ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報) 雷封じ 雷と耳の寺 無量山 西福寺(大阪府和泉市 )

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報)

大阪発!旅行やお出かけ、食べ歩きブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPおでかけ‐大阪府和泉市 ≫ 雷封じ 雷と耳の寺 無量山 西福寺(大阪府和泉市 )

雷封じ 雷と耳の寺 無量山 西福寺(大阪府和泉市 )

DSC_6402s- DSC_6403s-

和泉市の国道で通り掛ることが多かった西福寺 に立ち寄ってみました。


DSC_6413s-

雷が落ちない日本最古という事かしら。


とても広い駐車場もあります。


DSC_6408s-

住所は和泉市桑原町。

雷が鳴った時、「クワバラ、クワバラ」と唱えるのはこのお寺の事なんですって。

この風習が全国に広まったんだとか。(豆知識目


平安~鎌倉時代、重源上人(1121年-1206年) 開祖と伝えられ

とても歴史があるお寺のようです。


DSC_6406s- DSC_6407s-

駐車場は広いけど、境内は狭いです。


DSC_6409s-

雷井戸


案内板によると、

昔、この井戸で洗濯ものをしていたお婆さんが居ました。

雷が井戸に落ちましたが、お婆さんは助かったようです。

お婆さんは、たらいで井戸を封じ、雷を閉じ込めた所、

雷は逃がしてもらう代わりに、二度とこの地に雷を落とさないと約束をします。


その時の約束とは、ゴロゴロと雷の音がした時に「クワバラ、クワバラ」と

唱えれば、雷を落とさない。というものでした。

この逸話がもとで、「クワバラ、クワバラ」と唱える事が、

雷封じの呪文となったそうです。


DSC_6411s-

伝説の井戸は現存のまま残っています。

たらいではなく、大きな石。


DSC_6404s- DSC_6405s-

本堂


雷が落ちない。という事で、受験祈願も。

耳の病気にもご利益があるそうです。


西福寺

大阪府和泉市桑原町152
関連記事
スポンサーサイト

Comment

1 ■こんばんは。
編集
クワバラ、クワバラの話、興味深かったです!

いや、知らなかったので
勉強になりました!

誰かに自慢したくなるような話ですね。。。
2013年10月27日(Sun) 00:27
2 ■>よしのや47さん
編集
いくつか説はあるようですけどね。
雷がなっても「クワバラ」
なんて唱えた事なかったので
これから唱えるようにします。^^
2013年10月28日(Mon) 10:49












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ヤシの木PHOTO ALBUM 台湾旅行 (2014.2.19~21) グアム旅行 (2013.05.26~05.30) タイ旅行 (2010.11.10~11.14) グアム旅行 (2010.4.28~5.1) ハワイ旅行 (2008.3.27~4.2) 台湾旅行 (2006.7.1~3) サイパン旅行 (2005.4.22~24) ハワイ旅行 (2004.1.4~13) ハワイ旅行 (2001.9.24~31) ジャンル別まとめ 大阪府 北部・東部の おでかけスポット 大阪府 南部の おでかけスポット 関西 椎茸狩り、いちご狩り、 ブドウ狩り、潮干狩り、みかん狩り 西国三十三霊場 札所まとめ 関西BBQスポット 関西お花見スポット 記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
ブログタイムズ


相互リンク ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
記事検索
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ