ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報) 富士山弾丸登山 富士宮口から夜行登山~御殿場道口~富士宮口へ下山~富士宮 うなてん
FC2ブログ

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報)

大阪発!旅行やお出かけ、食べ歩きブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOP■国内登山・富士山 ≫ 富士山弾丸登山 富士宮口から夜行登山~御殿場道口~富士宮口へ下山~富士宮 うなてん

富士山弾丸登山 富士宮口から夜行登山~御殿場道口~富士宮口へ下山~富士宮 うなてん

2 145
富士登山へ行ってきました。
天候の関係もあり、何度も日程を変えてやっと決行する事ができました。
一生に一度!リタイアなく山頂目指したいので慎重にプランを考えました。
大阪から一番アクセスしやすい、富士宮から夜登り、次の日の朝下山する計画です。
慎重とは思えない無謀なプラン(爆)0泊2日でいざ出陣!

朝10時に大阪を出て、ずっと高速を使っても富士ICまで6時間も掛かりました。

2 063
2 0652 064
途中サービスエリアでお弁当

2 0872 089

富士ICを降りてすぐに5合目には行かず、滋養をつけるためうなぎを食べました。

事前にチェックしておいた、富士宮AEON 近くの『 うなてん 』(地図 )という所です。
メニューには、松・竹・梅 とがあり、
違いを聞いたら、うなぎの量が違うだけとの事。

竹 2200円

ご飯の間にもうなぎが埋もれています。


松 1500円。女性はこれで十分だと思います。(っていうか、これでも多い。)


おいひぃ。


18時ごろ富士スカイラインに入りました。
ここから富士宮口5合目まで1時間かかるのにゆっくりしすぎ・・・。(゜ー゜;A
しかも霧がすごくて、2m先が見えないから、ゆっくりゆっくりしか進めません。
写真に撮って見ると、結構よく映ってますね。肉眼では殆ど視界0。


駐車場は思ったより空いていて、いい場所に止められました。

2 1322 1372 138
20:00頃登り始める予定だったんですが、
カップラーメンを食べたり、売店を物色したりしていると
遅くなってしまいました。

まあでも高山病でギブアップは避けたいのでのんびりしました。


21:45登山開始

22:10 六合目  標高2500M

2 1632 165
6合目までは緩やかな山道でとても楽。
ここから地獄が始まる事をまだ知らず、この頃はとても元気でした。(笑)


六合目の雲海荘 は焼印所(金剛杖に押す焼印)だけ空いていて、
宝永山荘は閉まっていました。休憩せず、そのまま進みました。


23:10 新七合目 標高2780M

6合目から丁度1時間で到着。ほぼ予定通りです。
ご来光山荘が開いていましたが、山小屋には入らず、トイレも借りず、10分休憩。

持って来ていた、ベビーチーズと魚肉ソーセージを食べました。
携行食です。チーズはとても濃厚で美味しかったです。
この時食べた、ベビーチーズと魚肉ソーセージの美味しさは、一生忘れないと思います。w
その後、貧乏臭くて嫌いだった(爆)魚肉ソーセージが大好きになりました。

0:30  元祖七合目 標高3010M

新7合目から1時間10分で到着。
8合目だと思ったのに、騙された気分。
“元祖”の名前を見て急に疲れが・・・(>ヘ<)
6合~元祖7合目は、3段とばしで階段を上ってるような急勾配で、
酸素も薄く、5分上って2分休憩状態でした。
幸い5合目でだらだらして高山病を避けたのは正解。

山小屋の山口山荘 は閉まっていました。(ここで昨日爆発があったそうです?)
まだ半そでで大丈夫でしたが、少し休むと寒いので長袖シャツを羽織りました。

1:45 8合目 3250M元祖7合目から1時間5分で到着。
池田館 のバイオトイレを借りる。(200円)ここのトイレはとても綺麗でした。
富士宮口でご来光が見られるのはここが限界です。
ここで日の出を待つか、山頂の“剣が峰”を目指すしかありません。
(山小屋は既に閉まっています。)
寒くなってきたので、ウィンドブレーカー・ゴアテックスのレインウェア・
毛糸のスキー帽をかぶり、軍手の上に毛糸の手袋装着。持ってきた服全部です。

2 179
道端で休憩して空を見上げると、星空がとても綺麗。
真っ暗だけど、雲のじゅうたんがぎっしり。
登り始めた時より、月の位置がどんどん低くなっていました。

酔っ払ったかのように目がぐるぐる廻っていました。
このまま寝ると気持ちいいだろうな~と思いながらも、15分休んで2:00に出発。


3:05  九合目  3460M

蔓年雪山荘 の裏には年中溶けない万年雪が積もっていてこの名がついたそうです。
元祖7合目~9合目まで、足を胸辺りまで上げないと、一段が登れない程の“崖”でした。
よじ登る状態です。寒さと睡魔と疲れで意識朦朧。。ε= (++ )


時間的に余裕はなかったんですが、山小屋で休憩しました。
売店は思った程高くない(?)設定でした。
おでん(800円)、玉子スープ(400円)、ホットココア(400円)を購入。


全部レトルトでしたが熱々で、むちゃくちゃおいしかったです。


ここの山小屋では、この人はこれ以上無理だろうなぁ。。
と思う程ぐったりしている人も沢山いました。

山小屋のお兄さんが、「1時間1000円、6時間3000円で仮眠できます。」と叫んでいました。

あと一時間で山頂までいけるわけないし・・・挫折する気は全くなかったんですが
ちょっと位休んだほうが。。と、気持ちが揺らぎました。

食べ終わったら、すぐに席を立ってほしそうな雰囲気。
言われる前に席を立ちます。山小屋に泊らなくて本当によかった。

3:30 9合目出発
少し登ると心臓がバクバクします。
死ぬような気がマジでしてきました。(笑)
動悸は後々思えば高山病だったようです。


4:15 九合五勺  3590M

9合目から45分で到着した胸突山荘。
ネーミングから、疲労度が伝わると思います。ww

2 190
2 191
2 192
2 193
2 194
ここに2:30に到着する予定だったのに・・・すでに明るくなっていました。


あと185M。。休まず進みました。

2 195
2 198

もう御来光が・・・。
富士宮口から登ると、ご来光がこんな感じで半分見えません。(泣)
日の出までにあちらに行く予定でした。

何のために眠らず登ったのか。。って感じでしたが、
生まれて初めてのご来光。太陽がとても神々しく見えました。
日本一の山で見られてよかったです。


2 204
2 205
2 206
その後はゆっくりペースで登っていきました。
山頂付近は混んでいて、自分のペースで行きたくても渋滞していました。


5:05 10合目 3776M

ついにやりました3776初日の出
体力が残っていれば、きっと感動したんでしょうけど、、あまりにも疲れすぎ。。
雲海を見ようが、影富士を見ようが感動しませんでした。
達成感はあったけど、なんか腹が立って(?)涙が出ました。

兎に角なにか撮らなければ・・・と思ったんですが、
ろくな写真が撮れていませんでした。(泣)


2 231
火口口

実際に見ると、もっと迫力があります。


雲海は、富士宮口からの眺めが最高でしたが、
雲は少なめで下界までよく見えました。


実は・・・。右上にある“剣が峰”に登ってやっと3776Mです。
そのまま突っ切ってしまえばよかったのに、少し休憩したのがよくなかったです。
風晒しの状態でうとうとしてると、あまりの寒さに飛び起きました。
両手がぴりぴり痺れて凄く痛かったです。
カイロで温めても治らなず、これが凍傷の一歩手前なのかなと思いました。

それに冷えすぎると体って震えないんですね。低体温症になる所でした。
身体ってすごいな。と思ったのは、そうなる前に気づかせてくれる所。


頂上富士館 に避難。さっきの山小屋の事もあったのでどれだけ粘れるか。。

他にも、風晒しで寝てる人が居たんですが、大丈夫だったんでしょうか?
火難した山小屋は混んでいましたが、暖かくて天国でした。
何も注文せず休んでる人が沢山いたので、先に山小屋の中を見ておけばよかった。。
非常食や味噌汁、コーヒー、コンロなど持ってきてたんですが、
何もする気がおこりませんでした。


コーヒー(500円)を注文。

カップを持つと手がぴりぴり痛く、
なかなか異常な手の感覚が治まりませんでした。
山小屋は外より暖かいけど、それでも寒くて震えが止まらず
勇気を出して、外に出て動く事にしました。
旦那さんは小屋で待ってるとぐったりしていました。


富士山頂郵便局で、娘宛に手紙を書く。
“富士山登頂証明書”がセットになってて350円です。



頭が廻らず、“お手紙”と書こうとしたら“お手数”と書いてしまった。(笑)
漢字が少ないのは、娘が読めるように・・・(゜ー゜;A


浅間大社では、学問と健康祈願のおまもりを購入。(各500円)
ここって、“あさま”ではなく、“せんげん”って読むんですか。。

2 235

7:40 下山開始(御殿場口)
富士宮口は登山道と下山道が同じです。

2 236
2 239
2 241
金曜でも登り客が多く、下山の人は大変そうだったので
銀名水のある御殿場下山道から帰る事に。。
御殿場口の下山道には、“ 富士宮下山道 ”とも書いてあります。
富士宮口のあんな急斜面を降りるのは怖いので、
御殿場道を通り、途中 「 赤岩8合館 」のブルドーザー道を使って、
富士宮口に戻る事にしました。

2 243
2 247
2 248
2 250

富士宮口は、こんな傾斜を一気に登った感じでしたが、
御殿場道はつづら折のくねくねした道を、時間を掛けて下ります。


これを過ぎたら砂走りに入るのですが、嫌気が差すほど、↑この道が続きます。


8:40 八合目 3300M
山頂から一時間。長いな~と思っていたらいきなり8合目でした。
でもこんなに歩いたのにまだ3300M。

赤岩八合館 のベンチで15分ほど休憩。
今居るのが御殿場道なので、富士宮口に合流できるのか
ちょっと不安がよぎり、しばらく考え込んでいました。
車を止めているので、違う登山口に出てしまったら大変ですからね。^^
ブルドーザー道を、富士宮口の方向から歩いて来る人に
富士宮口へ続いている道なのか聞いたら
「そうだけど、ブルドーザーの人に怒られる。」と言われ、
ちょっと悩んだけど、御殿場道をそのまま進むことにしました。
後で知ったんですが、今日(土曜)は登山者で混雑していたようなので
8合目で富士宮口へ戻らなくてよかったです。

2 255

9:10 七合目砂走館
八合目から30分で到着。そんなに時間経ってないのに、すごく長く感じます。
砂走館で20分ほど休憩。うとうとしていました。
下りても下りてもまだまだ雲の上です。
雲の下に下りたくてしょうがありませんでした。
目が雪目のように痛いし、鼻もじゅるじゅるで頭も痛く、
写真を撮る元気なんてでませんでした。。

鼻のじゅるじゅるは砂埃のせいでしょうか。。><
マスクを持ってくればよかったです。
砂走館のすぐ下りた所に日の出館、わらじ館がありますが、
素通りして、9:30に御殿場口7合目出発



10:00 大砂走り下山道
7合目から30分で到着。ここから長い大砂走りが始まります。
かかとから一歩下りると足がずぼっと埋まり、
飛ぶように下りて行く事ができるのですが、ふくらはぎの筋肉をかなり使います。


富士山を登った後でこれは地獄。
それに、散々下を見て歩いたので首が痛いし、
トレッキングシューズのハイカット部分がかかとに当たって痛い。


下りても下りても同じような砂走りが続きます。><
泣きたいくらい辛いんですが、泣く元気もなくて、なんかもう最悪でした。
まるで地獄に落ちてしまったような気分。↑地獄に見えませんか?

旦那さんが、、富士登山中とても優しかったんですよね。
山登りとかに行くと凄く優しいのよ(大爆)
励ましあいながら、ゆっくり下りました。


10:21 富士宮分岐点 宝永山
宝永火口は、実際下りてみると、うんざりする程の窪みです。
(静岡側から見る富士山のえくぼの部分です。)
御殿場道の方向は緩やかな道なのに、
富士宮口への道はかなり果てしないのが遠くから見ても分りました。

写真の人が立っている所から、右側の“宝永山”火口へ下り、
火口をまた登ると、富士宮口のルートに迂回できます。
火口になんて下りたくないですが、下りなければ富士宮口にいけません。><

2 261
11:10 宝永火口

写真は降りる前です。ベンチで30分ほど仮眠。
早く抜け出したいのに休憩しすぎ。この時が一番辛かったです。
8合目辺りから、小さな蜂がずっと顔の周りをぐるぐる着いて来る感じでした。
でも疲れすぎると凄いですね。全く無抵抗でした。(笑)刺すならさせば状態。
この火口の写真も撮らず・・・。記憶に残したくないとまで思ってしまいました。(笑)

5合目から火口までののコースをハイキングで来ている人がいましたが、
山頂まで登ってないのでとても元気です。
遠足っぽい園児もはしゃいでいます。楽勝コースなのかしら。
下界も近いのかな?ちょっと元気が出てきました。


12:07 須山口登山道
何度も何度も騙され(?)、今度こそ新6合目かと思ったら、
“須山口登山道”。。また砂走りでした。
少し登りもありましたが、もう下りにうんざり。


須山道を少し入って行くと、やっと↑こういう道が続きました。
これまた長すぎて、遭難したような気分になりますが
山登りって感じのする道でした。


12:35 新5合目 駐車場到着
なんか変な所から5合目駐車場に到着しました。間違えたんでしょうか?
新六合目に着くと思ったんですが、自分の車が目の前にあり、
嬉しくて涙が出ました。(T-T)

下山に5時間も掛かってしまい、思わぬロスタイム。
でもめでたく、富士山登頂に成功しました。
私達は睡眠も取らずの夜行登山だったので、かなりきつかったです。^^;
もう二度と登りたくありません。(笑)
                 キラキラ登山メモキラキラ

登山日

2007年(H19)7月28日(金)~29日(土)

天候:晴 ( 気象データ

スケジュール

0泊2日 21:40~12:35(14時間55分)

登り7時間20分(休憩1時間)

下り4時間55分(休憩1時間5分)

(+山頂で休憩2時間30分)

登山ルート富士宮口(21:45)→山頂(5:05)→御殿場口下山道(7:40)→宝永山(10:21)→宝永火口(11:10)→須山口登山道(12:07)→富士宮口5合目駐車場(12:35)
交通ルート大阪~西名阪~東名阪~東名高速~富士IC ~R139~R414~富士スカイライン~表富士宮口5合目駐車場
費用

買い揃えた物 55,621円

高速代 14,800円
食費・旅費 15,175円

持って行ったもの

使わなかった物

ヘッドライト/スパッツ/ゴアテックスレインスーツ/ステッキ/ザックカバー/ザック(25L) Tシャツ(サイバードライタイプ)/半そでシャツ/ナイロンパンツ/パーカー/エマージェンシーシート/軍手/手袋/帽子/毛糸の帽子/厚手のくつした2足/スポーツタオル2/ウィンドブレーカー/テーピング/絆創膏/目薬/頭痛薬・胃薬/コールドスプレー/携帯酸素/日焼け止め/ロールティッシュ(芯抜き)/ウェットティッシュ/お茶/水/おにぎり/フリーズドライご飯/即席味噌汁/即席コーヒー/飴(ベルタース・黒飴)干し梅/酢昆布/ベビーチーズ/カロリーメイト/コッフェルバーナー/レジャーシート/割り箸


持って行ったザック内の荷物は不要なものばかりでした。

ペットのお茶は寒くて飲む気がせず、半分残っていました。


★★★★☆ 4.5

うなてん (うなぎ / 富士宮)地図

静岡県富士宮市浅間町11-6

富士宮AEONの駐車場前の路地まっすぐ

富士山の天気

関連記事
Trackback

Trackback URL

ヤシの木PHOTO ALBUM 台湾旅行 (2014.2.19~21) グアム旅行 (2013.05.26~05.30) タイ旅行 (2010.11.10~11.14) グアム旅行 (2010.4.28~5.1) ハワイ旅行 (2008.3.27~4.2) 台湾旅行 (2006.7.1~3) サイパン旅行 (2005.4.22~24) ハワイ旅行 (2004.1.4~13) ハワイ旅行 (2001.9.24~31) ジャンル別まとめ 大阪府 北部・東部の おでかけスポット 大阪府 南部の おでかけスポット 関西 椎茸狩り、いちご狩り、 ブドウ狩り、潮干狩り、みかん狩り 西国三十三霊場 札所まとめ 関西BBQスポット 関西お花見スポット 記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
ブログタイムズ


相互リンク
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ