ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報) 仏女の旅 西国三十三霊場 十三番札所 石山寺

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報)

大阪発!旅行やお出かけ、食べ歩きブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP国内旅行・おでかけ‐滋賀県 ≫ 仏女の旅 西国三十三霊場 十三番札所 石山寺

仏女の旅 西国三十三霊場 十三番札所 石山寺

西国三十三霊場 十四番札所 三井寺 の後は、

紫式部ゆかりのお寺、西国三十三霊場 十三番札所の石山寺 へ。


写真は入口の東大門です。


近江八景のひとつ、「石山の秋月」で有名なお寺です。


PA134481s-.jpg
PA134485s-.jpg
PA134483s-.jpg

仁王


石山寺は、ゆっくり1日かけて参拝したい程大きな境内です。


今回は、

東大門~蓮如堂~毘沙門堂~本堂~経蔵~多宝塔~鐘楼~大国堂~東大門

と、1時間程参拝しました。


参道から続く石段。


途中まで数えていたんですが、、何段あるか分からなくなってしまいました。

こちらには、西国三十三霊場の全部の尊像を安置しているそうです。


石山寺 毘沙門堂(びしゃもんどう)


堂内には、兜跋毘沙門天(とばつびしゃもんてん)、

吉祥天、善膩師童子の三体が祀られています。


石山寺 蓮如堂


「三十八所権社本殿」の拝殿として、1602年に建築されたものだそうです。


国の天然記念物に指定されている、硅灰石(けいかいせき)


石灰岩が地中で花崗岩と接触した際、大理石に変質する場合が多いそうですが、

石山寺ではとても大きな硅灰石となっています。

この石が石山寺の起こりとなったそうです。


本堂へ行く最中、右上を見あげると現れる「三十八所権現社本殿」

「硅灰石」の上に建っています。


国宝に指定されている本堂


木が沢山あるので、こんな感じでしか写真が撮れません。。


かなりの大きさの御本尊は、900年前に造られたものとされ、

御開帳は33年に一度だそうです。次は2016年ともうすぐ。


胎内仏像三体は、本堂で見る事ができます。


紫式部 源氏の間


紫式部ゆかりのお寺・・・というのは、

平安時代、清水寺、長谷寺、石山寺を参拝する「石山詣」が流行り、

紫式部は、石山寺で7日間参籠し、「源氏物語」の一部、

「今宵は十五夜なりけり・・・。」のくだりを書きあげたとされています。


紫式部が滞在していた頃、石山寺からは、十五夜の秋月がとても綺麗だったそうです。

西国三十三霊場の、十三番 石山寺のご朱印を頂きました。


何と言う達筆。


紫式部のおみくじを引いてみました・・・。結果は「末小吉」


あまりよくない事が書かれていました。。(悲)


おみくじには、打ち出の小槌がついています。

これは旦那さんへのお土産(?!)割と気に入ってるみたいです。


私ももう一つこれ欲しいw

安産の腰かけ石というのがありました。


私はもう産む予定はないのですが・・・でも産むかもしれないし。ww

座布団が引いてある所に腰をかけさせていただきました。

日本三代多宝塔の一つに指定されている、石山寺の多宝塔は木造で、

1194年、鎌倉時代初め、源頼朝の寄進により、建てられたとされています。


現在は修理中の多宝塔を、特別に見学させていただきました。

ヘルメットをかぶって・・・。

日本では最古のもので、国宝にも指定されています。


その多宝塔が、46年ぶりに、屋根の葺替えを行っています。


違う場所で、腐敗の進んだ屋根を見た事がありますが、

雑草が生えたりして、凄い事になってしまうんですよね。


石山寺では桧皮葺(ひわだぶき)の技法によって檜を使用しています。


桧皮とは、檜の本皮部分を、内樹皮を傷付けないように採取したものです。


桧皮葺には、竹釘を使用して止めて行きます。


実際に、その様子を見させていただきました。


竹釘を口の中の入れて、素早く釘を打っていきます。


PA134567s-.jpg

その作業をうっとり見ていた私・・・。うっとり顔・ネコ恋

ちゃっかり最後に一緒に写真撮らせていただきました。


けど私めちゃ太りましたね。(汗)

この葺き替え修理の様子は、一般の方もご覧いただけるそうです。

貴重な体験なので、是非いかがでしょうか。


石山寺の駐車場には、しじみの貝塚があります。


すぐ近くにある瀬田川で、しじみが取れるんですね。

お腹がすいていて、しじみ丼を食べたかったのですが、今回食べられず。


お土産やさんも色々ありました。今回は車じゃないので、荷物になる事を考えると

結局何も買いませんでした。


滋賀県立近代美術館 へつづく


石山寺
滋賀県大津市石山寺1-1-1

京阪石山寺駅から徒歩10分

8:00~16:30

入山料:大人500円、小人300円


滋賀県観光協会

関連記事
スポンサーサイト

Comment

1 ■33年に1度!
編集
ご本尊のご開帳は33年に1度なんですね。普通の寿命ならチャンスは2回でしょうか。

ちょうど姫路城も平成の大修理をやっていますが、こういった古いお寺やお城の修復ってそうそうあるものではないですが、技術をちゃんと継承しているのは本当に素晴らしいと思います。
2011年10月23日(Sun) 21:34
2 ■>宗博さん
編集
2016年の月はいつか決まってないんですが
是非拝観したいものですねぇ。

桧皮葺師は2人とも若くてびっくりしました。
滋賀県の職員さんに聞くと、
最近は若い人が多いんですって。

姫路城は5年も工事するんですね。
私はたまたまその前に行けたんですねぇ。
2011年10月24日(Mon) 16:50












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ヤシの木PHOTO ALBUM 台湾旅行 (2014.2.19~21) グアム旅行 (2013.05.26~05.30) タイ旅行 (2010.11.10~11.14) グアム旅行 (2010.4.28~5.1) ハワイ旅行 (2008.3.27~4.2) 台湾旅行 (2006.7.1~3) サイパン旅行 (2005.4.22~24) ハワイ旅行 (2004.1.4~13) ハワイ旅行 (2001.9.24~31) ジャンル別まとめ 大阪府 北部・東部の おでかけスポット 大阪府 南部の おでかけスポット 関西 椎茸狩り、いちご狩り、 ブドウ狩り、潮干狩り、みかん狩り 西国三十三霊場 札所まとめ 関西BBQスポット 関西お花見スポット 記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
ブログタイムズ


相互リンク ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
記事検索
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ