツアー(1)(生き物調査編)兵庫県豊岡市

12047114_877041192376518_7487950375359209871_n.jpg12032987_877018969045407_2132966247470697313_n.jpg
兵庫県豊岡市へ、コウノトリ復帰プロジェクト産地体験ツアーに参加してきました。

近代化が進むにつれてコウノトリが激減し、
明治時代には豊岡でしか見られなくなりました。
右写真の様に、田んぼに沢山のコウノトリが居たのです。
品種改良や害虫駆除の為に使っていた農薬や化学肥料が原因で
豊岡に居た最後のコウノトリも1970年に絶滅してしまったそうです。

田んぼには沢山の虫が湧きますが、それを食べる鳥や虫がいて、
また稲刈り後の残った稲も巣に持ち帰ったりと
田んぼは人間以外の生き物の役にも立っていたんですね。

現在ではあまり害のない農薬に変わっているそうですが
農薬や化学肥料に頼らず、無農薬または低農薬で
かつ美味しいお米を作っているのが豊岡で、
そのお米は「コウノトリ育むお米」というネーミングで販売されています。

12020057_877009252379712_2600301673006606092_n.jpg
一般的に田んぼは収穫後春まで水を引きませんよね。
6月ごろ、根を丈夫にするために中干をしますが、
丁度オタマジャクシがカエルに、ヤゴがトンボになるころなんですよね。

12032990_877163829030921_4831665942066018908_n.jpg11998951_877163819030922_2433203932237275030_n.jpg
コウノトリ農法では、中干をできるだけ延長し、
冬場も田んぼに水を貼ることで生き物が減らないようにしています。
除草剤や農薬を使わず、微生物や米ぬかなどを使用し、
人と自然が共生する豊かな環境を目指した自然農法なのです。

s-P1011121.jpg
前置きが長くなりましたが、
コウノトリ米 稲刈りと秋の田んぼ 生きものさがし」生き物偏です。

コウノトリ育む農法では、田んぼにどのような生き物が生息しているかを調査します。
JAたじまさんの裏手にある田んぼへ。

s-P1011128.jpgs-P1011109.jpg
長靴と軍手は持参です。スニーカーの人がいましたが、
ドロドロになっていましたよ。借りる事もできるようです。

s-P1011129.jpgs-P1011130.jpg
網や虫かごは貸してもらえたので私も虫やカエル取りに挑戦しました。

s-P1011131.jpg
収穫後のドロドロとした田んぼの中へ。なるべく稲の絨毯の上を歩きます。

s-P1011134.jpg
s-P1011135.jpg
大きなカマキリ

s-P1011137.jpg
子供のカエルを捕まえました。

s-P1011140.jpg
ケースの外から見ると可愛いですね♪何考えてるんでしょう。

s-P1011150.jpg
私が捕まえたのは土カエルのようです。

s-P1011153.jpg
参加者が30分で捕まえた生き物を種類ごとに集めてみました。
(捕まえた生き物は田んぼへ返します。)

s-P1011155.jpg
色んな種類のカエルが大漁。

s-P1011154.jpg
s-P1011166.jpgs-P1011164.jpg
とてもおとなしいんですよ。されるがままで危機感ゼロ。

こうして子供たちが虫やカエルと触っているのを見ると
私も触りたくなってきました。昔は平気だったんですけどねー。
どうして大人になると怖くなるんでしょうね。

s-P1011168.jpg
私も触ってみました。思った通りぷにぷにしていました。

s-P1011152.jpg
写真は分かりにくいですが、タイコウチなどもいます。

s-P9200120.jpg
今日みつけた生き物です。ほんの30分でこれだけの生物がいました。

稲刈り偏へ続く

JAたじま
兵庫県豊岡市但東町出合108
生き物も育む コウノトリ育むお米稲刈り交流
関連記事
ヤシの木PHOTO ALBUM 台湾旅行 (2014.2.19~21) グアム旅行 (2013.05.26~05.30) タイ旅行 (2010.11.10~11.14) グアム旅行 (2010.4.28~5.1) ハワイ旅行 (2008.3.27~4.2) 台湾旅行 (2006.7.1~3) サイパン旅行 (2005.4.22~24) ハワイ旅行 (2004.1.4~13) ハワイ旅行 (2001.9.24~31) ジャンル別まとめ 大阪府 北部・東部の おでかけスポット 大阪府 南部の おでかけスポット 関西 椎茸狩り、いちご狩り、 ブドウ狩り、潮干狩り、みかん狩り 西国三十三霊場 札所まとめ 関西BBQスポット 関西お花見スポット 記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
ブログタイムズ


相互リンク ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
記事検索
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ